お悩みホットライン・トップ

髪・髪型の悩み解決ならお悩みホットライン

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!
EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

お悩みホットライン カテゴリ一覧

お気に入り内の美容室
あなたが最近みた美容室

ヘアスタイルについて

カットについて教えてください
2019.08.21 - 女性
カットの仕方についてなのですが、
全体切った後に、セニングを内側の後ろのみに結構いれられてた切り方を今までされてました。表面がツヤがありよかったのですが、重たい毛が上にのっかってるような感覚で、多少の違和感はありました。
美容院を変えて切ってもらうと、全体にセニングをいれられました。全体的にバランスはいいのですが、ツヤ感がなくなってしまいました。
どちらの切り方がただしいのでしょうか?
長年かよってた美容院を変えて違う美容院にいきましたのでいろんな美容師の方に切ってもらったことがないのでわかりません。よろしくお願いしますちなみにミディアムロングです
小沢 秋義 (オザワ アキヨシ)
AINEE
2019.08.30
内側のみ過剰に梳いでいくとアタマが大きく見えます!

全体的に不必要に梳いでいくと、パサついて見えボリュームがでます。

カットの美味い美容師を見つけてください✂
斎藤 桂 (サイトウ ケイ)
TORCH hair&head spa 銀座通り本店
2019.08.26
髪質も人によって様々です。その癖を見極めながらスタイリストはお客様のライフスタイルに合わせたり、お悩みを聞いてカットの仕方を変えます。もちろんのことながらカットの仕方も人によって様々です。
セニングシザーの入れ方、入れる場所、それにより
スタイルが持つ、持たない、が変わってきます。軽くすればいいわけでもなく、間違えると広がりやすくもなりまとまりが悪くなる場合もあります。。入れ方をその方に合わせてする!それだけでかなりお手入れが楽になります。
当店ではお悩みに向き合い普段からお手入れしやすいカットを目指しております。
是非一度足を運び、ご相談しにいらしてください。

田辺 佳菜 (タナベ カナ)
hair+resort lagoon
2019.08.25
どちらも間違いではありません。

前者は内側の毛量を取り、表面の重みでボリュームを抑える形です。表面は梳かないので、艶が出やすいです。
後者は全体と言っても、表面の表面はおそらく梳いていないと思います。ただ上に乗っかる表面の毛が薄いので下の短い毛が出てきてしまいます。
保湿剤をつけたり、ドライヤーで上からとかすように乾かしたりと、すれば落ち着くと思います。
全体セニングを入れた方が、軽くなるし、乾かすのも簡単だと思います。
ツヤが欲しい場合は内側だけセニングを入れるのが良いと思います。
あとは髪質や梳き方でも仕上がりは変わってきます。
今回は両美容師が極端に対照的な対応だったので、次回担当する美容師に、相談してみると良いですね(^^)

hair+resort lagoon 田辺 佳菜
金田 展明 (カネダ ヒロアキ)
JUMPUSH
2019.08.24
100人のスタイリストがいたら、100通りの切り方、デザイン感覚、価値観があり、それぞれちがってきますので、正解は、その中からもっとも自分の好みに仕上げてくれて、やりやすくしてくれる人!!この正解を探すしかありません。
山本 勝志 (ヤマモト マサシ)
MODE K's 調布店
2019.08.23
ご質問ありがとうございます。

髪質によって切り方は変わります。
直接拝見いたしませんとはっきりとはお応えできません。
内側に結構多くセニングを入れるのも、全体に入れるのも間違いではありません。
どれくらいの量をセニングして
どれくらいをセニングせずに残すのか、
によって仕上がりも変わります、

ご自身の好みにも合わせられます。
是非、担当させて頂き好みの量と質感出ご満足頂けたらと思います。

ご参考くださいませ。
モードケイズ調布
小原 千佳 (オバラ チカ)
albero
2019.08.22
こんにちは。alberoの小原です。
毛量調整は髪質やスタイル、その方の重い・軽いの好みなど色々な視点から一番良い調整の仕方をみつけることが大切だと感じます。
表面にセニングを入れるとパサついてしまうので表面には入れずに、全体は美容師さんにカット、スタイルのカウンセリングをするときに相談すると良いと思います。
過去の経験などもお話しいただけたら経験談を踏まえて提案してくれると思います。
分からないことがありましたらご相談下さい!
谷田貝 広樹 (ヤタガイ ヒロキ)
LOVE
2019.08.22
はじめまして。ご相談にお答えさせて頂きます。
美容師さん一人一人、違う感覚、違うカットの仕方、考え方、仕上がりイメージがあるので、同じ美容師さんに切ってもらっても厳密に言ったら毎回違う仕上がりになると思います。カットのベース的な考え方はありますが、そのカット技法も正解・不正解というよりはお客様に気に入って頂くヘアスタイルにカットする為の一つの知っておいた方がよい手段に過ぎないので、自分の好みを細かく理解してカットしてくれる美容師さんに出会い、カウンセリングディスカッションした上で好みに近づけてもらえるという事が重要な事だと思います。
少しでもご参考になれば幸いです。
HIROKI (ヒロキ)
to B
2019.08.22
初めまして。
どういったスタイルにされているのかわからないので答えはどちらも正しいし、間違っているとも言えます。
表面はシザーで削ぎを入れて重さを取った方がなじみますしちゃんと入れれば艶もある程度キープできます。
セニングでガツガツすくとバサバサになります。

スタイルに合わせたすき方をするのが一番です。
艶が欲しいスタイルなのか動きを出したいスタイルなのかによってもすき方は変わります。とはいうものの実際は、すきの技術は軽視してる人も多いです。

なのでどちらも正しいし、場合によってはどちらも間違っているです。
岩本哲弥 (イワモト テツヤ)
Logistics hair Garden
2019.08.22
どちらの切り方も美容師さんはされますので、正しい切り方は両方ともです。
問題なのは質問者様がどういった仕上がりを求めているかですね。ツヤを残すなら全体にセニングはいれられません。重さとるならセニングする。
後は今回のどちらにも当てはまらないセニングを使わず軽くすることもできます。
1 2

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

icon-barcharticon-people