お悩みホットライン・トップ

髪・髪型の悩み解決ならお悩みホットライン

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!
EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

お悩みホットライン カテゴリ一覧

お気に入り内の美容室
あなたが最近みた美容室

ヘアスタイルについて

もう外歩けません
2018.04.11 - 女性
先日、髪の痛みに限界もあり
髪を切る決意をしました
胸元位から、肩上のボブか
思い切ったショートにするか悩み
美容師さんに相談する型で進める事にしました。
私は 元々 前髪は縮毛矯正をかけている位くせっ毛で、後ろ髪もうねりや、中の方に癖があり、そこを ちゃんと見た結果だと思い
美容師にお任せし、カットをしました
バサバサと切っていき、ふと見ると
イメージ写真のどれとも違う
ちびまる子ちゃんが鏡に映っていて
後ろは狩り上がり

次の日からが超悲惨で、髪を洗って しっかり乾かしても 次の日はボンバーヘッドで
後ろは短い上に跳ね上がり、後ろ髪中央は、うねりで波打ち、刈り上げの剃り残しのような後ろ姿前からだって 見れたもんじゃなく
縮れた前髪が真ん中パッカーンもう毎日どうしたらいいですか
野口 美里 (ノグチ  ミサト)
splash 岡場店
2018.04.24
こんにちわ(^_-)-☆
たぶん、状態を見たわけではないので、予想でしかないんですが、後ろが狩りあがっているのはボブスタイルの時にたまに使うカット方法で髪の毛が内に入りやすくするために見えない襟足の部分を切り込んだりすることがあります。ただくせの状態を見ながらしないと乾かして癖が上がってしまったときに切り込んだ部分が見えないようにかぶせる部分の長さは考えて切るんですが・・・
それ以外に、お客様に了承をもらわずに刈り上げるスタイルにすること自体が考えられないことなので・・・
何ともいえないですが・・
ストレートアイロンを全体に入れてみてはどうでしょう?少しは、改善されないでしょうか・・
飯島 信一 (イイジマ シンイチ)
1%er professional
2018.04.21
それはそれは大変でしたね。
カットされる時、ウェットの状態だったのでしょうか。
もしよろしければ、一度ご来店いただき状態を見させていただけると、今後どうしていくか、今をどう乗り越えるかお話できると思います。
大変でしょうが一緒に乗り越えいいスタイルになれるように頑張っていきましょう。
小林 (コバヤシ)
alfred will
2018.04.15
元々、癖のある髪質の方の場合ロングから肩付近までカットすると
重みがなくなり、癖は出やすくなります、今の髪の毛の状態で収まりを良くするなら縮毛矯正がいいかと思います。
岩田 流平 (イワタ リュウヘイ )
REVIEST by twowish 吉祥寺
2018.04.13
縮毛矯正を最後にかけたのはいつ頃でしょうか。
そのカットは縮毛矯正後にしたのか、それとも縮毛矯正をしてから数ヶ月たってしまっていたのか。
↑ここがけっこう大事です。
文面を拝見させて頂いてると、恐らく後者ではないでしょうか。
スタイルもボブ風な感じで切り上がったのかなとも思います。
ボブだとしたら、後ろの毛が一番短いのかと思います。その場合縮毛矯正をかけていたところが切り落とされ、クセ毛メインになっている可能性が高く、普段縮毛矯正に頼っているとお手入れが大変なのかと思います。
逆に耳から前は縮毛矯正した部分が残り、ツンとした質感になっていらっしゃるのかなと。
この感じが正しければ、毎日アイロン&ブローは必須かもしれません。実際に拝見してないので、何とも申し上げずらいですが、前髪もふまえて、縮毛矯正をやり直すか、是非実際に見せて頂ければと思います。
河野 薫【指名料別途880円】 (コウノ カオル)
美容室ISA 伏見店
2018.04.13
一度髪の状態、クセの状態など見ないとわからない部分もありますが、この文章だけでの解釈ですと、クセのおさまりがどうにもならないのであればストレートパーマをかけて毎日のお手入れを少しでも負担をなくし髪を伸ばしていくのが良いのかなと思います。
もしくはカットのみでも負担は減らせるかもしれません(見てみないとわかりませんが...)
髪の傷みもあるとのことでしたのでストレートパーマも髪の状態でかけれない、かけたくないのかもしれませんが、
この2点で毎日の手入れを最小限にして伸ばしていくのが得策かと思いました。
nitta (ニッタ)
gally
2018.04.13
こんにちは
部分的に矯正の必要があるかもしれませんが
現在のカットラインや質感なども見直す必要もありそうですね。
ある程度のクセの抑制やボリュームコントロールはカットのみでできる事は限られてしまう事もございます。
その辺も施術前のカウンセリングで診断してもらえればと今回のケースは思いました。
1 2 3

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

icon-barcharticon-people