お悩みホットライン・トップ

髪・髪型の悩み解決ならお悩みホットライン

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!
EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

お悩みホットライン カテゴリ一覧

お気に入り内の美容室
あなたが最近みた美容室

カラーについて

初カラーについて
2021.02.22 - 女性
今度初めてカラーをしようと考えています。
今まで染めたことは1度もなく、地毛は細くはない黒です。1年前に縮毛矯正をしました。

入学式に派手すぎるのも嫌なので、とりあえず色は落ち着いたベージュ、グレージュあたりで考えています。ただ地毛が真っ黒なので染めている感じはきちんと出てほしいです。

なるべくブリーチはしたくないのですが、ワンカラーだと色が入りにくいのかなと思い、ブリーチなしダブルカラーかブリーチありのダブルカラー?もどれが良いのか分かりません><

この地毛の状態でワンカラーで色は入るのでしょうか。
また、今後も継続的に染めていくことを考えればどの施術で予約するのが良いと思いますか?
個人差もあり難しいと思いますが、一般的な考えを教えて頂きたいです。
金沢千裕 (カナザワチヒロ)
Euphoria GINZA GRANDE
2021.02.24
ご質問ありがとうございます。答えからお伝えしますと「ワンカラーで充分染まります」。確かにカラーをした事がない「地毛である事」と「縮毛矯正の履歴がある事」は、髪の毛が明るくなりづらい条件です。ですが、質問者様のご希望の髪色であれば、問題ない範囲です。継続的に染めていく事を考えて、ダメージが気になるようでしたらカラーにプラスしてトリートメントを追加するのも良いと思います。トリートメントを追加される場合は、料金と時間がかかります。ですのでご自身に合ったプランをぜひご検討ください。ありがとうございました。
高瀬 晋作 (タカセ シンサク)
パピヨン ロゼ
2021.02.24
基本的に初めてカラーをする髪の毛にワンカラーで染めるとなると色味をあまり入れることが出来ず明るい茶色みたいな感じになることが多いです、なので色味が欲しい場合はおススメはダブルカラーです
ブリーチをした方がきれいなカラーになることが多いですが縮毛矯正をしてブリーチをするとなると相当ダメージがかかるので基本的には縮毛をしたいのであればブリーチは避けた方がいいです
ブリーチなしのダブルカラーですがブリーチをした髪の毛ほどきれいな色にはなりませんが
暗い髪の毛に比べればまだ綺麗な色になりますので
縮毛矯正をしているのであればこれが一番おススメかと思います
今後は派手な髪にしない限りはワンカラーで色を入れていくのがいいかと思います!!
多田 直人 (タダ ナオト)
Stilla smooth
2021.02.24
初めてのカラーは楽しみだし、不安な事もありますよね。
落ち着いた、ベージュやグレージュですが、一般的には、ワンカラーでは難しいかもしれません。
日本人の髪は、赤みが多いメラニン色素があります。
ワンカラーだと、この赤みが取れず、ブラウンに見えるかもしれません。

まずは、自分が染めたいカラーのイメージのシャン真があると、美容師は助かると思います。

その色によっては、ワンカラーでも出来る色もあります。

予約に関しては、カラーの予約でもいいと思いまます。
時間は、早めの予約がオススメです。
もしダブルカラーになった場合、時間で、出来ない場合がありますので。

担当の方に、写真を見せて相談すると、ダブルカラーがいいや、ワンカラ―でもできるなど、答えてくれると思います。

カラーをすると、雰囲気や気分が変わりますので、是非、楽しんでください!
小林 仁 (コバヤシ ヒトシ)
ストロベリーロックス
2021.02.24
地毛の黒からスタートの場合グレー系の色を染めても
普通の明るさですと黒が明るくなった茶色がメインになって来て
色味としてなかなか見えてこなかったりします
どのくらいの明るさと色の見え方が希望かによりますが
最初なのでブリーチ無しでどのくらいの仕上がりになるかを
みてみてその次に必要であればブリーチを使ってみるとかでいいと思います
色味は洗っていって抜けていきますが明るさは残るので
その明るさの範囲か更に明るくするかで次回以降の施術は変わって来ます
その辺も含めてカウンセリング時に確認をして染めるのがいいと思います
おそらく染まり難い髪質ではあると思うのでその辺を考慮して
ワンカラーはあまりオススメは出来ないと思います
HIROKI (ヒロキ)
to B
2021.02.23
初めまして。

ワンカラーで色は入るかということであれば染まります。ただ、イメージして色が入るかは色がわからないとお答えできかねます。

もしもワンカラーで色が入らないとなれば欠陥商品か技術や配合問題ありです。

イメージしているものが最近のインスタでよくあるブリーチなしなどといっているものであればブリーチ経験があったり、繰り返しによるカラーのダメージにより明るくなっているベースに染めているものがほほとんどです。その時はブリーチしなかったからブリーチなし表記も多く騙し広告のような状態になっています。

縮毛矯正しているためブリーチに耐えられない可能性、今後も縮毛矯正をする予定であればブリーチすることでビビり毛になるリスクが上がります。ケアブリーチでも実際のダメージは結果的にそこまで変わりません。9割カットなどしていたら明るくなる力も9割カットされます。

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

icon-barcharticon-people