お悩みホットライン・トップ

髪・髪型の悩み解決ならお悩みホットライン

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!
EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

お悩みホットライン カテゴリ一覧

お気に入り内の美容室
あなたが最近みた美容室

カラーについて

美容室でブリーチ、カラー後の市販のカラー剤使用について
2019.04.10 - 女性
先日美容室でインナーをブリーチ1回、その後ネイビー系のカラーをしていただきました。
美容師さんから「ブリーチしてすぐカラー入れたから1週間も持たないと思うからまたすぐ染め直しにきてね」と言ってもらったのですが、
美容室に行く時間も取れないまま日が経ってしまい、根元あたりから緑?アッシュ?ぽく抜けてきました。
ですが急遽ほぼ地毛の色まで戻さなくてはならなくなってしまい、美容室に行く時間が取れないので市販のカラー剤でやりたいと思っています。

そこで質問なのですが、ドラッグストア等の泡タイプ、クリームタイプのカラー剤(黒髪に使用するようなもの)はブリーチ毛に使用した場合色味が変わってきたりするのでしょうか?
また、カラー剤等ではなく、白髪染めのほうがいいのでしょうか?

教えていただけるととても助かります。よろしくお願いします。
栗原 徹也 (クリハラ テツヤ)
EREMENT
2019.04.13
ドラッグストアのカラー剤でやることはあまり得策ではないのですが、地毛くらいにしなくてはいけないのであれば一番地毛に近いくらい暗いものを選んだ方がいいです。仮にそれが白髪染めのタイプでも地毛に近ければそれを選んだ方が確実です。ブリーチがどれくらい抜けているかにもよりますが、色味もその染料に左右されて、場合によっては濁った色にもなります。ただ、これだけは間違えなく言えるのは「ダメージは必至」です。商品からお客様の色や状況、髪質は見えません。なのでクレームが出ないように「誰でも染まるようダメージ度外視で強く濃く作っておこう」がドラッグストア商品です。美容室にはダメージに合わせて最適な色味やレベル、あとは今後どうしていきたいのかを聞いた上で最適なアドバイスができる「美容師」がいます。この差は歴然です。以上を考慮していただいた上で検討していただくことをお勧めします!!
nanase ( ナナセ)
gally
2019.04.12
こんにちは
市販品を使用する場合は注意が必要です!
どんな色味が凝縮して黒くなっているのかが問題になってきます。


寒色系ベースですとブルーブラックなどブルーの濃い青光りといった色味や色落ちが緑になってくる製品もあります。

暖色系ですと、赤味がでてくる製品が多いと思います。

退色といって色が落ちていくのは
使用する薬剤の特性と髪のダメージに比例していきますので、美容師から言える事は製品の特性をよく理解して的確に薬剤を塗布できるかにかかっています。
-
hair win
2019.04.12
コメントありがとうございます!
市販のカラー剤でのカラー経験があまり無いので
詳しくお答えできませんが、
ブリーチ毛にカラー剤を入れると色味がきつく入りすぎることが予想されますので、
地毛っぽく仕上げるのであれば、白髪染めや黒染めの方がいいと思います。
それで染めてしまうと次のカラーに支障があるので
お時間を作ってでも、美容師さんに相談してみて下さい!!



-
MODE K's 調布店
2019.04.11
ご質問ありがとうございます。

ブリーチされた髪の毛に黒染めのお色を入れた場合パッケージの見本の色とは異なります。
種類やメーカーによっても染めた後のし仕上がりは変わります
白髪染めの方が色持ちなどは良いですがその後のカラーに影響が出てしまいます。
また、市販のカラー剤の成分は強いものなので髪の毛への負担も大きいものになります。

少しでもお時間がお取り頂けるのであれば深夜でもやっているサロン様もございますので脚をお運び頂ければと思います。

ご参考頂ければと思います。


モードケイズ調布
syuhei (シュウヘイ)
Frais Tout
2019.04.11
泡タイプ、クリームタイプなど
特に違いはないのではないかなと思いますが、泡タイプの方が楽にできるという声はよく耳にします。

白髪染めは黒染めとほとんど同じなので
その後のカラーリングがかなり難しくなってきますのでおススメいたしません。
谷田貝 広樹 (ヤタガイ ヒロキ)
LOVE
2019.04.10
ご相談にお答えさせて頂きます。まず初めに。
質問の方に多いのがセルフカラーの相談ですが基本はプロと素人さんの知識・経験・薬剤はすべて違うのでそのことを理解、納得し、リスクを分かったうえで皆さん検討してください。
どのタイプのカラー剤であっても塗り残し・塗布量のムラ等、なんにせよセルフでやる場合、塗りムラ・塗布量ムラ・塗布放置時間にムラがあるので次回のカラーに弊害が出るのは確かです。
また、セルフカラー後の明るくしたい場合の美容室での施術の保証は計算しづらいのでできかねると思います。
安価・手軽or綺麗さ・アフターカラーのしやすさ・それなりの価格
どちらかを天秤にかけてご自身選択するか。
髪のダメージ・色ムラは治る事はありません。
誤魔化すことができるのみです。

それを計算して細かい薬剤選択・丁寧な施術をしているのが美容師さんであるので。
1 2

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

icon-barcharticon-people