お悩みホットライン・トップ

髪・髪型の悩み解決ならお悩みホットライン

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!
EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

お悩みホットライン カテゴリ一覧

お気に入り内の美容室
あなたが最近みた美容室

カラーについて

カラーバター
2019.10.10 - 女性
こういう記事をみつけました。意見を聞かせて下さい。
Q.縮毛矯正+カラーバターはできる?
答えカラーバターは縮毛矯正との相性が悪いため、縮毛矯正+カラーをカラーバターで行うのは、おすすめできません。
……というのも、ヘアマニキュア同様に、薬剤で髪内部に直接働きかけて染める通常の白髪染めやおしゃれ染めとは違い、カラーバターも髪の毛を外側からコーティングしながら染める商品です。
縮毛矯正後→カラーバターの順だと色味が落ちることはありませんが、やはりカラーバターのコーティング力が裏目に出て、本来、時間の経過とともに揮発していく縮毛矯正の薬剤(アルカリ)が髪内部に残留しやすく、長い目で見て髪を傷めてしまう可能性があります。
カラーバターに限らず、縮毛矯正後の髪を過度なコーティングで覆ってしまうことは基本的にNG。
というものです。
-
MODE K's 調布店 【モードケイズ】
2019.10.16
投稿ありがとうございます。

縮毛矯正とカラーバターを一緒にされた場合ですが、一緒にやることは可能です。
ただカラーバターの本来の発色とは異なるかと思いますのでオススメしません。

後は髪質にもよりますのでお応えできません。

ご参考下さいませ。
立野 (タテノ )
美容室 Pure
2019.10.12
今晩は。
簡単に言えば、縮毛矯正直後は、毛髪の中でss結合していきますから、出来れば色々しない方が髪のダメージは少ないですよ☺️カラーバターは、取り扱った事ないですが、今は、メーカーによりますが、かなり良い商材がありますので縮毛矯正の結合の邪魔をしない物もあります。
HIROKI (ヒロキ)
to B
2019.10.12
初めまして。
勉強されてる方でこだわりが強い方だと思います。

縮毛に限らず必ず酸化還元を行います。カラーも還元剤、酸化剤は含まれてます。還元剤としてアルカリも入っていますがプロ用品に使われるアンモニアも、揮発性は強いですが施術後すぐになくなるわけではないためコーティングにより抜けにくくなるというものですね。

もちろんトリートメントすることで手触りをよくしたりなどの効果があるのも事実です。

できればアルカリ除去用の、処理材もあるので適切に使用してトリートメントするのがいいです。

ただ売り上げのためにトリートメントを進める人もいるのも事実です。

どこまでの物を求めるかで選ばれるといいですよ。
谷田貝 広樹 (ヤタガイ ヒロキ)
LOVE
2019.10.11
はじめまして。ご相談にお答えさせて頂きます。
色々な美容師さんの考え方があり、どれも正解であり、どれも多少間違っているという様な。
考え方とは過度の方がインパクトも出やすい為、それを狙って表現される方もいらっしゃると思います。要は髪に対してのダメージがどうであるかという事。そして、自分自身で何処に考え方の重きを置くかだと思います。僕個人としては、施術させて頂いています。施術バランスにもよりますが。基本、どの施術も処理剤・補強剤を出来る限り必要な場合は使用し、施術薬剤も的確なパワーの物を使用するという事が一番重要になります。
少しでもご参考になれば幸いです。
守谷 恒祐 (モリヤ コウスケ)
五感鷹匠 髪の病院
2019.10.11
初めまして!
基本的に薬剤を使う施術を同日にやることはお勧めしません。
縮毛矯正とカラーの相性云々よりも、双方のクオリティを下げます。
アルカリについてですが、施術後の後処理で除去可能ですので、除去施術のできるサロン様をお探しになった方がよろしいかと思います。
アンサーにもあるコーティングですが、除去できないまま表面のキューティクルを閉じてしまうため、よろしく無いと言うことだと思いますが、理論は正しいと思います。

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

icon-barcharticon-people