お悩みホットライン・トップ

髪・髪型の悩み解決ならお悩みホットライン

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!
EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

お悩みホットライン カテゴリ一覧

お気に入り内の美容室
あなたが最近みた美容室

ヘアスタイルについて

お願いします
2012.05.25 - 女性
前回質問したものですが
縮毛矯正をして貰って
今広がっているところをアイロンをかけて戻しています
それも広がった原因になるのでしょうか?
あと自分でコテやウェーブアイロンを使って巻いたりしては
いけませんか?
-
hair design&care RieTom
2012.05.30
繰り返し熱を加えると髪のダメージにつながります。ダメージが起きると広がりの原因にもなりますよ~。アイロンやコテなどを使うときは、必ず熱保護材などをご利用くださいねぇ~。
少しでもダメージを防ぎながらだと巻いたりしても良いかと思います。
-
MILLENNIUM・NEW YORK 西荻窪店
2012.05.26
こんにちは
アイロンは毎日はよくないです。広がる原因です。
髪が死んでしまいます。実際に髪を見ないとなんともいえませんが、たぶん
とても、ダメージが出やすい状態です。
縮正はなるべく低温でかけられる所を
お勧めします。最初の薬もつけた時も短時間で
流さないとダメージが残りやすいので美容師さん
と良くご相談してくださいね。
とてもかかりやすいので気を付けてください。

ミレニアムNY西荻窪店   小林
-
MILLENNIUM・NEW YORK 西荻窪店
2012.05.26
こんにちは
アイロンは毎日はよくないです。
髪がパサ付き、コテやウェーブアイロンも同様です。死んでしまいます。実際に髪を見ないとなんともいえませんが、たぶん
とても、ダメージが出やすい状態です。
縮正はなるべく低温でかけられる所を
お勧めします。最初の薬もつけた時も短時間で
流さないとダメージが残りやすいので美容師さん
と良くご相談してくださいね。
とてもかかりやすいので気を付けてください。


ミレニアムNY西荻窪店   小林
-
gally
2012.05.25
こんばんは

広がりの原因は様々になります。単に癖が伸びていない施術ミスですが原因の場合、施術を行ったサロンへ質問などをしてみましょう!実際に担当者がカウンセリングでの話し合いや施術前の髪質を把握しているはずです。

健康毛でしたらいいですが、ダメージが進行している髪にコテやアイロンを使う事は避けたい行為ですね。
-
ALICe by afloat
2012.05.29
アイロンも毎日かけたり、かけすぎたりしますと、髪がダメージをしてパサついて、広がりの原因になります。
アイロン前には洗い流さないトリートメントをして髪を保護してあげてください。
コテを使用しても大丈夫ですが、例えば毎日ではなく特別なお出かけをする日に使用してみてはいかがでしょうか?
-
lamp hair
2012.05.28
ドライアーの前に洗い流さないトリートメントなどをつけて乾かしましょう☆アイロンの熱から髪を守ってくれますよ☆
しっかりと髪を乾かしてから巻けば、そこまでダメージの原因にはならないと思います☆
-
total beauty hair OHI
2012.05.28
ご質問ありがとうございます。
広がりを気にされる髪の毛の状態は乾燥されてはいませんか?
頻繁に、アイロン・コテなどご使用になりますと乾燥し広がりの原因になってしまいます。
-
total beauty hair R
2012.05.28
ご質問ありがとうございます。
毎日のアイロンでダメージを受けてしまい毛先が乾燥し、広がりの原因になってしまったのではないかと考えられます。
コテ、ウェーブアイロンなどでも熱を使ってのるのでダメージを受けてしまったと考えられます。

次回縮毛矯正をされる時には、トリートメントなどで毛先をケアしながらされる事をお勧めいたします。
-
hair make Ciel
2012.05.27
もともと広っがてしまうのは縮毛矯正の失敗なので、アイロンをかけて戻しているのは広がる原因ではないと思いますよ!
でもアイロンの熱によるダメージはあると思いますのでアイロンの温度に気をつけて下さい。 
ストレートorウェーブアイロンやコテを使う際は、しっかりとアイロンの熱から髪を守るトリートメントなどをつけてから巻いたほうがいいですよ。
-
-
2012.05.27
アイロンをかけたからといって、広がりやすくはならないです。もし縮毛矯正をした後にまだひろがるのであれば、かけ直しをしたほうがよろしいかとおもいます。コテやウェーブアイロンを使って巻くのは全然大丈夫ですが、高熱をあてるということですので、ダメージを抑えるためにも、トリートメントはしっかりしてくださいね。
1 2

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

icon-barcharticon-people