お悩みホットライン・トップ

髪・髪型の悩み解決ならお悩みホットライン

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!
EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

お悩みホットライン カテゴリ一覧

お気に入り内の美容室
あなたが最近みた美容室

カラーについて

カラーと縮毛矯正
2018.12.20 - 女性
私は1年以上前にブリーチなしで市販のカラー剤で茶髪にしてから2度縮毛矯正をかけていて、またブリーチなしで市販のカラー剤で今よりも少し明るめに染めたいと思っているのですが染めたらもう縮毛矯正はできませんか?
今はあまり傷んでない髪ですがもし染めてまた縮毛矯正をかけたらどれぐらい痛みますか??
また、明るくした後に暗くしないといけなくなった場合は縮毛矯正をかけることが可能ならどのタイミングですればいいですか(明るくする前か、明るくした後か、暗くした後)
松本 かおり (マツモト カオリ)
GLANZ hair&make
2018.12.24
カラーで染めても縮毛矯正はできますよ。(少し色落ちがあります)
今は痛んでいないと書いていますが、髪のダメージは表面だけではありません。市販のカラーと縮毛矯正を繰り返しているようですが中はタンパク質変性をしていると思いますよ。前回は大丈夫でも今回はチリチリになってしまう事も少なくないですよ。
タンパク質を補給するトリートメントをしながら縮毛矯正をした方が良いですよ。
タイミングとしては縮毛矯正が先です。
カラーが先だと色落ちしますよ。
-
Seventh Sense
2018.12.23
ご連絡ありがとうございます。
縮毛は可能ですが毛先にダメージがあるようでしたら根元を重点的にして毛先は優しめの薬剤で縮毛をすると良いと思います。
その後2週間の期間を空けてカラーをすると良いと思います。
よろしくお願いいたします。
宇井 勇生 (ウイ ユウセイ)
Arielle
2018.12.21
縮毛矯正をかける分には問題ないかと思います。
ですが、現在の髪のダメージ具合によっては気を付ける必要があります。
縮毛矯正は根元のクセが出ている部分だけにした方がいいですね。

かけるタイミングは明るくする前か後のどちらかがいいかと思います。
カラーの色味にこだわりたい場合は、明るくする前に。(縮毛矯正で色が落ちるため)
また、先にかける際はあまり強くかけすぎるとカラーが明るくなりずらい可能性もありますので注意が必要です。
カウンセリングは無料ですので、連絡を頂ければ今の髪の状態なども含め見させてもらえます。ヘアケアマイスターを取得していますので安心して頂ければと思います。
山本 勝志 (ヤマモト マサシ)
MODE K's 調布店 【モードケイズ】
2018.12.21
ご質問ありがとうございます。

縮毛矯正とカラーですと順番は縮毛矯正してからカラーをすることをオススメします。
実際に髪質を見てみないとどれくらいの痛みなのかわかりませんので今後のダメージについてははっきりとはお答えできません。
ダメージの大きさで言うと市販のカラー剤は通常美容室で染めるより2倍近く負担をかけますのでもし時間がありましたら足をお運びください。

ご参考頂ければと思います

モードケイズ調布
小沢 秋義 (オザワ アキヨシ)
AINEE
2018.12.21
キレイな髪でいたいなら市販のカラーはやめましょう!
例えば、500円のカラー剤も10000円のカラー剤を使っても同じです。
※サロンカラーでも市販のカラーと変わらないクオリティの美容室も多いですが。

縮毛矯正は傷むイメージですが、一般的にはカラーが一番ダメージを負わせています、カラーダメージは見えにくいというだけ。

どれくらい傷むかは美容師次第ですね💦

もしされるなら、縮毛矯正の後に市販のカラーです。
貫名 吾郎 (ヌキナ ゴロウ)
Spec Holder
2018.12.20
今回の内容はカラーした髪に縮毛矯正が出来るのか?または縮毛矯正たらどれぐらい痛むのか?またいつのタイミングで縮毛矯正をかけたらいいのか?でと思います。縮毛矯正と言われるメニューにも沢山種類があります。どこの美容室でもあるアルカリ剤の縮毛矯正←これが一番痛みます。 
そのほかにはオーガニック縮毛矯正。アルカリに比べ傷みにくいのが特徴です。中には全く痛まなく縮毛矯正が出来る物もあります。トリートメントストレート。その名の通りトリートメントしながらストレートをするメニューです。(縮毛矯正ではありません)このように髪の素材、用途に合わせた豊富なメニューが沢山ありますので、色々とネットで調べたり、直接サロンに電話して確認を取った方がよろしいかと思います。
塩見 浩 (シオミヒロシ)
ヘア・アーティス
2018.12.20
市販のカラー材は美容室のカラー材よりも強いので髪がかなり痛みます。また縮毛矯正も髪には大変なダメージが出ます。今は大丈夫に見えても髪の毛の内部はかなりの損傷があるので大事にしないとボロボロになってしまうでしょう。薬剤知識や毛髪診断がちゃんとできる美容室に行くのがお勧めですが、値段で美容室を選ぶと大変なことになる可能性があるので気をつけてください!
1 2

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

icon-barcharticon-people