お悩みホットライン・トップ

髪・髪型の悩み解決ならお悩みホットライン

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!
EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

お悩みホットライン カテゴリ一覧

お気に入り内の美容室
あなたが最近みた美容室

カラーについて

カラーについてのお悩み
2010.05.09 - 女性
髪が傷みやすい為カラーを控えきました。以前に比べ髪質もよくなってきているので、久しぶりにカラーをしたいのですが、ダメージの少ない方法を教えて下さい。
-
NORI
2010.05.13
初めまして。NORIの工藤です。
一番ダメージが少ないのは
マニキュアやヘナですが、
明るさと色味はあまり選べないです。
少し負担がかかりますが、低アルカリのカラーリングですと
明るさや色味が選べます。
-
tip・top 目白店
2010.05.13
今の髪の状態にもよりますが、当店ではダメージを最小限に抑えた薬を使っています。また既に染めている部分には専用の薬を使いダメージレスで色を入れることが出来ます。カラー後はサロンエステ、ホームケアも重要です!詳しくはお問い合わせ下さい。tip・top目白店
-
-
2010.05.13
こんにちわ。東京都渋谷SAVOIAです。
ご自分の髪質にあったカラー剤を使うことっ!!!
後はサロンでも前処理はやってくれるところが多いですが、後処理をしっかりすることです。
カラー剤はアルカリ性なので、髪本来の弱酸性に戻さないとアルカリが残留して日に日に傷んでいきます。
サロン選びは慎重にしてください。

HAIR SALON SAVOIA  03-3780-7020
-
美容室ガイア
2010.05.13
サロンでは、その時のお客様の髪質にあった薬剤を使用しますので限りなくダメージはおさえてくれると思います。

一度、直接相談に行ってみましょう。
-
ZENKO 八王子店
2010.05.13
常に自分の髪の色の明るさを基準にカラーをして下さい。自毛より2~3トーンアップまでがおすすめです。あとは自宅でのケアがとても重要になって来ると思います。
-
Lise
2010.05.11
ダメージで損なわれた、毛質成分を適量補充しながら、カラーをした方がベターです、明度は上げますとダメージに繋がりやすいので、現状のトーンのまま色未を入れた方がダメージが最小限におさまります。
Lise 松山
1 2

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

icon-barcharticon-people