お悩みホットライン・トップ

髪・髪型の悩み解決ならお悩みホットライン

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!
EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

お悩みホットライン カテゴリ一覧

お気に入り内の美容室
あなたが最近みた美容室

カラーについて

オーガニックカラーの色落ち
2018.12.13 - 女性
先日、美容院でオーガニックカラーをしました。
以前は暗めの茶色でしたが、トーン9で染めていただき、少し明るくなりました。
オーガニックカラーは色落ちすると、髪の毛は明るくなっていくのではなく以前の髪色に戻ってしますのでしょうか?
山水 孝 (ヤマミズ タカシ)
LAGOM
2019.01.24
オーガニックカラーの場合も通常のカラー同様色が抜けていくと明るくなっていきます。オーガニックカラーの種類によっても多少違いはありますが、違いは肌や髪に優しい成分が多く含まれていること、刺激物やアレルギー成分が少ないことなどです。
YOSHIKAWA AKIRA (ヨシカワ アキラ)
hair salon AVANCE
2019.01.12
全般的にカラーは通常カラーもオーガニックカラーも染料は化学染料です。
髪の毛は明るくなってしまいます。
ただカラーをする前のアンダーカラーによって変わって来ます。
アンダーカラーに近づいていくといった事です。
hair salon AVANCE 03-6416-5382
-
noix de coco
2018.12.15
カラーなんですが、さまざまな種類があります。
マニキュア、カラートリートメント、ヘナなどなど髪色を変える手段は複数あります。
その中でも一般的なのが”アルカリカラー”です。
アルカリカラーに関しましては、必ず
1、明るくブリーチされる
2、色が入る
というメカニズムになっています。
今もし髪の色がすごく明るい状態でしたら、1のブリーチされる。というのはかなり抑えられ、2の色が入る。ということのみに近い状態になります。
今回の場合ですと、染める前は暗かった。その後9レベルに染めてもらった。ということですが、シャンプーする度に10レベル。お薬によっては11レベルぐらいまで明るくなることが予想されます。それはアルカリカラーだからです。オーガニックカラーもアルカリカラーの中の1つですので、色落ちすると元の髪の色に戻るのではなく、徐々に明るくなっていきます。
谷田貝 広樹 (ヤタガイ ヒロキ)
LOVE
2018.12.14
こんにちは。ご質問にお答えします。
オーガニックとは有機という意味でして、ほんとのオーガニックカラーですと代表的なものにヘナやハーブ、香草、和漢等が染色剤としてあります。今回、質問者様がやられたカラーというのは結果を文で見た感じですとオーガニックカラーというネーミングをつけただけの普通のカラー剤で染めたアルカリカラーだと思います。なので普通のカラーと同様、アルカリや過酸化水素を使っているカラー施術ですと今の明るさより時間がたつと少し色が抜けて明るくなると予測されます。お客様目線だと流行りの施術やネーミングにつられがちですがご自身の髪質やなりたいスタイルに合った薬剤・施術工程が最重要なので、ご参考になれば幸いです☆
由利 達麻 (ユリ タツマ)
dp~by dahlia~
2018.12.14
髪色はオーガニックカラーでも、従来のカラー剤はみんな明るく退色していきます。なぜなら、髪色を出すためには、もともとの髪を脱色しながら、色味を入れているので、色味が抜けていくと、地毛も明るくなっています
大神 瑞貴 (オオガミ ミズキ)
CUIR S
2018.12.14
オーガニックカラーのメーカー、種類によりますが、
まず染めた色より暗くなるといった現象はあまり考えられません。

ただイメージでいうと、
一般的なカラー剤は
10トーンまで色を抜いて
9トーンの色味を入れて染め上がりを
9トーンに仕上げるのを、
オーガニックカラーの場合
9トーンまでしか抜かずに
染め上がりを9トーンに染めるものもあるので
その場合褪色した髪の色が
従来のカラー剤の場合の10トーンに戻ってしまうか
オーガニックの場合の9トーンになるかで
褪色時の感覚は変わってくるかと思います。
1 2

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

icon-barcharticon-people