お悩みホットライン・トップ

髪・髪型の悩み解決ならお悩みホットライン

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!
EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

お悩みホットライン カテゴリ一覧

お気に入り内の美容室
あなたが最近みた美容室

髪質・地肌について

1日にカラーを3回され
2019.11.15 -
2日前美容院でブルー系アッシュのカラーをしました。施術が終わると見るからに緑で、その日の午後お直しへ。

まず赤と紫を混ぜたものでカラー。しかし洗い流してみるとまだ緑。次はオレンジ系でもう一度カラー。更にシャンプーでかなり入念に洗われましたがやはり緑(初めよりはマシ)
帰宅後お電話を頂き、本当は緑を抜かなければならないカラー剤だったそうですが初めて使用でこうなってしまったとの事。明日また美容院へ行き、緑を抜いてもらう施術をします。

家で洗髪をしていると髪が柔らかくなったような、でもごわつくし濡れたら指もまとわりつきやすくキュルキュルした感触で、素人的には傷んだように感じます。
もちろんトリートメントもして下さいましたが、一日にカラー3回の痛み度はかなりやばいものでしょうか?今までノンダメージのカラーにするなど気にかけていただけにショックです。
率直な意見をお聞かせ下さい。
原 郁 (ハラ カオル)
NERO HAIR AND LIFESTORE
2019.12.05
こんにちは。
完全にダメージは受けていると思います。
なかなか腕のいい美容師さん(カラーなどの理解の深い)方を見抜くのは難しいですよね。
対策としては前処理のトリートメントを行なっているかを確認することはいいと思います。髪の毛を傷ませない予防策を取っている美容室は材料にも力を入れており、ケチな施術は行いません。ある程度料金は比例することは視野に入れていただくといいと思います。
個人的にアッシュを入れる際は塩基性カラーとのミックスをお勧めいたします。

NERO総店長 原 郁
インスタグラム@harakaoru_nero
長谷川 睦 (ハセガワ ムツミ)
hair lounge BEACH
2019.11.20
こんにちは。
カラーの回数と痛み度合いとの関係は、回数ごと倍、倍になっていくわけではありませんが、1回と3回とでは、違いはあると思います。
使用する薬剤によっても違いがありますので、どれくらい・・・というのは、何とも申し上げられないのが正直なところです。
多少、曖昧な表現になりまして、ご希望に添えず、申し訳ありません。
荒井 裕樹 (アライ ヒロキ)
plego
2019.11.20
初めまして!荒井と申します。
結論から言うとかなり痛んでいると思います。

ですが、どのカラー剤を使用しているのかは存じあげませんが、一日カラー3回するよりも縮毛矯正を一回する方が髪へのダメージは大きいです。

なのでトリートメントをお家でも少し入念にされたり、そのサロン様でももう一度しっかりトリートメントして貰えば、かなり変わってくると思います。

うちのお客様でもデザインカラーなどでは3プロセスは当たり前に施術してますが、トリートメントを髪質に合わせてしているので、かなり綺麗な状態でいつも、過ごしていただいてますよ。
安心して、お手入れしてあげてください。
青島 梨乃 (アオシマリノ)
MODE K's 調布店 【モードケイズ】
2019.11.17
ご相談ありがとうございます。

髪の毛の状態を拝見いたしませんとはっきりとダメージのよるものかどうかはお答えが難しいです。
ただ、1日にカラーを3回は髪の毛にとって負担は掛かります。
カラーのお直しの場合、お時間は掛かりますが、1週間程期間を空けて頂き色を少し退色させてからカラーを載せた方が綺麗にお直しすることが可能です。

ご参考頂ければと思います。

橋本 達也 (ハシモト タツヤ)
VOGUE
2019.11.16
1日3回もカラーをすると言うのは 考えられません!もちろん痛むに決まってます
自然にとれるのを待った方が良いかと思います 2週間位で落ちていくのではないかな?
痛み過ぎた髪は治りません!
少し我慢すれば髪は助かり 新たな事ができますよ
谷田貝 広樹 (ヤタガイ ヒロキ)
LOVE
2019.11.16
はじめまして。ご相談にお答えさせて頂きます。
ダメージに関して言えば、使っている薬剤にもよりますがそれなりのダメージはあるかと思います。
しかし、文面で読み解ける範囲でお答えすると、カラーのみで緑系になる事はあまりないので、その前の施術でブリーチ・又はそれなりのハイトーンにされているのではないかと。その場合、色だけ入れる施術になるので、明るくする時のカラーよりも、格段にダメージのかかり過ぎない薬剤選択にて普通はどんな美容師さんでも行っていると思います。
なので、ダメージというよりは、緑が消えないことに疑問を感じます。塩基性カラーとか。その場合、脱染剤等を使用しなければ難しくなる場合もあります。やはり、難しそうなカラーはカラーを得意とするサロン・スタイリストの方にお願いするのが一番負担なくいいかと思います。

少しでもご参考になれば幸いです。
HIROKI (ヒロキ)
to B
2019.11.15
初めまして。
緑になったということはブリーチ毛でしょうか?もしくはそれに近い明るさでしたか?

ちょっと気になるのが、セルフカラーなどしたことないですか?その場合それが原因の場合もあります。
分かりやすいのが、この場合明るくなくても緑に変色します。

セルフ経験がなければ少し開けてお直しをした方が負担を少なく色は変えやすいです。

脱染剤とブリーチは違うもので緑を抜くためにサロンさんが何を使う予定でいるのかわかりませんがどちらもダメージは大きいです。

また、カラーをしている以上ダメージレス(ゼロ)はないです。ケアブリーチもダメージは出ています。


キュルキュルって表現であればそんなに傷んでないかと。傷むとザラザラします。
1 2

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

icon-barcharticon-people