お悩みホットライン・トップ

髪・髪型の悩み解決ならお悩みホットライン

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!
EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

お悩みホットライン カテゴリ一覧

お気に入り内の美容室
あなたが最近みた美容室

ダメージ・トリートメントについて

ロングヘア、寝るときのヘアスタイル
2018.08.26 - 女性
胸までのロングヘアです。
ダメージ軽減に寝るときってヘアキャップ、三つ編みがいいと言いますが眠れません。

トップでしばってお団子かそのまま寝るのはどちらがいいですか?

また普段からいつもお団子にしてるか髪おろして生活するのはどちらがダメージ軽減にいいですか?ちなみに髪おろしてるとつい髪を触ってしまいます

小沢 秋義 (オザワ アキヨシ)
AINEE
2018.09.07
家庭でのダメージの1番の要因は摩擦です、家庭でのヘアケアはその摩擦から守ってあげることが重要です!
なのでダメージ予防にはナイトキャップが至高なのです☝
しかしナイトキャップや三つ編みは難しいんですね💦
もっと詳しく伺いたいところですが、とりあえずアドバイスするなら、
・シュシュ等で結きどちらか一方の肩に寄せる。
・枕やシーツカバーをシルクにし摩擦を減らす。
以上を試してみてください😊
比呂子 (ヒロコ)
縮毛矯正クセストパー 美容室 GREATES GROUND kaui
2018.08.31
お問い合わせありがとうございます。
ダメージ軽減ですと、シャンプーの後乾かす前に洗い流さないトリートメントを付けて乾かしてあげて、そのまま就寝されるのはどうでしょうか?
しばると結び癖などもでてきますので

普段のスタイルはTPOで分けてみてはどうですか?
例えば野外が多い日でしたら紫外線対策で小さくまとめ帽子をかぶった方がダメージは少なく済むと思います。

YOSHIKAWA AKIRA (ヨシカワ アキラ)
hair salon AVANCE
2018.08.29
髪の毛は地肌と違って細胞は生きてないので、日々の生活だけでも傷んでしまいます。
お団子でもまとめず下ろしていても、後のことを考えるとそれほど変わりません。
強いて言うのであれば、同じ条件であれば(スタイリング剤は使わないなど。)毎回同じではない方が良いかと思います。
hair salon AVANCE 03-6416-5382
中村 大輝 (ナカムラ タイキ)
Private hair salon Miu
2018.08.29
ベットの横から髪を下ろしておくといいと聞いたことがあります。

基本的に縛るのがダメなので、縛るならシュシュなどの弱いゴムがおすすめです。


お出かけの時にくくるときはワックスなどを付けてくくるとさらに枝毛画できにくいです。

あと枕はテンピュールみたいに頭が動かなく枕も、
摩擦できれやすいみたいです。

           MIU
武淵 晴香 (タケブチ ハルカ)
Shell Bear
2018.08.28
こんにちわ

ダメージ軽減を意識するよりしっかり乾かすしっかり洗うなどを徹底していただいたほうがいいでしょう。

髪は些細なことでダメージします。
上げていようがおろしていようが大したダメージに差はないと思います
-
MODE K's 調布店
2018.08.27
ご質問ありがとうございます

濡れた状態でなければどちらでもかまいませんよ!(^^)

プラスアルファでオイルのトリートメントをつけるのもより摩擦をおさえ低減できますのでご参考下さい



副店長 松田
織田 真人 (オダ マコト)
care of hair kiri
2018.08.27
眠るときはゆるい三つ編みが良いと思います。眠れないとのことなので、乾いた状態でしたらトップで縛ってお団子が良いと思います。

普段は下ろしているよりはお団子の方が物理的ダメージは受けにくいかもしれません。

ただし、お団子にすると根元の部分が引っ張られるので地肌のケアが心配になります。

抜け毛や生え際が気にならないようでしたら、お団子でいいと思います。


あとは、お団子取った時に無理やりとかしたりなどはしていませんか?

無理やりとかしたりしている場合は下ろしている時と変わらないのでお気をつけください。
-
PLAY.S 心斎橋
2018.08.26
こんにちは。
一番は摩擦やテンションがかかった状態で寝るとダメージにつながりますので寝るときは頭皮を引っ張らない強さでゆるくまとめる方がいいと思います。

普段の生活に関しては基本的にはおろしてる方がいいと思います。
くくってるとどうしてもテンションがかかるので、

ただ夏の紫外線や癖で触ってしまうのであれば軽くまとめてみてはいかがでしょうか。
ご参考になればと思います。



1 2

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

icon-barcharticon-people