お悩みホットライン・トップ

髪・髪型の悩み解決ならお悩みホットライン

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!
EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

お悩みホットライン カテゴリ一覧

お気に入り内の美容室
あなたが最近みた美容室

カラーについて

赤茶色から黄色っぽい茶色にしたい
2014.07.29 - 女性
こんにちは。

現在私の髪色は赤茶色です。
光によってはオレンジ。

この髪色から黄色っぽい茶色に
するにはどうしたらいいんでしょうか。
一度ブリーチしてから希望の色の
ヘアカラー剤でそめるのが一番なのでしょうか。。
調べたところマット系で染めると赤みが
抑えられるとのことだったのですが
今現在の赤茶色にマット系のカラー剤で
染めて黄色っぽい茶色になるのでしょうか。

わがまま多くて申し訳ございません。
-
gally
2014.07.31
こんにちは

答えは、メラニン色素をどの程度脱色してカラーを重ねれば希望の色味になるかどうかになります。
希望されている色味がブリーチによる脱色が必要なければブリーチ無しで問題はありません。
求める色味とご自身の色素次第になりますので、依頼をするサロンの担当さんとよく話し合って決めましょう!
-
Loris hair design
2014.07.30
赤みの強い方は、ブリーチしてからカラーリングをされる方が、お勧めです。 そのままカラーされるのでしたら 赤みが残ってオレンジになったり、マットを入れても 褐色(レンガ色)になることを覚悟してやるべきでしょう。
-
-
2014.08.17
見てみないとわかりませんが確かに赤味を抑えるのにマットを使います
-
Reverie ZENKO&kids アリオ
2014.08.08
ブリーチすればまちがいないです。
今現在の赤みの状態と、希望される黄色っぽい茶色に関しては実際にみて見ないと、それ以外の選択肢をおすすめする事ができません。
ありきたりの答えではありますが参考にしてみてください。
-
AERI
2014.08.03
確かにマット系で染めると赤味は消せます。
ちゃんとした美容室ならご希望の色にできると思います。ただ、ご存知かもしれないですが、市販のカラー剤はおススメできません。
理由は2つありまして、まず知識と技術がない素人が染めるという事になるので、失敗してしまう可能性が高くなります。
もう一つは、市販用のカラー剤は美容室のカラー剤より、地肌や髪の毛に対してかなりよくないです。(傷んでしまう)
ですので、一番いいのはちゃんとした美容室でその旨を伝えて施術してもらう事をおすすめいたします。(あまり安売りしているサロンや、カラー料金が極端に安いサロンはやめておいた方がいいと思います)
-
銀座LABO 亀戸店
2014.08.02
こんにちは!
確かにマットを使用すると赤味が抑えられますが、黄色味にはなりません。恐らくはオレンジ味が抑えられる程度だと考えるのが妥当でしょう。しかし何回かにわけてする方法もありますが時間がかかります。早くというのであればブリーチですがその分のダメージになることを理解してください。
-
beauty:beast 西宮北口店
2014.08.02
色相環というのがあって、反対色を使うと色が打ち消されます。赤の反対が緑なので、マット系でカラーをすると基本的には赤味を抑えることができます。反対色でそめた場合、仕上がりは、使ったカラー剤の色になるか、ブラウン系にそまります。

黄色にしたい場合、通常黄色のヘアカラー剤を使います。
ブリーチを使うと黄色になりますが、所謂金髪系イエローです。
そこまで明るくしてから黄色系カラーを使えばもちろん黄色になりますが、明るすぎることが懸念されます。

オーダー内容がなかなか条件の難しいものなので、希望をきちっと美容師に伝えて、まかせてやってもらうのがベストだと思います。素人考えでやると、希望とは全く違った仕上がりになってしまいそうです。
オーダーの時は、まず見本のカラー写真を持っていくと伝わりやすいですよ。
-
Tetote
2014.08.01
こんにちは。調べられた通りマット系で染めると赤味は抑えられますが、これはセルフでカラーされるのでしょうか?
セルフでしたら、赤系にマット入れて黄色味に持って行くのは理論的に合ってはいますが、セルフだと果たしてそうなるか?と言われると大丈夫ですとは言えません。サロンで染められるなら美容師さんが毛髪診断して出来る限り黄色味には持って行ってくれるとは思います。
ちなみにブリーチですと黒染めの赤みで無い限り黄色くなりますが脱色は早いので最初は金髪っぽくなりやすいのでそれを念頭に入れてからして下さいね。
-
イクワノクス
2014.07.31
髪には明るくすることで「赤み」が強くでる「黄色み」が強く出るこのフタパターンに分かれます。違いは【髪の太さ】に関係しております。毛が太いと明るくするとオレンジっぽい色になります。これは元々色素が褐色なのが原因です。

黄色くする方法はまずブリーチで約2回ほど髪の色素を抜きます。そのあと「ブルーアッシュ」で色を付けていきます。
ブルーと言っても青になるわけではなく元々の色素オレンジをブルーの補色で打ち消す為に使います。

ただブリーチを均等に塗るのはプロでも難しいです。最初の一回は是非美容室ですることをおすすめしますよ。
1 2

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

icon-barcharticon-people