お悩みホットライン・トップ

髪・髪型の悩み解決ならお悩みホットライン

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!
EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

お悩みホットライン カテゴリ一覧

お気に入り内の美容室
あなたが最近みた美容室

ダメージ・トリートメントについて

Trとカラーの褪色
2016.11.05 - 女性
およそ二、三ヶ月置きにイルミナカラーをしています。
縮毛矯正等で元々かなり髪の傷みがありますが、2週間ほど前にもカラーをし、さらに傷みが目立つようになってしまいました。

そこで美容室でのトリートメントを考えているのですが、トリートメントの種類によって褪色することはあるのでしょうか?

今検討しているのはノンシリコンの超修復トリートメントです。シリコン除去と、内部修復による髪質改善効果のあるトリートメントだそうです。
通常のトリートメントのようにシリコンコーティングするだけのものではないので、カラーの褪色が気になります。
増田 健仁 (マスダ タケヒト)
ZIGSO for HAIR
2016.11.10
トリートメントの種類もいろいろあるのですべて把握していません。超修復トリートメントといわれるものも当店取り扱いがないため退色があるのかないのかもはっきりとはお答えできないです。申し訳ありません。
-
hair botao ぼたん
2016.11.07
こんにちは。
キューティクルを開くようなトリートメントでしたら退色はあると思います。コーティング型のトリートメントでも多少の退色はあります。
ちょっとどのような仕組みのトリートメントか分からないので確かな事は言えないのですが、多少はあると思います。
-
GOOD TIME Hair Design
2016.11.07
ノンシリコントリートメントは髪表面をシリコンコーティングしないので手触りに関してはそんなにかもしれませんね!シリコンは定期的に落とせば1番良いコーティング剤なんですよ!週一~二で炭酸シャンプーがオススメです!またトリートメントによって退色すると言うのはあまり聞いた事がないです!むしろカラーの色持ちが良くなるようにどこのメーカーも頑張っていますしね!
nitta (ニッタ)
gally
2016.11.06
超修復トリートメントを取り扱っているサロンに
具体的にどういった施術内容で髪にとってどんな作用があるか
ご自身の髪が施術後にカウンセリングで説明した感じになるかを聞いてから依頼をしましょう!

※ダメージの蓄積で髪の強度の限界を超えてしまっている状態にはどんな高価なトリートメントもダメージの進行を進ませないだけの効果になると思います。
鈴木 拓也 (スズキ タクヤ)
セリオン 大井町店
2016.11.06
こんにちは

カラー褪色するトリートメントはないと思いますよ。
当サロンにもデトックスして内部補修するトリートメントありますがカラー褪色はありません。
シリコン除去するトリートメントも同じだと思います。色素が除去されるのでなくシリコン除去ですので安全だと思います。
シリコン除去のデメリットもあると思いますので取り扱いサロンに問い合わせても良いと思いますよ。
快く説明して頂けると思います。

参考になれば幸いです。
内 良太 (ウチ リョウタ)
MYRO
2016.11.05
毛先がオーバーダメージしすぎてしまうとカラーの退色は早くなります。
カラーリングは髪の内部に色の染料を入れて発色します。ダメージが強い髪はキューティクルが剥がれていて退色が早いです。
トリートメントをすると、髪が重たくなり色が暗くなったように感じる方がいらっしゃいますが、実際は多少退色していますよ。厳密には髪の毛を濡らすたびにカラーは退色します。
-
REVOLUCIA 博多
2016.11.25
基本的に退色するものは少ないと思いますが、アルコール(エタノール等)が入っている物だと若干ですが色の仕上がりが変わってくる事もあるようです。
-
katachi-no-nai
2016.11.10
どのようなトリートメントであっても若干の退色はさけられません。一番いいのはカラーリングした日にトリートメントをすることです。そこでの退色も考えて美容師は色の選定をしています。そして色持ちを良くするには、毎日使うシャンプー等を考えることです。決して美容室で買ってくださいという訳ではないのですが、一番頻繁に使う物が退色の原因になります。さらに、お店でするトリートメントも目には見えませんが日数と共に落ちていきます。実際に施術する美容師さんにしっかり相談されることをお勧めします。
-
-
2016.11.10
ヘアカラーは髪の内部に存在していて、染め上がりは髪の内部に沢山染料が入っています。トリートメントの内部補修のしかたでは、中の染料が落ちてしまいます。それが褐色ということです。
オススメはカラーに混ぜるタイプのものです。そうすればカラー髪の内部に入るのと同時に一緒にはいり、深部まで入ります。
その上からもし必要であれば、更にトリートメントをした方が良いでしょう。
お試しくださいませ。
1 2

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

icon-barcharticon-people