お悩みホットライン・トップ

髪・髪型の悩み解決ならお悩みホットライン

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!
EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

お悩みホットライン カテゴリ一覧

お気に入り内の美容室
あなたが最近みた美容室

カラーについて

カラーについてのお悩み
2010.03.11 - 女性
昨日初めて美容院でカラーをしてもらったのですが、わたしの説明が下手で思っていた色にならず、今日再度染め直してもらいました。今回は注文通りの色にしていただのですが明るすぎるとバイト先で言われてしまいました。無料で染め直してもらったのでまた同じ美容院に行くのは気がひける上に、短期間のうちに何度も色を変えるのは髪を痛ませる原因になってしまうと聞くので、どうすればいいか困っています。何か良い方法はありませんか?アドバイスよろしくお願いします。

-
complex
2010.03.14
トーンダウンは2剤や時間の調整で比較的ダメージを与えずにできます。

その都度のご要望にお応えするのが美容室の仕事なので気に入っておられるのなら気が引けることはないと思います。
-
美容室ガイア
2010.03.14
お答えします。

色を暗くする分には、ダメージは最小限におさえられます。ただ短期間に染めてるので少々のダメージはしょうがないと思います。

後は、おうちでのトリートメントなどをしっかりやりましょう。
-
8 [hacchi] hair factory 新所沢店 
2010.03.14
また染めるか、マニキュアなどでトーンを下げれば、ダメージをおさえれれる事が出来ます。
-
tu:lix
2010.03.14
こんにちは。
少し色味を落ち着かせるようでしたら、
トリートメント効果の高いカラー剤などもありますので、ダメージに関しては問題ないと思われます。
ただ、どんなカラー剤を使って今のお色味になったかなど、履歴をご存じな担当美容師さんにやって頂くのが、一番安全で的確では。。と思います。
何度もお直しに来られるのは、美容師側は意外と気にしていなかったりするので、
気にせず同じ美容室に行かれてみてはいかがでしょうか?

参考になると嬉しいです。

tu:lix水庭より。
-
FITS due
2010.03.13
それは残念ですね。。。まずは担当の方に理由を説明してみては??
ダメージはなるべくかけないようにカラー剤を決めたりトリートメントをしながらだったり方法はありますが髪に負担がかかるのは事実です。。
きっと担当の方も相談に乗ってくれると思いますよ!!
-
-
2010.03.13
市販で売っているカラースプレイで一時的に染めてみてはいかがですか?
-
ES PRISM HAIR
2010.03.12
短期間の内に何度も染めるのは確かに心配になってしまいますよね。
でも、髪の色を落ち着かせる時のカラー剤は強めの物を使用しませんし、髪に優しいカラー剤を使用して染めることが可能ですので、ダメージはそんなに心配しなくても大丈夫ですよ。
カラーリングをするときは、今までどんな色をしてきたか、どんなカラー剤を使ったか、がとても大切なんです。
ですので、希望通りのカラーリングになっていたのであれば、料金はかかると思いますが、同じ担当スタイリストさんにお願いすることをおすすめします。
-
ACTSS
2010.03.12
こんにちは。短期間で何回もカラーをするとやはりダメージが出てしまいますが、トーンダウンする場合はトーンアップするときよりもダメージが出ませんので美容室で相談してみると良いと思います。
-
FITS plus
2010.03.12
こんにちは。FITS PLUSのウカエです。
自分で染めるのは、一番傷むのでやめたほうがいいと思います。
一度、染めた美容室に相談してみてはいかがでしょうか?
何回来て頂いても、そんなこと気にしないですよ。
それよりも、やっぱり満足していただくのが一番だと思いますから。
今は色々なカラー剤が出ていますので色を入れるだけですとそんなにダメージする事もないです。
でも、トリートメントをしたり、ご自宅でのケアはしっかりしたほうが今後のために必要だと思います。
-
-
2010.03.12
こんにちわ!!
ご自分で染めるより断然サロンのほうが髪の為には良いです!!染めたお店に電話だけでもとりあえず相談してみた方良いです。サロンはそんなに気にしないし、お客様の悩みをもっと解決してくれるはずです!!!痛みはトーンダウンならさほど問題ないと思います!!
1 2 3

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

icon-barcharticon-people