お悩みホットライン・トップ

髪・髪型の悩み解決ならお悩みホットライン

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!
EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

お悩みホットライン カテゴリ一覧

お気に入り内の美容室
あなたが最近みた美容室

縮毛矯正について

ブリーチ後の縮毛矯正
2015.12.10 - 女性
こんにちは。

私は八月ごろにブリーチをしました。
くせ毛なので、そろそろ縮毛矯正をしたいと思っているのですが、ブリーチ毛に縮毛矯正をするとチリチリになると聞きます。

美容師さんに聞いたら、ブリーチ毛も大丈夫な縮毛矯正もあると教えていただきました。

具体的にブリーチ毛も大丈夫な縮毛矯正とはどのようなものですか?
ノンアイロンの縮毛矯正などが今はありますが、ノンアイロンならば大丈夫なのでしょうか。

回答頂ければと思います。
-
美容室 REST.
2016.01.18
美容師さんに聞いた縮毛矯正はシス系の薬液を使った物を言っているように思われます。アイロンについては薬液によってですので使わなくてもダメージがある物のあるので注意が必要になります。髪を見ないと施術出来るかわからないので一度御相談ということで美容室に行ってみてはいかがですか!?
木村 友則 (キムラ トモノリ)
BAPOS Hair Salon
2015.12.14
サロンによって異なる場合もあるので一概には言えませんが、アイロンの使用の有無よりも使う薬液の問題です。最近ではブリーチ毛での縮毛矯正のニーズもあるので、メーカーによってはブリーチ毛に対応した縮毛矯正の薬液がでています。ただし、全てのサロンが仕入れているわけではないので、ご予約前に一度確認してみてはいかがですか?
長沼 圭介 (ナガヌマ ケイスケ)
fileve
2015.12.13
こんにちは! 
髪の状態を見てみないと正確な回答は出来ませんが、ノンアイロン矯正でも限界はあると思います。
今後の髪の状態にも影響していきますので、酸性領域~アルカリ領域の幅広い、縮毛矯正をしているサロンで技術のある人にまずは相談をオススメします。
小林 仁 (コバヤシ ヒトシ)
ストロベリーロックス
2015.12.12
ブリーチと言ってもサロンによって使うブリーチ剤も違えば
強さ、抜け方も違います
薬剤によってはブリーチ1回よりも
カラーで重ねて3回、4回染めてる髪の方が
傷んでる場合もあるので1回のブリーチでその後に
縮毛をしたからチリチリになると言うことではないと思います

縮毛矯正の薬剤も強さがそれぞれなので今の髪の状態を見ながら
調節をして薬剤を使うと思うので美容師さんにきちんと履歴を伝えた上で
施術をしてもらえばいいと思います
その際に薬剤を弱くすることで縮毛の掛かりも弱くなることはあるので
癖の強さも関係はしてくるとは思います
ブリーチだけではなく他のカラー、パーマ履歴もあれば
しっかり伝えて相談してみて下さい
-
gally
2015.12.11
こんにちは

基本的にブリーチ毛はハイレベルのダメージがすでに髪に与えられている状態です。

髪の強度の限界を超えてしまうとチリチリのバサバサ。。
酷いとちぎれたり髪が溶けたりしてしまいます。

ごく稀にブリーチ毛でもできる場合もありますが
2週間後の髪の状態はシャンプー毎に深刻になる事は確実です。

かなりのリスクとヘアケアにかかる料金も高くつきますのでオススメはできません。。
フジノ (フジノ/店長)
urupool
2015.12.11
横浜市センター南 ウルプールのフジノと申します。
ブリーチの部分がどのような状態かにもよりますが、ブリーチしている髪の毛は簡単に言いますと、窓が開いた状態になっています。本来であれば窓を開けるためのアルカリが入っていてその際に負担がかかるのですが、アルカリの種類によってかけられるものもあります。アイロンの熱も大事ですが薬やその前後の処理も非常に大事です!
どれほどのクセなどにもよりますが一度美容院に行き美容師さんに相談してみてはいかがでしょうか?
より具体的な答えがでると思います!
参考にしていただければと思います!
MORITA (モリタ)
HAUS
2015.12.10
どの程度のブリーチ毛なのかによりますが適度であれば大丈夫だと思います。
ノンアイロン、ノンアルカリの事ですか?
ノンアイロンだと伸びるのが弱くなりますがチリチリのリスクはなくなりますね。
松岡 辰弥 (マツオカ タツヤ)
L'ange de Fuji
2015.12.10
ブリーチした髪に適した縮毛矯正は、酸性縮毛矯正です

縮毛矯正の得意な美容師の場合はアイロンでもそうじゃなくても問題はありません

ただ、そんなに単純な話ではないので捕捉します

髪がブリーチ毛でも状態さえ悪くなければ、美容師の腕(技術と知識、経験)が良い場合アルカリの縮毛矯正、酸性の縮毛矯正どちらでも大丈夫です

どんなに美容師の腕が良くても、髪の状態が何をしても厳しいと上手くいきません

単純にブリーチした髪には、一番技術的にリスクが少ないのが酸性縮毛矯正です

問題があるとすれば、酸性縮毛矯正はまだ歴史が浅く、習熟している美容師が少ないんです
※担当の美容師が出来なければ酸性縮毛矯正が上手い美容師を紹介してもらって下さい

とにかく、カウンセリングで髪診断をしっかりする美容師に直接相談することをお勧めします
1 2

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

icon-barcharticon-people