お悩みホットライン・トップ

髪・髪型の悩み解決ならお悩みホットライン

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!
EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

お悩みホットライン カテゴリ一覧

お気に入り内の美容室
あなたが最近みた美容室

ダメージ・トリートメントについて

髪やけどを防ぐには?
2017.11.07 -
ほぼ毎日、ヘアアイロンを使用しています。
トリートメントとアウトバストリートメントはシリコン入りのものを使い、ヘアアイロンを使用する前は髪に何もつけずそのままヘアアイロンを使用しています。(トリートメントにはキトサンも入っています)お聞きしたいのは
・やはりヘアアイロンを使用する直前にも何か髪につけたほうがいいのか
・必要な場合は、シリコン入りのスプレーでもいいのか
という点です。アドバイスいただけると嬉しいです。
小沢 秋義 (オザワ アキヨシ)
AINEE
2017.11.13
巻く前には必ず熱と相性の良いアウトバストリートメントを使用してください!
アウトバスの内容はピンキリですがやらないよりはやった方が良いです😊
※オススメはありますがステマのようになるので割愛します。

毎日アイロンされるとのことですので操作は慣れてらっしゃると思います♪
大切なことは、
・必要以上に熱を与えないこと。
・完全に乾いた状態で使用すること。
以上です!

必要以上に熱を与えると如何なるアイロンでも硬くなる(変性)ので気をつけましょう!
髪は熱を与え続ければ変性します💦
どんなに高価なアイロンだろうと、どんなに素晴らしい効果を謳おうと熱は熱ですから。
大平 菜月 (オオヒラ ナツキ)
unpeu hair 桂店
2017.11.11
ご返信が遅くなってしまい申し訳ございません。ヘアアイロンを使用する前は直前にトリートメントをつけたほうが良いです。シリコンにもいろんな種類があります。安いシリコンは熱に弱く、シリコンが焼けてしまい、髪のダメージにつながります。美容室で販売しているようなトリートメントであれば、髪にいいシリコンが使われているので熱から髪を守ってくれるのでお勧めです。うちの店ではCOTAを使用しております。とても髪にいいのでぜひご検討ください!(^^)
-
SeaQuence
2017.11.09
こんにちは~!ご相談ありがとうございます!アイロンの使用でのダメージですね!!!もちろん巻く前にトリートメントなど保湿などのコーティング有ればいいですね!!!基本的にアイロンを使うとダメージは、絶対に出ます!!温度も、140~160ぐらいが良いと思います。
シャンプーで、ダメージを防げるかと言うと、それは、出来ません!!シャンプー、トリートメントで、ダメージを修復することには、繋がります!アイロンで乾燥した髪に保湿してあげてください!!
-
ヘアーファクトリークマ
2017.11.08
髪は、水分を多く含んだ状態で、熱を加えることが一番のダメージに繋がります。
なので、アイロンの温度を低く(180度以下)すると、まだ、マシ?かと、、^ ^

傷んだらカットは豆にして下さい。

シリコン髪に対して負担になる面もありますので、付けるのは毛先や、ダメージ部だけにしてください。
松下 直揮 (マツシタ ナオキ)
LOVIBE HAIR
2017.11.07
アイロンの前に何かつけるべきか?シリコンのスプレーは有効なのか?とのことですが、どんな目的で使うのか?でご解答は変わるのかと思います。髪のやけど防止が目的なのであれば、ほぼ毎日のようにアイロンを使われる中で、髪のやけどは防げないと考えていただいた方が良いのかと思います。トリートメントなどを使えば手触りなどの表面的な質感は良く感じるかと思いますが、髪の内部は確実にダメージが日々進んでいきます。アイロンの温度を低めにする、縮毛矯正などで癖を改善しアイロンは使わなくて済む状態にする。などダメージが少なく済む方法は他にも色々あると思います。
-
Miik.
2018.01.15
ものにもよりますが、直前につけると熱によって焦げるようになってしまったりするので、あまりお勧めしません。
シリコンに関しては入っていても大きな影響はないと思います。

コテやアイロンを使う前につける専用のトリートメント、スタイリング剤もあったりします。
熱に反応して髪の補修をしてくれたり、スタイルをキープしてくれるものなどもあるので探してみると良いと思います。
-
Les Baladins du Miroir
2017.11.12
こんにちは。Les Baladins du Miroir【バラディンズ】のスタイリスト中島です。
アイロンによるダメージは主に熱によるタンパク質変性という現象によるものです。
タンパク質はお肉や卵のように高熱を当てたり化学反応を起こしたりすると固く変質するという性質を持っています。
人も柔軟な人より身体が硬い人の方が怪我しやすいのと同じで
柔らかいより硬い方が脆く壊れやすくなります。

したがってこれを回避するにはヘアビューロンのようなタンパク質変性を起こさない特別なアイロンを使用する他ありません。
軽減するだけでよければ、アウトバストリートメントなどでコーティングしてからアイロンすることによって熱ダメージを少し軽減できると言われています。が、個人的には実際に使っていてもヘアビューロンほど効果は実感しません。
1 2

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

icon-barcharticon-people