お悩みホットライン・トップ

髪・髪型の悩み解決ならお悩みホットライン

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!
EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

お悩みホットライン カテゴリ一覧

お気に入り内の美容室
あなたが最近みた美容室

縮毛矯正について

縮毛矯正とストレートパーマ
2016.01.30 - 男性
縮毛矯正とストレートパーマのメリット・デメリットが知りたいです。
どう違いますか?
-
ヨシデン
2016.02.04
ヨシデンは
ストレートも矯正も
アイロン技術を使用しタンパク変性をさせないと癖が伸びないと判断したお客様は矯正をさせていただいております。
メリットは
ご存知の通りサラサラ系の維持。
1剤と2剤の間にアイロン入れれば
さらにGOOD。
梅雨時期もいい感じです。

デメリット
タンパク変性した髪の毛は
見た目は髪の毛なんですが、中身が変質しています。
言わばプラスチックの繊維みたいな物になってしまいます。
安い薬、高い薬 色々ありますが残念ながらまだ
変質させないと基本敵に喜んでいただける感じにはなりません。
もちろん髪の毛ではなくなってしまっていますのでカラーの染まり、次のパーマは綺麗になりずらいということを覚えておくとよいと思います。

www.yoshiden.jp
改田謙冶 (カイデンケンジ)
COIFFURE
2016.01.30
縮毛矯正は細かくアイロンで伸ばしていくので持ちが良いのがメリットです。
デメリットは根元から数ミリはアイロンが熱くてかけられないので短くてチリチリの髪だとつなぎ目が不自然になる。180度くらいの熱によるダメージが多少出るというところですね。
ストレートパーマはお店によってブローなのか軽くアイロンをするのか他のやり方もあると思いますが、もともと直毛の人がかけたパーマを戻す程度の力しかないのでくせの強さにもよりますが、持ちは悪いと思います。
メリットは根元から毛先までなじみが良く見た目が自然なのと縮毛矯正に比べたら傷みは少ないことですね。
どちらを選ぶにしても髪を3センチ以上伸ばしていただけると美容師さんも実力を発揮しやすいと思いますよ!
松岡 辰弥 (マツオカ タツヤ)
L'ange de Fuji
2016.01.30
店によって、縮毛矯正とストレートパーマの基準が違う場合もあります

あくまで一例としてですが、縮毛矯正のメリットは真っ直ぐに伸ばした髪の部分が、傷まない限り真っ直ぐのまま維持できます

デメリットはパーマやカラーを考えてしないと傷みやすいことです

ストレートパーマのメリットはパーマやカラーの制限が縮毛矯正よりは無いことです
※そのかわり傷めば真っ直ぐの状態は維持しにくい

デメリットは、縮毛矯正のようにどんな癖でもしっかりは伸ばせないことです
-
gally
2016.01.30
こんにちは

髪質や目的用途に合わせてストレートに形状をつくる工程になります。

簡単に説明しますと、
メリットは、癖やボリュームをなくして真っ直ぐにする事
デメリットは、ダメージと今後のパーマstyleに影響が及ぶ場合もあるなどになります。

-
WONDER 日吉本町店
2016.02.04
ストレートパーマ・・・本来パーマをかけた後に、元の髪質に戻すためのものであり、パーマをとったり少しボリュームを抑えたりするのに適しています。弱めのクセであれば少しボリュームを抑えられますが、強いクセを伸ばす事が出来ません。
縮毛矯正・・ストレートアイロンを使用し、強いクセをまっすぐに伸ばす事が出来ます。縮毛矯正の方が持続する期間が長く、長持ちしますが、ストレートパーマより施術時間がかかります。
ご参考にしてみて下さい。
-
RED LINE cherish
2016.02.04
ストレートパーマや縮毛矯正のメリットは毎日のスタイリングが楽になります。
デメリットは髪が伸びてきた時に根元のクセが目立ってしまいます。又、カラーによっては出来ないカラーもあります。
男性の方で長さがあまりないのであればオススメしません。
-
Cache-Cache hair
2016.01.31
ストレートパーマは曲がってくっ付いているたんぱく質の鎖を切断し、まっすぐにつなげ直す、です。メリットはまたそのたんぱく質の鎖が使えるのでパーマもかかる可能性がある、デメリットは切断する鎖の量が少ないため、クセは伸びない、です。縮毛矯正は切断するところまでは同じですが、二度とその鎖がくっ付かないようにするのです。ウール(羊の毛)刈った時はクルクルですが、毛糸のときは真っ直ぐですよね。それと同じ事を人間の髪にしています。メリットは半永久的にまっすぐ、デメリットは使えるたんぱく質の鎖が減るのでパーマがかからない、髪の約60%のたんぱく質の鎖を切断するのが縮毛矯正です。のこり40%。パーマはかかりませんね。そんなかんじです。
-
CHARISMA hairdressers
2016.01.30
一般的に縮毛矯正は途中にアイロン操作が入ります。ストレートパーマは薬剤のチカラだけで真っ直ぐの髪を作ります。
従ってメリットとしては、縮毛矯正はクセを矯正できる。
ストレートパーマはダメージを少なくパーマを落とすことができる事ができます。
次はデメリットです。縮毛矯正は髪のダメージリスクが高い。
ストレートパーマはクセの矯正力が弱いという事です。
なお、薬剤を扱う技術者によってはクセは伸ばせなかったり、ストレートパーマでもダメージが大きくなります。
逆に薬剤を使いこなすことが上手い人はダメージが少なく、縮毛矯正ができます。
自毛がクセだったら、縮毛矯正、自毛が直毛でパーマを落とす時はストレートパーマが良いでしょう。
-
髪結い処 櫟
2016.01.30
こんにちは
ストレートパーマはパーマを落としたい時やボリュームダウン、クセが弱い方には向いてますが、
くせ毛を直す場合1回シャンプーしたら元に戻る可能性があります。
縮毛矯正は強い癖も真っ直ぐになります。
縮毛矯正をした場合普通のパーマがかけられないことがあります。

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

icon-barcharticon-people