お悩みホットライン・トップ

髪・髪型の悩み解決ならお悩みホットライン

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!
EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

お悩みホットライン カテゴリ一覧

お気に入り内の美容室
あなたが最近みた美容室

髪質・地肌について

襟足の切れ毛
2016.01.28 - 女性
昔からですが襟足に切れ毛ができてしまいます
美容師さんに相談したときは「ここはみんな傷みやすい場所ですからね~」とだけ言われて流されたので、結局何が原因でどういう対策をすればいいのかわかりません…

汗が原因かなとも思いましたが冬場でも同じく傷んでしまっていますし、ドライヤーの当てすぎに気を付けたり、衣服の擦れや静電気も気になるので、後ろの髪を両サイドに分けて前に持ってくるよう習慣にしていますが減ることはなく…

枝毛部分を多目に切ってもらっても繰り返してしまうので、負のスパイラルから抜け出す方法を教えていただきたいです!
染谷 和郎 (ソメヤ カズオ)
髪工房SHANA
2016.04.03
こんばんは、お答えいたします。確かに襟足は細いので傷みやすいかもしれません。加えてかなり気になされているご様子なので無意識に触れる頻度も高いのではないでしょうか?対策としては①あまり気にしない(=触れない)②おやすみ前のシャンプー後のブローを適度に行う。(湿ったまま寝ない。夏場は寝汗をかかない。)③うつぶせに寝る。(物理的に擦れないメリットあり。)④良質な食事、睡眠、ストレスフリーな環境で生活する。⑤肌環境に合ったシャンプー、トリートメント剤を使う。⑥頭皮のマッサージを習慣にして血流を良くする。まだまだありますが文字制限のため書けません。以上です。
改田謙冶 (カイデンケンジ)
COIFFURE
2016.01.31
今回は女性スタッフが回答します。私も昔から襟足の切れ毛に悩まされています。切れ毛の主な原因は衣類の擦れと、髪の絡まりによるものだと思います。私が日々注意してる点は・襟足がすれないようなスタイル。(おろしたスタイルは絡まりやすいです)ニットを着ると髪が擦れて絡まるので、アップスタイルにする。・シャンプーは流すときにきしみを感じるものは使わない。・トリートメントはアウトバスも使う。・髪はきちんと乾かす。・触らない。
切れ毛が多いと、手触りもざらざらするので気になって無意識に触ることが増えます。触ると切れ毛は悪化します。気になるようなら、襟足だけ縮毛矯正するのもありです。手触りがサラサラになるのであまり気にならなくなります。
襟足と全体の長さの差が30センチ以上あった時期もありましたがなんとか育って同じぐらいの長さになってきました。負担さえ与えなければ、襟足は伸びますよ。

-
a.oo.i.
2016.01.30
はじめまして、森川と申します。
襟足の切れ毛ですが、衣服の擦れなどは確かに原因の一つだと思います!
それと寝ているときに擦れている可能性もあると思うので、寝るときは緩く左右どちらかに束ねて寝るのをお勧めします!
あとお客様でも襟足だけいつも短く切れている人がいました、その方は無意識に襟足の毛を触ってしまう癖がありそれが原因になっていました。
なにか思い当たる事があったら改善してみてください(^-^)
久保 鉄平 (クボ テッペイ)
INFINITY
2016.01.29
乾燥させすぎたり逆に乾かしが甘く濡れてたりすると枕でよくこすれる部分です。寝たきりの方はよく襟足に絡みができやすいので特に多い原因です。髪を柔らかくしなやかにするとましになるので、ヘアケア材は惜しまず美容院におすすめのものを使ってください。シャンプーはもちろん洗い流す、洗い流さないトリートメント。あとアイロンやドライヤーでも痛みます。古いものや安いものは特に温度管理ができてません
松岡 政隆 (マツオカ マサタカ)
Pilina
2016.01.29
こんにちは! いろんな美容師さんがお答えしているように様々な原因が考えられるのですが、昔からということなので
、原因となり得る事を一つづつクリアしていくことをオススメしたいのす。まず頭皮の環境を整えて髪の生える・育つ環境を作りましょう!そこから髪の栄養補給、ドライヤーのかけ方、トリートメントの種類など美容師さんと相談しながら決めて見てください!時間はかかるかもしれませんが必ず良くなる方法があるはずです!
フジノ (フジノ/店長)
urupool
2016.01.28
横浜の美容室の者です。
お風呂やシャワーからあがった後はすぐに櫛などでとかして、洗い流さないトリートメントを付け、すぐに乾かしてあげた方がダメージが少ないのと、寝ているときに、摩擦で傷んでしまいやすいです。なので、乾かした後にブラッシングをし、襟足の部分を絡みにくするといいですよ!
参考になればと思います。
-
HAIRS.BLITZ
2016.01.28
違います❗これは、トリートメントとコーミング、ドライヤーのあてかた方です、髪質によって手入れの仕方に違いが出ますが、大抵のの方は少しずつではございますが、良くなります❗
-
gally
2016.01.28
こんにちは

原因は様々と考えられますが、髪が細めの方で人よりも髪の強度が弱い方にこういった傾向がみられます。

ご使用のヘアケア製品の見直しをオススメいたします。
アミノ酸やケラチンタンパク配合のヘアケア製品に切り替えてアウトバストリートメントも使用しましょう!
それでも改善がみれない場合は、一度実際の髪を拝見して明確なアドバイスが必要になるかと思います。
-
L'ange de Fuji
2016.01.28
直接診てみないとなんとも言えません

ご相談内容からここで言える最善の対処法は、シャンプーを使わない洗髪方法だけです

皮脂が髪を保護するのが生理学的に最も効率が良いやり方です

こちらでは書き切れないほど長くなるので、機会があれば直接ご来店下さい
1 2

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

icon-barcharticon-people