お悩みホットライン・トップ

髪・髪型の悩み解決ならお悩みホットライン

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!
EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

お悩みホットライン カテゴリ一覧

お気に入り内の美容室
あなたが最近みた美容室

髪質・地肌について

かゆみトラブル連続で…
2019.01.10 - 女性
25年前から縮毛矯正しています、頻度は年に3回くらい。
カラーは数年前からかゆみが出るようになり、施術前に保護剤のオイルを塗布してもらうようになってからはかゆみが軽くなりました。
染まりが悪いのでカラー剤を変えてみているのですが痒みがひどくなり、香草も試しましたがアレルギー症状が出るので使えないことがわかりました。皮膚科では毛染めはやめてマニキュアにしましょうと言われました。しかも4か月前に縮毛矯正を失敗してチリチリになり、今直してもらっていますが、その直しの時の薬剤を使うと必ず耳が痒くなるので耳キャップを使用します。
カラーによる痒みがひどくなったのが、ビビリ直しの時期と重なっていて、
先日6回目の直しをしてもらったらカラー後のように痒みが出ています…くせ毛も白髪も困るし、ビビリも痒みも辛くて毎日苦しいです。何か良い方法を教えてください。
-
Aphrodite
2019.01.18
とりあえず最低3ヵ月はストレートの補修による薬剤使用はやめましょう4ヵ月で6回はやり過ぎカラーはアルカリを使うので体質の変化で合わなくてなってしまったのかも
続けてると頭全体が被れ 顔にまで影響が出る事もあります。しばらくはマニキュアで
-
uno hair&body therapy
2019.01.17
質問ありがとうございます。
美容師としての見解であれば マニキュアがいいでしょうし、矯正は根元に薬剤がつかない程度のリタッチがいいという回答になります。
私は治療の仕事もしているので、別の角度からの回答になりますが、症状が出た初回時 疲労の度合いで、その時 薬剤の作用に負けてしまいその反応が普通の状態と脳が切り替わるということが起こってます。
アレルギーを抑える薬はあるでしょうが、対処療法はなぜこういう反応が起こるかに焦点がないので根本解決になりません。
医者ではないので、当然 薬は出しませんが、頭皮に限らずアレルギーや持病を やめる 方法はあります。
ここでは書けませんが、何もいりません。
ぜひ 話しだけでも聞きにいらしてください。
塩見 浩 (シオミヒロシ)
ヘア・アーティス
2019.01.14
カラーのアレルギーはどうすることもできないのでヘアマニキュアが一番だと思います❗縮毛矯正は上手な人か上手なお店でやらないとチリチリになるでしょうね。
松本 かおり (マツモト カオリ)
GLANZ hair&make
2019.01.14
カラーでかゆくなるのはジアミンに飯能してしまっているのだと思います。ヒリヒリ痛いと思う人はアルカリに飯能しているので、最近はジアミンもアルカリも使っていない新しいカラーがありますよ。
日華化学(デミ化粧品)から発売になっているル・ぽリサージュという商品です。
扱っているサロンを見つけてみてください。
縮毛矯正でビビッてしまっているのは薬の問題もありますが定期的にトリートメントをしてください。
縮毛矯正は髪の中のタンパク質を壊してしまうので、タンパク質補給してください。
でないとこれからは何をやってもビビりますよ。
山口 久美子 (ヤマグチ クミコ)
CUIR S
2019.01.13
カラーによるかゆみの原因は
カラー剤へのアレルギーではなさそうですが
アレルギーではなくても反応して
かゆみを起こしたり赤くなったりします
その場合マニキュアにするか
オーガニックのカラー剤などを使用していただくと
おさまったりします。

あとは、頭皮の乾燥によりしみたりかゆみが出たりします。
日ごろのホームケアを
頭皮用の乾燥を抑えるシャンプーを使ったり
シャンプー後しっかり頭皮を乾かしたり(濡れたままの方が頭皮の環境が悪くなります)
カラー前に専用オイルを塗ったり
することがよいと思います。

後は、美容師さん側のことなのですが
カラー後のシャンプーをしっかりするとかゆみがないが
すすぎが足りなかったりするとかゆみが出たりすることもあります。

担当美容師との相談、医師との相談をおすすめします。
小沢 秋義 (オザワ アキヨシ)
AINEE
2019.01.11
ビビリ直しは何を使っているかによります、分かりますでしょうか?
Yumiko Nanba (ナンバ ユミコ)
ahchjooh
2019.01.11
それはお辛いですね。一時的な体質の変化からその様な症状が出てしまう事はありますので、薬の選定をしばらくは体に負担のない事を優先して。酸性カラーと、くせも扱いやすい位の弱めのストレートがおすすめです。
1 2

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

icon-barcharticon-people