お悩みホットライン・トップ

髪・髪型の悩み解決ならお悩みホットライン

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!
EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

お悩みホットライン カテゴリ一覧

検討フォルダ内の美容室
あなたが最近みた美容室

ダメージ・トリートメントについて

カラーやアイロンによるダメージ
2018.06.10 - 女性
半年毎の縮毛矯正や1ヶ月毎のカラーや毎日のアイロンによるダメージが凄くて自分でセットが上手くできずにいます。
2週間に一度のタイミングでトリートメントはしています。タオルドライ後も縮毛矯正オイルやクリームタイプのトリートメント剤もつけたりしていますが、なかなか思い通りの仕上がりになりません。やはり、ダメージ部分を思い切ってカットするしかないのでしょうか?
これから梅雨に入るので更に憂鬱になります。
藤崎 ヒカル (フジサキ ヒカル)
nana
2018.06.23
毎日のアイロンは完全乾燥されている状態で入れてください。少しでも余計な水分が残っていると(髪に還元力が働き傷みやすい状態になる)NGです。
アイロン温度は160度以下で。
スチーム式アイロンは縮毛矯正毛には適しませんので念のため。
縮毛矯正のダメージは何をしても改善されませんのでカットするしかないかと思われます。
-
Heart box 四谷店
2018.06.15
ご質問ありがとうございます。

現在の髪の毛の状態によりますが、カットしなくても大丈夫な場合もあります。毛先に重さを出すようにカットしたり、ヘアスタイルを少し変えるだけで、回避できる場合もあります。
ケアは非常にされている感じですので、ヘアスタイルの形や、量を改善するだけでも、違ってくると思います。長さを切りたくない場合は、それに基づいた、最善の策がきっとあるはずです。

ハートボックス 福島 祐介
古賀 克哉 (コガ カツヤ)
セリオン 調布店
2018.06.15
ご質問ありがとうございます。

化学的ダメージ(カラーによるもの)はトリートメントでの修復は可能ですが、熱ダメージ(アイロン、ドライヤー)によるものはカットでの修復が必要です。

今は湿気により、まとまりにくい時期と思います。
是非、ご検討ください。
柳原 浩 (ヤナギハラ ヒロシ)
かみ処 髪技
2018.06.13
切らずに治せるのは再生復元しかないと思います。必要なアイティムは色々ありますが、
細胞レベルで治していきますので、持続力は抜群です。
サロンだけでなく、自宅ケアも重要です。月一のサロンだけでは改善はしません。
毎日のケアの仕方等、二三脚で改善してみませんか?
当サロンにぜひお悩みを解決させてくださいませ。
同じような悩みを持つ方が多く集まっております。ぜひご相談くださいませ。
飯田 優作 (イイダ ユウサク )
REVIEST by twowish 吉祥寺
2018.06.11
ダメージで気になるのは広がりでしょうか?
それとも褪色によって髪が光に透けてしまっている状態でしょうか。
絡まり等がきになるのであればシャンプーやトリートメントに気を使って、髪をとかす前に洗い流さないトリートメントをよく馴染ませてからコーミングしてあげてください、無理にとかすとそれだけで痛みます
広がりの場合、トリートメントよりもスタイリング剤の方が押さえ込んでくれます
最近はワックスとは違い、バームやバター等それほどベタつかずまとめてくれるものも増えています
1ヶ月毎のカラーはリタッチか全体のどちらかにもよりますが
リタッチの場合、2~3回に一回は毛先まで染めてしまった方が綺麗に見える場合が多いです
毎回毛先まで染めている場合、逆に間にリタッチだけを挟んだ方がダメージは抑えられます
今まで何をためして何がダメで気に入らなかったのか美容師さんに伝えて相談してみてください!
瑞慶覧 いずみ (ずけらん いずみ)
Shell Bear
2018.06.11
こんにちわ
ダメージの度合や使っているケア剤にもよりますが一度髪が受けたダメージは完全修復はできません。
あくまでこれ以上の進行を抑える、短期的に良くするなどが目的になります。
綺麗にまとめるのであればカットしてしまうのが良いでしょう
菅野 義行 (カンノ ヨシユキ)
Hair Studio J-ONE
2018.06.10
まず、毎日のアイロンで毛先にダメージが相当出ていると思います。
本来で有るならば毛先をカットしたい処ですが
、あまり切りたく無いのであれば当店のPIM濃密ヘアエステ+浸透アイロンメニューがお勧めです。
一旦クセを取ってあげた方が扱いやすいので
出来れば根元の癖にもエアーストレートがお勧めです。参考になれば幸いです。
1 2

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

icon-barcharticon-people