お悩みホットライン・トップ

髪・髪型の悩み解決ならお悩みホットライン

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!
EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

お悩みホットライン カテゴリ一覧

お気に入り内の美容室
あなたが最近みた美容室

髪質・地肌について

正しい髪の乾かし方
2018.01.29 - 女性
髪の正しい乾かし方を教えて下さい。
なるべく短時間で素早く乾かすコツなどもあれば教えてほしいです。

美容師さんのように最初タオルでゴシゴシするやり方も、まねしたいけど傷みそうで怖くてできません。


↓ちなみに今の乾かし方です。
・手で絞ってからタオルで髪を巻く(5~15分ほど放置)
・ぬるめのドライヤー(テスコムのバックステージの風量大)
・乾かす時間は10分程度(髪はセミロング)
・前髪(タオルで変な癖がつく)や後頭部から、ブラシでとかしながら乾かす
・ドライヤーの風はなるべく上からあてる
・癖の出やすいところはとかしたり手で引っ張りながら乾かす
・急いでなければ根元から乾かしたり、最後に冷風を当てたりもしてます
-
Stilla smooth
2018.02.08
ご質問、ありがとうございます。

早く乾かす乾かし方は、

まず、タオルで髪の水分をしっかりととってください。
そこからドライヤーで乾かしていきます。
最初は風を根元にあてて根元から毛先の順番で乾かしていきます。
風は上から当てると、ボリュームダウンしてしまうのでなるべく下から上に風をあてるとなお良いと思います。
髪に優しく早く乾くドライヤーなども取り扱っておりますので、よろしければ是非一度お店にご来店頂きたいと思います。
吉田 孝司 (ヨシダ コウジ)
Canna hair maison
2018.02.03
今の乾かし方が最強ではないでしょうか。タオルで水気をとるときに地肌をしっかり指でツンツンすると地肌の水気が取れていい感じに乾きます。
山水 孝 (ヤマミズ タカシ)
LAGOM
2018.02.02
基本的には良い乾かし方だと思います。
素晴らしい!!
個人的にはタオルを変えてみるのもいいと思いますよ。
吸収率の高いタオルを使うとそれだけで乾くのが早く、ゴシゴシしなくて済むと思います。
ドライヤーもクレイツのホリスティックキュアドライヤーもおすすめです。
三橋 佑矢 (ミツハシ ユウヤ)
Shell Bear
2018.02.02
こんにちわ。
大体間違っていませんが髪は濡れてる状態が長いほど傷みやすいです。髪を乾かす順番としてはクセの出やすい前髪からは正解です。
ちなみに急いでる時ほど頭皮、根本から乾かしてください。毛先から乾かすとオーバードライ状態で乾燥してしまいます。
極論これらをしっかり行いそれでも速乾を目指すのならば美容業務のドライヤーをお使いください。
現在ならダイソンのドライヤーは乾かすだけならおすすめです
福沢 康平 (フクザワ コウヘイ)
Wiz 鎌ヶ谷店
2018.02.02
こんにちは! 
最初にタオルでしっかりと水気をとります。
その際に相談内容にも書かれていたゴシゴシするやり方は髪の表面についているキューティクルがタオルとの摩擦で損傷してしまい栄養分などが流出したり、乾燥の原因になってしまいますので注意しましょう。
ドライヤーで乾かす際はまず根元を中心に乾かしていきます。根元を乾かしているとその熱が毛先に伝わるので自然と毛先が乾いていきます。根元が乾いたらそのまま毛先を乾かして終わりです。
癖のあるところの乾かし方などはそのままで大丈夫です!
谷 泰典 (タニ ヤスノリ)
ヘアメイクFEEL mooi店
2018.02.02
ご質問ありがとうございます!
タオルドライはドライヤーの施術時間の短縮になります。
タオルの摩擦が怖いと思うのではないでしょうか?
タオルドライの仕方を髪を揉むようにしたり、優しく挟んで叩いてみたりしてみてはいかがでしょうか?
始めのドライヤーはネープ、後頭部の中の方から乾かせているでしょうか?
1番髪がかさなる部分なのでセミロング10分を乾かす順番を変えると短縮できるかもしれませんね。
坂本 輝雄 (サカモト テルオ)
美容室プラテ
2018.02.01
基本的に、シャンプー後にゴシゴシ拭くのはNGではありません。むしろ、タオルで髪を巻いて15分放置はお勧めしません。
1、しかりタオルドライして、コームで梳かす
2前髪を乾かす、風は弱めで変な癖がつかないようにする
3、熱めのドライヤー強風で地肌を乾かすドライヤーの風は横からか下からで、根元を持ち上げる様にすると、内巻きに入りやすくなります。
4、ボリュームの出過ぎたところは、上から風をあてて軽く押さえる。
くせの出やすいところや強いところは、前髪の後の早い段階で行った方がいいでしょう。
-
Wiz-R 成田店
2018.01.31
基本的に今の乾かし方で問題はないと思います。
より早く乾かしたい場合
1、風量の強いドライヤーを使う。
2、早く乾く速乾スプレーを使う。
3、ドライヤーする際水分がないタオルをかぶって乾かす。
注意点・早く乾かす=摩擦が起きる可能性が高くなる・雑になるなどが考えられます。
髪を綺麗に保つなら丁寧にいたわることをお勧めします!
杉本 恵司(1F担当) (スギモトケイジ)
Lia Reve SUGI
2018.01.31
最初にしっかりとやって頂きたい事はタオルで頭皮の水分をしっかりと拭き取る事です。
頭皮の水分はしっかりと髪の毛はゴシゴシしてしまうと引っかかってしまったり絡まったりしてしまうので髪にタオルを挟んで手で軽く絞って、水分をとってあげて下さい。
しっかりタオルで拭き取りが終わったら、ドライヤーで乾かす作業に入ります、タオルの時と同じく頭皮から乾かして下さい、頭皮と髪の毛先でわ髪の毛の量は圧倒的に頭皮の方が多いので頭皮、髪の毛の中間、毛先の順に乾かしてあげると早く乾くと思います。
ドライヤーの風を上からあてると頭皮がなかなか乾きにくいので、全体の髪が8~9割乾いてから上からドライヤーをあてると髪の毛に艶がでてキレイになると思います。
・クセの出やすいところの乾かし方は手で引っ張りながら乾かすのはいいと思います!
1 2

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

icon-barcharticon-people