お悩みホットライン・トップ

髪・髪型の悩み解決ならお悩みホットライン

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!
EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

お悩みホットライン カテゴリ一覧

お気に入り内の美容室
あなたが最近みた美容室

パーマについて

パーマをかけたいと思っているけど・・・
2016.01.26 - 女性
パーマをかけてみたいなと思っていますが、痛み具合や髪質によっては難しいと聞きますがそれって本当ですか???具体的に聞きたいです!!!
染谷 和郎 (ソメヤ カズオ)
髪工房SHANA
2016.04.04
こんにちは、お答えいたします。パーマは髪の側鎖結合(S-S結合)を薬品で切ってロットで巻いた形状で再結合させることを行っています。ダメージが少なければ髪のタンパク成分も充実しているので、ハリつやなどを感じる扱いやすいパーマがかけられますが、ダメージが深刻な場合、既にタンパク成分の量が不十分のため綺麗なパーマがかからないのです。(ごわつき、枝毛、切れ毛、カールが不安定など)髪質に関してはダメージが少なければ簡単ではないが、対処法はあります。「具体的に!」とありましたので例題をいくつかあげて書きたかったのですが、文字制限のため書けません。以上になります。

-
WINDMILL EXTREME
2016.01.30
個人的な意見ですがお応えさせて頂きたいと思います。
基本的にブリーチや縮毛矯正などをされてる方は、水分量の低下やタンパク変性などの原因で、やらないケースが多いと思います。
黒髪のはかかりますが、綺麗すぎてパーマ剤のどの通り道が内部にないのが原因でかかりにくい場合もたまにございます。
実際はお客様の現状を目で見て触って確認しないことには何とも言えませんが、原因の一つとしては、今回のようなことが考えられるかと思います。
-
HAIRS.BLITZ
2016.01.28
パーマ液によっても異なります、薬品の強さも有りますので気をつけてください、初めてかける新生毛は、さほど、痛みずらいと思います。あまり強くかけなければ大丈夫だと思います
-
gally
2016.01.28
こんにちは

●過去に縮毛矯正やストレートパーマの経緯がある方

●ブリーチやハイトーンのカラーをされている方

●毎日のコテの使用で髪がボロボロになってしまっている状態

などには、理想の柔らかくふんわりとした質感のパーマは難しい事とハイダメージによるリスクがついてきます。
改田謙冶 (カイデンケンジ)
COIFFURE
2016.01.27
傷みが激しくて切れてしまいそうな髪質や、逆に健康過ぎてキューティクルが開きにくくてかかりにくい事もあります。
ですが今は薬剤も美容師も良く勉強していますので、ふつうのパーマやデジタルパーマなど髪質に合わせた技術やパーマ液やトリートメントを駆使すれば大抵の髪にパーマをかけられます。
一度美容師さんに髪質を見せてあげてください!
フジノ (フジノ/店長)
urupool
2016.01.26
横浜市センター南の美容室の者です。
確かに髪質やダメージ具合によって難しい場合があります。髪の毛が多くて硬い髪質の場合キューティクルがしっかりとしているため薬の浸透がしにくくなっています。全くかからなかったという方はこのパターンが多いです。逆に、柔らかくて細い毛のかたの場合、キューティクルが少なく、薬剤の浸透は速いのですが、髪の毛の中のパーマがかかる部分が少なくパーマが出ない恐れがあります。
ダメージに関しても同様に著しく損傷している場合は髪の毛が薬剤に耐え切れない場合があります。
しかし、パーマに関してはほんとにお手入れしやすくなるので、是非美容師さんと相談してみてください。正直、パーマに限らず、カラーもカットも難しい技術です。それでも、希望にお応えするので。美容師としてやっていけますので安心してご相談してみてください。
-
髪結い処 櫟
2016.01.27
お返事遅くなり申し訳ございません。
本当です。
傷みすぎているとかかりません。
剛毛で、ストレートな髪質だとかかりにくいです。
傷んでいる場合はパーマは難しいですが、
剛毛やストレートな髪質なら、デジタルぱーなだとかかると思いますよ。
-
美容室ガイア
2016.01.27
痛みや髪質によって難しいというのは本当です。

硬毛の方や撥水性の髪質、要は水分を弾きやすい髪質の方。このような髪質の方は傷んでなくてもかかりにくい事が多いです。

痛みに関しましては本来髪の毛の中にある中心部分に薬剤が働きパーマがかかるのですが傷んでいると表面のキューティクルが剥がれ本来働きかける部分の栄養素が抜け出てしまいパーマがかかりにくくなるといった状況になります。

そのためにサロンでは前処理、後処理、お客様に適した薬剤を使うのですがそれでも痛みが激しいとお断りさせていただくこともあります。
-
sy's hair
2016.01.27
傷んでいるほどウェーブが綺麗にかかりませんし、毛量が多いほどボリュームが出ますので、ご自分の毛質となりたいスタイルを良くご相談下さい、ストレートの時より手入れは必要になるでしょう。

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

icon-barcharticon-people