お悩みホットライン・トップ

髪・髪型の悩み解決ならお悩みホットライン

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!
EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

お悩みホットライン カテゴリ一覧

お気に入り内の美容室
あなたが最近みた美容室

ダメージ・トリートメントについて

何度もカラーするときの傷みが気になります。
2016.02.04 - 女性
約2ヶ月前に全体カラー、3週間前にリタッチをしたばっかりなのですが、
海にいったのもあり、紫外線やらですでに色が抜けてしまっているので早くも染めたいです。

ただ、元から髪が傷みやすく、
けっこうパサパサしたり絡まってしまったりしています。

そのため、こんな頻度で染めたら相当ダメージが大きいのかな、と思い、
不安でまだ美容院を予約していません。。

やはり染めるのはもう少し待ったほうが良いでしょうか?
また、染めるにしてもこんなトリートメントがオススメ、など、
ダメージを極力抑える方法など教えていただけると嬉しいです。

よろしくお願いします!
染谷 和郎 (ソメヤ カズオ)
髪工房SHANA
2016.04.03
こんばんは、お答えいたします。一般的なヘアカラーはカラー1剤2剤の混合液でで髪を膨潤させてメラニン色素を脱色してカラー剤の色素を定着させて染まります。この過程で髪のタンパク成分が流出します。流出した成分を補う内部及び外部補修のトリートメントをセットで染めれば、ほとんどダメージによる不具合を感じないでカラーをできます。(ブリーチなど極端なストレスを与えない限り)海は海水、潮風のアルカリで不安定な所に更に強い紫外線が伴っているので対アルカリ、UV策を講じないとかなり傷んで褪色します。傷みやすければなおさらです。流さないタイプでリトルサイエンティスト社「ガルバエマルジョン」がお勧めです。文字制限のため以上です。
柿崎 敦志 (カキザキ アツシ)
Be-Posh Jasper
2016.02.08
返信が遅くなって申し訳ございませんでした。
カラーの繰り返しや、紫外線での傷み、また乾燥する季節とあって、髪への負担は心配だと思います。
実際に見てみないと髪の状態がわかりませんので、行きつけの美容室があれば、一度相談してみてはいかがでしょうか。良心的な美容室であれば、きちんとした対応してくれるはずです。
直接、髪の状態を診てみたいので、当店でも相談は無料で行いますので、お気軽にご予約頂ければと思います。
-
gally
2016.02.05
こんにちは

今後も海に行く予定があるのであれば、カラーをしても同じ結果になり、傷むだけになってしまいます...
ヘアケアをしながらカラーバターなどの比較的ビビットでない色味でしのぐ方法もあります。

色味などは取り扱っているサロンで相談しましょう☆
小川 淳 (オガワ マコト)
Chain hair design
2016.02.05
リタッチした部分も色が抜けてしまっているのは、技術ミスなのかもしれませんね❗
オススメトリートメントと言うよりは、染める前に髪に栄養与える、前処理のメニューをしてみたらいいかなぁと提案してみたいと思います❗
渡辺 健 (ワタナベ ケン)
RegaLo
2016.02.04
カラーリングを塗布する前と後にトリートメントでパックする方法がございます。何もしないでカラーリングするよりも色持ちやダメージが改善されると思います
フジノ (フジノ/店長)
urupool
2016.02.04
横浜市の美容室の者です。確かに染めれば多少、髪には負担がかかるかもしれませんが、色が抜けたままにしておくと髪が脆い状態のままになり、より負担がかかってしまいます。一度アルカリ状態に傾いてしまっている髪の毛を酸性寄りに傾けてからカラーをしてあげると負担が少なくカラーができます。
なので海にいった事などを美容師さんに伝えてカラーをしてあげると良いと思います。
お家では洗い流さないトリートメントを付けたり、トリートメントを少し時間を置いてから流すなど保湿をしっかりしてあげるといいですよ。
カラーの色味は入れてあげて、お家でのケアをいま使われているもので大丈夫ですのでしっかりしてあげて下さい。
松岡 政隆 (マツオカ マサタカ)
Pilina
2016.02.04
こんにちは! 単刀直入に言うと染めても大丈夫です!
むしろ僕なら染める事をオススメします!
ただし、染める薬剤をトリートメントカラーでなければダメです。 根元を染めるお薬では脱色剤が入っているので痛みます。トリートメントカラーなら色味を入れてくれるだけなので傷みにくいです後しっかり前処理 後処理を髪に施してくれる美容院を選んでください!そうしないと逆に髪の内部が失われたままなので逆に痛みます。
松岡 辰弥 (マツオカ タツヤ)
L'ange de Fuji
2016.02.04
髪に色を入れるだけのカラートリートメントというのがあります

一般に知られているカラー剤は、髪の色素を分解する「脱色剤」と髪に染料を入れる「染色剤」が配合されています

カラー剤のダメージはほぼ脱色剤が原因です

カラートリートメントは、染色剤のみなので髪をほぼ傷めません

色落ちは若干早いのですが、髪を傷めない施術としては一番お勧めです

また、シャンプー方法(タオルドライや乾かし方)も髪を傷めないやり方がありますが、こちらでは長くなり過ぎて書き切れません

よろしければ直接ご相談いただければと思います
-
ヨシデン
2016.02.04
こんにちわ
カラーをすると髪は痛みますよね。
カラー、パーマ、紫外線などダメージのきっかけを言い始めると計り知れません。

しかし結構知らない方が多いのが
カラーの傷は何処を劣化させるの?
パーマは?
紫外線は?
カラーに関してはヨシデンではお薬をつける前の栄養補給と酸化が終わり染まった瞬間のPHの2ポイントを徹底すれば
それ程ダーメージの進行を感じないお客様が多いです。
毛髪の状態をまだ見ていないのでトリートメントのお勧めは出来かねますが、ダメージ対策としてお風呂からでて30分以内にパサパサになるまで水分を飛ばすことをお勧めします。それだけで6倍痛まなくなります。

たくさん教えたいことはありますが是非参考にしてみてください

1 2

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

icon-barcharticon-people