お悩みホットライン・トップ

髪・髪型の悩み解決ならお悩みホットライン

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!
EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

お悩みホットライン カテゴリ一覧

お気に入り内の美容室
あなたが最近みた美容室

カラーについて

黒染め後のカラーについてです。
2015.02.28 - 女性
昨年11月にバイトの都合で黒染めをしたのですが、また髪を明るくしたいと思っています。

脱染剤(除染剤)を使用した後、さらにブリーチをすればかなり明るくすることは可能でしょうか。
黒染めする以前はほぼ金に近い髪色でした。

ある程度のダメージは覚悟しています。

またダメージの少ない脱染剤(除染剤)やブリーチのできるお店があれば是非教えていただきたいです。よろしくおねがいします。
横徳 憲史 (ヨコエ ケンジ)
VISAGE genuine
2015.03.19
こんににちは
黒染めした髪を明るく戻すにはブリーチをすれば明るく出来ますがブリーチをしたただけでは希望の色にはならないのでブリーチ後にもう一度カラーが必要です。
「黒染めする以前はほぼ金に近い髪色でした。」ということでしたら、黒染め直後よりはかなり明るくなってきていればブリーチを使い短時間で明るくできるので髪への負担は多少軽減します。
かなり黒いままだと明るくするのに「時間・回数」がかかり負担は大きくなります。

ブリーチでダメージの少ない「もの」はありませんが、質問者様の髪質をみて「ダメージが最小限の方法」を考えてくれる美容師さんに見てもらう事が綺麗な明るい髪色(※ダメージは覚悟してください)に戻る一番の方法です。
松葉 達也 (マツバ タツヤ)
ヘアメイク マハナ
2015.03.09
初めまして、こんにちは!
ヘアメイク「マハナ」の松葉と申します。
残念ながら、黒染めの後に明るくするのは1回では難しいと思います。(´Д` )
黒染めは中々手強いので、赤みが残ります。
何度かブリーチをすると赤みはとれていきますが、ダメージが少ないブリーチ剤は無いので、ブリーチの度に栄養分を補充して、最後にトリートメントで馴染ませる事をオススメします。
ブリーチ後に赤みが残っても、赤みを抑える明るめのカラーをすると、綺麗に染まると思いますよ( ^ω^ )
木村 圭吾 (キムラ ケイゴ)
Cloud9 for hair 
2015.03.03
茅ヶ崎市のCloud9 for hair 木村です。 ブリーチすのであれば、脱染剤は必要性は全くないですよ。また脱染剤やブリーでダメージが少ないとかはありません。どんな薬の種類でも色を抜くのに理論は同じですので、ダメージを少なくは技術によるかもです。ダメージを少なくというより、大体がトリートメントを進められるのではないでしょうか?
江幡 奈津美 (エバタ ナツミ)
Wiz 富里店
2015.03.02
こんにちは!WIZのエバタです!
髪の状態を見させて頂いてからの詳しい判断にはなってしまうのですが、髪によって明るくすることは可能です。施術時心配なポイントは

・毛先に黒染めの色素が沈着してしまい、脱色しきれない
・ダメージ過多、切れ毛

色素が沈着していると黒染めが抜けず、新しい色が入りずらく、ブリーチ・脱染を繰り返すとダメージが増し新たな色が定着してくれません。
WIZでは、全体に施術する前にワンポイントで無料のテストを行い、カラー前の栄養剤もフリー提供しております。数あるカラー剤の中からお客様に合った色を選んで頂き、一緒にお悩みを解決しましょう!
-
Lilou by Frames 川口店
2015.03.02
こんにちは。
脱線である程度黒染め部分を抜いてから
ブリーチを重ねれば明るくはなると思いますが
一度髪の状態を見ないとわからない部分もあります。
ブリーチをする時点でダメージは負ってしまうと思います。
-
-
2015.03.11
こんにちは☆ 黒染めをどれくらい濃く染めたかによります。 脱染剤&ブリーチで今よりは明るくなると思いますが、どこまで色が抜けてくれるかは、分かりません。

一度、美容室で、カラーテスト(一部分だけ先に染めて様子を見る)をして、担当者様とご相談するのが一番ですよ。

脱染剤(除染剤)やブリーチは、やはりある程度、ダメージは覚悟しないといけませんね泣
-
RIDE hair
2015.03.05
やはりブリーチとなりますね。その中でもダメージはなるべく軽減して行います。
-
RIDE hair
2015.03.05
やはりブリーチですね。なるべくダメージはけいげんできますよ!
-
-
2015.03.05
黒染め後はなかなかブリーチをしても明るくなりにくいです。
繰り返せばできますがダメージが大きいですよ。
-
aria 新根塚店
2015.03.05
こんにちは!詳しいです~!カラー剤の種類で、脱染剤(カラー剤などの色味だけを除去するもの)と、脱色、脱染剤(簡単に言うとブリーチ剤)があり、脱染剤の方は、ノンダメージの物と、そうでないものが当店ではありますが、ノンダメージといっていいものは、少しだけ料金が上がります。ですから、そのような方が多いのでほとんどの方が後者の方を選ばれますが、明らかにブリーチよりは痛みはないですよ!

希望の明度まで脱線を行い、その後上からカラーを塗布して、理想を言うなら、その後ケアメニューでもしていただければ、痛みはさほど気になりませんよ!

ただし、色を取って、またカラーリングを行うので、料金は、すこしかさみますが・・・!!
1 2

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

icon-barcharticon-people