お悩みホットライン・トップ

髪・髪型の悩み解決ならお悩みホットライン

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!
EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

お悩みホットライン カテゴリ一覧

お気に入り内の美容室
あなたが最近みた美容室

髪質・地肌について

フルバングのセルフカット
2016.10.19 - 女性
前髪のセルフカットを調べてると、時々「上下に分けて、上の髪より下の髪を短めに切る」とありますが、これは何のためにするのでしょうか?
また、直毛なので、前髪がぺたんとなりやすいのですが、カットで改善する方法はありますか?
中谷 真帆 (ナカタニ マホ)
moon jeje
2016.10.24
希望されている前髪の質感や長さ、生え癖、毛量、などによって、カットの仕方が一人、一人変わります。一度美容室で相談してみてはいかがでしょうか?髪の状態を一度美容師さんに見せて頂ければ、適格なアドバイスをしてもらえるはずです☆
-
M&Co.
2016.10.23
これはイングラデーションです。内側になる部分を短く切って内巻きにするということでしょうが、バング(前髪)では、あまりやりません。 
前髪がペタンとなるのを改善するには、やはりセットで持ち上げるか、大きなロッドでパーマをおかけになるのが良いかと思います。
江西 (エニシ )
blanket
2016.10.21
内側の髪を少し短く切ることによって毛先が内に
入ります。
髪の毛は短い方から長い方に押す力が働きますので
そういうカットをします。
ペタンとしやすい前髪は内側の髪をランダムに
すいてふわっとした感じを出します。
それでもペタンとする場合は前髪だけパーマを
かければいいと思います。
-
It's Hair AVa 玉造店
2016.10.20
上の髪より下の髪を短く切る理由は髪の毛のおさまりを良くするためや内巻きになりやすくする為です。

これは前髪に限らず横や後ろの髪の毛でも共通することですが下の髪を短くすることにより上の髪の毛がかぶさった時に長い毛が短い毛の方に流れていく性質を利用したカット技法でそうすることによってはねやすい部分など収まりが良くなります。

髪の毛の質感をカットだけで調節するのは難しいですがフルバングにしたり短めの前髪しするとボリュームの改善になりますよ。乾かし方を工夫したりパーマもオススメです。
大房 佑 (オオフサ ユウ)
LILY
2016.10.20
上の長さを長めに切る理由は様々ありますが、髪の毛は基本長い方から短い方に流れるという性質があるので毛先に丸みがほしかったり、内に巻きやすい様に行うことが多いです。

その他、毛量調節や生え癖の矯正等で利用することがあるかなとは思います。

ボリュームの感じが人によって異なるので求めている回答になるかはわかりませんが、

前髪の量を増やす。

少しだけ根元に短い毛をつくる。

スタイリング方法を変える。(アイロン、コテ等)

ぐらいでしょうか。

回答とはズレますが
ボリュームやはりこしのでるシャンプー剤をつかったり、
パーマをあてたりも効果的と思います。
-
splash 岡場店
2016.10.20
下の段を短く切ることにより、表面の髪の毛がかぶさってきたときに、自然と内側に入りやすくなります。ただし、長さの差は、1センチ以内でいいとおもいます!
ペタンとしやすいのであれば、表面を、少し短くすると動きがでて、ふんわりとしやすくなります!!
director高橋 (タカハシ)
Que hair
2016.10.20
相談内容 前髪のセルフカットを調べてると、時々「上下に分けて、上の髪より下の髪を短めに切る」とありますが、これは何のためにするのでしょうか?
解答☆ これには、2つ理由があると思います。
前髪がパッツンになりすぎないようにとブローした時に前髪に丸みがでるようにのだと思います。
注意しなくてはいけないのは、あまり差があり過ぎと不自然のなで3~5mmぐらいの短さがオススメです。上下分ける時は上の毛の方を厚くする事もオススメします。

直毛なので、前髪がぺたんとなりやすいのですが、カットで改善する方法はありますか?
解答☆グラデーションをいれると丸みが出ますよ。カットでの限界はあるので、パーマやカーラーもオススメします♪
木一 宏美 (キイチ ヒロミ)
ZIGSO for HAIR
2016.10.20
上下に分けて下の毛を短くということですが、上になる髪の毛の方が長くなるということは、上の毛が下の毛にかぶるということなので、おさまりを出すためだと思います。
直毛でふんわり前髪はテクニックが必要となります。失敗したくないのであれば、プロに任せたほうが安心かと思います。
1 2 3

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

icon-barcharticon-people