お悩みホットライン・トップ

髪・髪型の悩み解決ならお悩みホットライン

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!
EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

お悩みホットライン カテゴリ一覧

お気に入り内の美容室
あなたが最近みた美容室

ダメージ・トリートメントについて

カラー後、縮毛矯正後のサロンでのトリートメントについて
2015.10.08 - 男性
ヘアサロンにもたくさんのトリートメントがあると思います。
値段も安い物から高いものまでピンきりですよね!中にはそんなに種類を扱っていないサロンもありますが。

さて本題なんですが、カラーの後や縮毛矯正の後って美容院ではトリートメントをしない方が良いと聞きます。理由はアルカリが完全に除去できてないので、その状態をトリートメントでコーティングしてしまうと、その後髪に入ったアルカリが出て行かず髪のコンディションは余計に悪くなる...と。
実際の所はどうなんですか?カラー後や縮毛矯正後ってきっとみんなトリートメントをするってのが、一般常識のようになってると思います。現にサロンでの光景もそのように思えます。
そのような施術の後は髪にとってどのようなことに気をつけることが一番良いことですか?
宜しくお願いします
木村 友則 (キムラ トモノリ)
BAPOS Hair Salon
2015.10.25
トリートメントはした方が良いと思います。確かにアルカリが残っていると痛みの原因となりますが、トリートメントはコーティング剤ではないのでしっかり付ける事をオススメします。ちなみにコーティング作用があるのはリンス剤ですね。
村田 諭 (ムラタ サトシ)
hair village
2015.10.17
返答遅くなってしまい申し訳ありません。

ご質問の件です。
カラーパーマ縮毛矯正後のトリートメントは種類によってお勧めできないこともあります。
villageでは、素髪理論を推進しております。
1度素髪にしてからのトリートメントをします。施術後薬品や炭酸泉によるアルカリキャンセルを徹底的にして素髪を作ってからサロントリートメントをやっております。(施術後のお流しが適当なところのサロントリートメントは控えたほうがいいとおもいます)
ご自宅に帰ってからの気をつけることは
シャンプーで素髪を作ってから毎日しっかりトリートメントをすることです。
イシコウ ショウ (イシコウ ショウ)
blomma hair design&care
2015.10.14
縮毛矯正の後、カラーの後はご質問の通り、
あまりサロントリートメントなどでコーティングはしないほうがいいです。理由もご質問の通りです、

縮毛、カラーその後のケアで一番の方法は
施術の際の残留アルカリのケアが一番大事です、
当店ではアルカリオフという商材を使い髪の残留アルカリのケアをしていきます、
一番大事なのは残留アルカリのケアです!
-
KINGDOM 吉祥寺店
2015.10.14
当店では髪のアルカリ除去、アミノ酸補修、水分補給、油分補給、と効果が分かれています。

他のサロン様でどのようなものかわかりませんが、

コーティング系のものならおっしゃる通りだと思います。

何を求めるかで、選ぶトリートメントは変わります。
是非色味と合わせてご相談くださいませ。
-
Miahco
2015.10.13
コメント、ありがとうございます^ ^
僕からの意見ですとカラーとかの後は髪が一番吸収しやすい状態であって、アルカリ残るのは、そのカラー剤だったり、シャンプーの種類や仕方とか色々関係あります、そこを実際のとこで髪質に合わせてやっていくのは一番だと思います、逆にトリートメントしないでそとでたらせっかく綺麗にした髪が悪くなるのが早くなります
宍田 貴範 (シシダ タカノリ)
hair supple
2015.10.11
まず、施術後のトリートメントが
髪に良くないものであれば
取り扱っている美容室はないと
思います。
カラーやパーマは
薬を浸透させるために
表面のキューティクルが開きます。
そして、そのキューティクルが少なからず
傷んでしまうのも事実です。
そこを修復することはもちろんのこと、
本来トリートメントは
髪の毛内部の深層部まで入ってケアをするものになります。
施術後、一週間はかなり毛髪は敏感に
なりますので、その時のケア次第で
その後の傷み具合も大きくかわります。
熊谷 壮太郎 (クマガイ ソウタロウ)
Shell Bear
2015.10.09
こんにちわ

基本トリートメントはコーティングではなく内部補修を行うものなので問題はないと思われます。
アルカリに関してもサロン専門品は日々進化をしていて低アルカリのものやアルカリ剤でも揮発性の高い髪に残りにくいものを使用しているところがほとんどでしょう。

髪は化学ダメージを受けると中に内包している油分や水分、栄養が抜けてしまいます。したがってそれを補うためのトリートメントは必須になるでしょう。
基本として髪はしっかり乾かすが差し合たってできる事だと思われます
-
gally
2015.10.09
こんにちは

縮毛矯正の施術は少なからず髪を傷める事になります。
理想は、アルカリ除去を行い失ったタンパク質などを補うトリートメントを行う事になります。

各サロンにより様々な考え方があると思いますが、
髪を傷めた後は補わないとですね。
-
PEEK-A-BOO 表参道
2015.10.08
サロンにもよると思いますが、基本はアルカリ除去(PHコントロール)をしてからトリートメントをするのが通常だと思います。
PHコントロール(アルカリ除去)をしっかりしておくといい所がいくつかあります。
一つ目はカラー、パーマのキシみがなくなります。
二つ目はカラー、パーマの持ちがよくなり、残留アルカリを取り除く事でカラー剤、パーマ剤の独特な香りがなくなります。
三つ目は頭皮がいつも赤くなったり、かゆくなったりする方はそれがなくなる場合もあります。
ちなみに当店では、炭酸泉やアルカリ除去の泡のフォームを使った後にトリートメントの施術をするようにしています。
そうする事でカラー、パーマの持ちもよくなりトリートメントもしっかり効きますよ!
もし気になるようでしたら、是非お問い合わせください^ - ^

ピークアブーオリンピア店
シニアスタイリスト 水舟勝己
1 2

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

icon-barcharticon-people