お悩みホットライン・トップ

髪・髪型の悩み解決ならお悩みホットライン

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!
EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

お悩みホットライン カテゴリ一覧

お気に入り内の美容室
あなたが最近みた美容室

カラーについて

明るい白髪染め
2019.02.18 - 女性
白髪染めをしつつ、または、白髪と馴染ませながら?、明るめのカラーがしたいです。
若干肌が弱く、ブリーチは出来ません。
染みるとて、カラー自体は大丈夫です。

明るめのカラーがしたいと書きましたが、どんな風な明るさにしたいのか、どんな色合いにしたいのか、またどんな色合いが似合うのか、何も固められてません。

結局は美容師さんが勧めてくれはるカラーになると。
そのカラーが嫌なわけではないですが、お金を出して行ってるのに、自分の意見(思い)が伝わらない辛さ。

どうしたものか。
YOSHIKAWA AKIRA (ヨシカワ アキラ)
hair salon AVANCE
2019.02.28
よくご希望される方が多いですが、2~3種類のハイライトを入れると(1色でないハイライト)、ナチュラルなライトカラーが実現します。
ハイライトではなくグラデーションカラーでも良いかと思います。
ブリーチ剤も肌に付かないのであれば十分に使えるかと思います。
単色でカラーしようと思うとデザインの幅も狭くなってしまうので、ハイライト&ローライトなどのデザインカラーをおススメします。
hair salon AVANCE 03-6416-5382
伏木 聡志 (フシキ サトシ)
bifino moda
2019.02.27
明るさと白髪の量により変わります。(似合うカラーはお客様にお会いしないと提案は難しいかと思います)
白髪が染まる明るさ(美容師、髪質により異なる)は8レベルを基準に考えられるかと良いと思います。それ以上は基本的に染まりが薄くなります。画像検索されると雰囲気がわかるかと思います。
この8レベルより明るくされる場合、白髪を馴染ませていく以下の方法があります。
?全体の白髪量が少ない、まばらにある状態。
・おしゃれ染め(一般的なカラー)で白髪は染めずに明るく全体染めで馴染ます。
?顔周りに多く、全体的にも目立つ状態。
・明るめの白髪染めで、白髪を染めながら黒髪を明るくし馴染ませる。もしくはハイライトをいれ、全体にいれ白髪と馴染ませる。(ハイライトは地肌につきません)
美容師も出来るだけお客様のご要望にお答えしたいので抽象的な言葉でもお伝えすると良いかと思います。
谷田貝 広樹 (ヤタガイ ヒロキ)
LOVE
2019.02.23
はじめまして。ご相談にお答えさせて頂きます。
お客様側から意見・思いを伝える事ってホントに難しいですよね。美容師さんも人も色々で一人一人、考え方やとらえ方が違うので根気よくカウンセリングディスカッションするか担当スタイリストや行っているサロンを変えたり、もしくはいいなと思った画像やスタイルカラーをスタイリストさんに見せるのも一つの方法かと思います。明るくしたい場合は暗くカラーをした髪にその上からやりたい場合、それなりのパワーの強いカラー剤を使わなくてはいけないのでそれ相応のダメージは出ると思います。
色々な施術方法で時間・金額・ダメージも変わるので現状を美容師さんに見てもらってあきらめずにやりたい・なりたいスタイルカラーに挑戦してみてください☆
ご参考になれば幸いです。
小沢 秋義 (オザワ アキヨシ)
AINEE
2019.02.20
今はメーカーも明るい白髪染めをラインナップしていますが、それらはジアミン染料が多く続けると髪も硬くなるし色味み濁りがちになりますが、
技術があれば明るい白髪染めは可能だし、白髪染め特有の濁りもなく、以前と同じようにファッションカラー楽しめますよ♫

担当美容師はカウンセリングはしっかりしてくれていますか?
もう一度向き合ってくれるよう試みてください、それでもダメなら美容室をかえるのも選択肢に入れてください。
小沢 秋義 (オザワ アキヨシ)
AINEE
2019.02.20
今はメーカーも明るい白髪染めをラインナップしていますが、それらはジアミン染料が多く続けると髪も硬くなるし色味み濁りがちになりますが、
技術があれば明るい白髪染めは可能だし、白髪染め特有の濁りもなく、以前と同じようにファッションカラー楽しめますよ♫

担当美容師はカウンセリングはしっかりしてくれていますか?
もう一度向き合ってくれるよう試みてください、それでもダメなら美容室をかえるのも選択肢に入れてください。
-
hair win
2019.02.20
コメントありがとうございます!

【白髪が気になる=グレイカラーで暗く染める】
というイメージが多いと思いますが、

実際、僕の担当させて頂いているお客様でも
ある例として
白髪が気になる根本はグレイカラー、
そこまで白髪が気にならない毛先はファッションカラー 
で染めることもあります!

根本はお白髪も気になると思うので
グレイカラーを継続し、
毛先はファッションカラーで好きな色味や明るさを楽しまれるのが1番だと思います!

ただし毛先にどれだけ白髪染めの色素が残っているかによっては、一度のカラーで明るく出来ない場合があります。。。

なりたい色や明るさのイメージ写真などを
見せて、【こうなりたい】【こうしていきたい】
と伝えてみると、美容師さんの提案も変わると思いますよ!
小倉 隆寛 (オグラ タカヒロ)
AMAN GIRL
2019.02.20
まずは自分のイメージをなんとなくでいいので、画像検索から探してみるのはいかがでしょうか?担当する美容師もイメージを可視化してもらえると、イメージがないより断然共有できるかと思われます!!複数枚あれば、そこから担当も好きなスタイルの想像ができますし、ご自身でも好きな明るさ、好きな色合いが見えてくるかもしれません☆そこから先はカウンセリングをしっかりしてくれる担当さんを見つけることかと思います!!それと参考までにですが、白髪と馴染ませつつ明るくしたい、肌が少し敏感とゆうことですが、僕のお客様はハイライトデザインにされる方が多いです。白髪染めは染料が強いのでブリーチをする可能性がありますが、ハイライトならたとえブリーチでも根元にはつきませんので、肌が敏感でも大丈夫です!!検索して画像を見るとわかりやすいかもしれませんのでぜひ^^
1 2

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

icon-barcharticon-people