お悩みホットライン・トップ

髪・髪型の悩み解決ならお悩みホットライン

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!
EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

お悩みホットライン カテゴリ一覧

お気に入り内の美容室
あなたが最近みた美容室

カラーについて

縮毛矯正とカラー
2019.01.07 - 女性
カラーリングをしたいのですが1年ほど前に黒染めをしています。
そして黒染めをした部分は黒が抜けてきたのか光にあたると明るいです。
また3~6ヶ月に1度のペースで縮毛矯正をしています。
カラーリングをするためには黒染めを落とす必要があると思うのですが、ブリーチと縮毛矯正はできないとよく聞きます。
ブリーチをせずに黒染めを落としてカラーリングする方法はないのでしょうか?
そんなに明るくない自然な茶髪にしたいと思っています。
YOSHIKAWA AKIRA (ヨシカワ アキラ)
hair salon AVANCE
2019.01.12
通常、黒染め落としはブリーチではありません。
脱染剤です。
美容院の薬剤にはブリーチ剤と脱染剤と脱色剤があります。
美容師さんの知識や経験によって薬剤を決定します。
この場合使う薬剤はブリーチ剤ではなく脱染剤です。
薬剤を間違えるとたいへんなことになるのでサロン選びは慎重になさって下さい。
hair salon AVANCE 03-6416-5382
nitta (ニッタ)
gally
2019.01.10
こんにちは
脱染剤が候補にあがりますが、縮毛矯正を頻繁にされていますので、髪の傷んだ部分に色素沈着をしてしまっている可能性があります。
そうなるとその部分だけ脱染されないで残ってしまう事もあります。
また脱染剤も万能ではありません。ダメージはともないますので矯正との併用はあまりオススメできません。
小林 仁 (コバヤシ ヒトシ)
ストロベリーロックス
2019.01.09
極端な明るさでなければカラーで明るめの薬剤でも
明るくする事は出来ます
ある程度経って抜けているのであれば大丈夫だと思いますが
黒染めがしてある部分としてない部分とで差が出てしまう場合があるので
その場合は修正が必要になります
基本的に黒染めの修正は1回の施術では出来ないと思った方がいいです
かといって縮毛矯正をしているから出来ないというのはありません
塩見 浩 (シオミヒロシ)
ヘア・アーティス
2019.01.09
ブリーチじゃなくて黒染め落としができる薬剤があるので取り扱いしてるお店を探してみたらどうでしょう?ただ縮毛矯正をしてる髪の毛はしてるところとしてないところで彩度がずれて色ムラになるのでちゃんとした美容室に行かないと失敗される恐れがあります❗
宇井 勇生 (ウイ ユウセイ)
Arielle
2019.01.09
ヘアケアマイスターを取得しています。
黒染め部分が少し抜けてきていいるのでしたら普通のカラーで少しづつやっていくのがいいと思います。
普通のカラー剤も脱色効果があります。黒染めの残り具合によっては一回でいけますし、髪への負担も少ないです。

気を付けるポイントは黒染めをしている部分とそうでない部分の薬を分けることです。

縮毛もしているので毛髪診断は必要だと思います。

カウンセリングだけでもさせて頂けます。是非ご連絡ください。
-
MODE K's 調布店
2019.01.08
ご質問ありがとうございます

お聞きになられたように縮毛矯正とブリーチお一緒にすることはおススメしません。
髪の毛が切れてしまう恐れがございます。
黒染めの染料がどれくらいの物なのかにもよります。実際に髪の毛の黒染め部分と縮毛矯正部分を見てみないとお応えできません。市販のカラー剤等では確実に無理かと思いますので一度美容室でご相談されてみることをおススメします。


ご参考頂ければと思います


モードケイズ調布
谷田貝 広樹 (ヤタガイ ヒロキ)
LOVE
2019.01.07
はじめまして。質問にお答えします。
まず、縮毛矯正とアルカリカラーの相性はあまりよくないのでダメージや軋みは出やすくなりますね。
なので、アフターケア(シャンプー・トリートメント・美容室でのシステムトリートメント・ドライヤー・アイロン温度等)が重要になってきます!
そして縮毛矯正をしている髪の部分は色が明るくなりずらいです!それを計算したうえで薬の配合を変えたりしてくれる美容師さんじゃないと綺麗な色になりずらいです。黒染めが残っている場合はなおさらです。徐々に明るい髪になればいい場合、ブリーチではなく、アルカリカラーの一番明るい色を黒染めの部分にのせて、ブリーチよりはダメージを抑えて明るくしていく方法を提案させて頂いています☆基本、自然な茶髪の場合はブリーチ施術はお勧めしません。下手したらダメージして、ムラや退色リスクも大きいので。
綺麗な色になるといいですね☆
1 2

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

icon-barcharticon-people