お悩みホットライン・トップ

髪・髪型の悩み解決ならお悩みホットライン

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!
EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

お悩みホットライン カテゴリ一覧

お気に入り内の美容室
あなたが最近みた美容室

ダメージ・トリートメントについて

タオルドライ
2016.01.21 - 女性
タオルドライで髪をごしごし拭くのは柔らかくなってるキューティクルを傷つけてしまいそうな気がするのですが、なぜタオルドライが推薦されるのですか?

なるべく摩擦させてしまうのが怖いので、手で搾ってから手櫛で乾かしていますが、これは良くないのでしょうか?

正しい乾かし方と、メリットデメリットを教えて下さい!
染谷 和郎 (ソメヤ カズオ)
髪工房SHANA
2016.04.04
こんにちは、お答えいたします。確かに濡れている髪をタオルで「ごしごし」拭くのは良くありません。しかし同じタオル使用でも優しく髪を包み込んで軽く叩いて水分除去すれば髪の負担も少ないかと思います。推奨理由の1つに手早く乾かせる。それにドライヤーの熱ダメージリスクを軽減できる。などが考えられます。手櫛で乾かしても問題ないかと思いますが、湿ったままおやすみになるとダメージリスクを高めます。文面から察するに「乾かす技法」に心を砕いていらっしゃるようですがそもそもダメージレスの環境下では少々雑に扱っても髪は深刻なダメージに至りません。パーマ、カラー、ドラーヤー、アイロン、コテなどを用いた場合のダメージコントロールが肝になるかと思います。信頼できる美容室でしっかりケアされると心配ないかと思います。ケアの一例を具体的に書きたかったのですが、文字制限のため書けません。以上になります。
-
美容室 REST.
2016.01.21
ご質問ありがとうございます タオルドライで 髪を拭くのは 髪の中に とどめておける水分が 決まってまして 髪が余分な 水を 出してますから 拭き取る必要が あります 濡れた髪は 摩擦に 弱いですから トリートメントなど つけられて 揉むように タオルドライを お勧めします ドライヤーを お使いになられる時は オーバードライに 注意されてくださいね
早坂 兼斗 指名550円 (ハヤサカ ケント)
SHAPE GARDEN horikiri
2016.01.21
タオルドライについてお答えいたします。
タオルドライで髪を拭くのは髪の中にとどめておける水分量が決まっており髪が余分な水をはき出しているので拭き取る必要があります。
濡れた髪のキューティクルがやわらかいのは本当のことですし、濡れた髪が摩擦に弱いのは確かではありますがトリートメントやコンディショナーでその摩擦は軽減されますので揉むようにタオルドライをしてあげるといいです。
長時間のドライヤーでオーバードライに気をつけてください。
-
gally
2016.01.21
こんにちは

タオルドライでゴシゴシは、質問者さまのいうとおり良くないですね。
タオルで水気を十分にとる必要があるのは、やはりドライヤーの時間を短縮するのが髪にも頭皮にとっても、電気代の削減にも良い事です。

水気を取らないで乾かす際に、乾きやすい部分と乾きにくい部分にわかれませんか??

乾きやすい部分はドライヤーの時間に比例してオーバードライになってしまい水分を過剰に飛ばしてしまいます。また髪に静電気が発生する髪にも頭皮にも良くないとされています。

質問者さまは、かなり髪に気を使っているようですので、今までどおりの乾かし方に加えてアウトバストリートメントを使用するといいですね☆
松岡 辰弥 (マツオカ タツヤ)
L'ange de Fuji
2016.01.21
タオルで髪を巻いて(タオルターバン)5分くらいおけば、相談者様の問題は解決します

ちゃんとした説明をするとこちらに収まらないくらい長くなるのでこちらでは割愛しますが、シャンプートリートメントのやり方やドライヤーの使い方も合わせて、髪を傷めないで上手くやる方法があります

機会があれば直接ご相談にいらしてくださいね
-
美容室ガイア
2016.02.19
根元のゴシゴシは特に問題無いと思いますが中間〜毛先はタオルで優しく包みながら軽くタップして水分を吸収するのがいいと思います。

結局、濡れてる時間が1番ダメージしやすいのでいかに効率よく乾かすかがポイントだと思います。

ドライヤーの熱も最小限ですむようにタオルでしっかり水分をとってあげることが大事だと思います。
-
髪結い処 櫟
2016.01.25
お返事遅くなり申し訳ございません。
ゴシゴシと力を入れてふくのは 良くないので注意してください。
タオルドライをする前に髪の水分を取る
これはお風呂から上がる前に、頭を軽く
振ったり、手で水分を払っておいてください。
タオルを頭皮に当てて優しく手もみするような感じで頭皮の水分をとっていってください。
髪の毛の水分をとっていくのですが短髪の場合は頭皮の水分をとっていく段階である程度髪の毛の水分をとっていく事ができますが、女性の場合だと髪の毛が長いので髪の毛をタオルで包み込むようにし両手で挟んで水分をとっていってください。
タオルで十分水分を取り除いてからドライヤーを使って髪の毛を乾かしてください

-
sy's hair
2016.01.21
髪のためと地肌のためにです、何が一番悪いか、ドライヤーの熱です濡れていればそれだけ長い時間あてますのでオーバードライになりやすいです、タオルドライの仕方もまず地肌を吹き上げ、長いのであれば揉みこむようなドライの仕方でされてみてはどうでしょうか。

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

icon-barcharticon-people