お悩みホットライン・トップ

髪・髪型の悩み解決ならお悩みホットライン

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!
EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

お悩みホットライン カテゴリ一覧

お気に入り内の美容室
あなたが最近みた美容室

ダメージ・トリートメントについて

ダメージ・トリートメントについてのお悩み
2009.02.17 - 女性
縮毛矯正とカラーをしています。
縮毛矯正をしてから2週間あけて、カラーをしているのですが、やはりダメージがあります。
以前、美容師の方に内部補修のトリートメントを勧められのですが、この手のトリートメントの方が、ダメージに効くのでしょうか?
-
People 橋本
2009.02.20
こんにちは!返信遅くなりましてすみませんでした。はい内部補修のトリートメントが効果的です。お店でトリートメントをやったからといって完全に良くなるわけではありません、それのほかにしっかりとしたホームケア(流さないトリートメントなど)をお勧めします。伊藤
-
-
2009.02.19
Agee代官山のスタイリストの赤塚です。
一言に内部補修といってもトリートメントによって色々その効果が違ったりします。
うちのサロンではケラスターゼの内部補修トリートメントビタセメントがやはりおすすめです。
縮毛矯正の持ちも良くなりますし、枝毛も三分の一にカットできます。
組み合わせのトリートメントでヘッドスパというメニューだと地肌から改善できますのでダメージを気にしてる方にはおすすめしています。
他に疑問などございましたらいつでもご連絡ください。
-
Bellene 各務原店
2009.02.19
お悩みホットラインのご利用ありがとうございます。

内部補修のトリートメントですが、施術の繰り返しによるダメージには必要不可欠かとおもいます。

傷んだキューティクルを保護して髪の内部成分を補充することで、弱った髪を繰り返しの施術に耐えられる強い髪の状態に近づけることができます。

ただ、内部補修トリートメントだけで完全にダメージを修復することはできません。
髪をより良くするためには施術後のトリートメントや洗い流さないトリートメント、さらにご自宅での正しいケアが必要です。

当店では、内部補修トリートメントを施術前に行うことをお勧めし、さらにアフタートリートメント、ご自宅用のトリートメントやケア方法も、髪の状態をみて合うものをお勧めさせていただいております。

ぜひ一度、ご相談下さい。
この度はありがとうございました。
-
cookie駅前店
2009.02.19
縮毛矯正とカラーですと、だいぶダメージしますので、トリートメントは、必要だと思います。
外部のみ補修しても内部に栄養分が無ければ、意味がないので、まずは、内部補修が、必要だと思います。
-
-
2009.02.19
こんにちは!はじめまして★簡単にお答えします。
縮毛矯正をしている髪は、熱作用により髪の内部構造が崩れ水分の通り道が劣化してしまうことにより、毛髪内に水分が保持されず髪が硬くなっている状態になります。
そのような場合は美容師さんがおすすめする内部補修(髪の内部に水分と栄養をいれる)のトリートメントは効果的だと思います。表面の手触りだけをよくするトリートメントよりは髪そのものを補修するのでいいと思います。
あとは毛先のダメージを考慮して矯正とカラーをされる場合、どちらかを根元だけにすることもおすすめします。
ご参考になれば幸いです。
ぜひお電話でもお問い合わせください★
       ★Neolive com★
-
Quaint Hair Dressing Room
2009.02.19
断然良いと思います。一度で状態が良くなるものは、
コーティング剤などが使われていることが多く、その後のカラーやパーマなどの支障にも関わる事もあると思いますよ。
-
Coo
2009.02.19
縮毛とカラーの履歴から考えると毛髪内部の栄養の流出が考えられますので内部補修のトリートメントは欠かせなくなってくると思います。
縮毛とカラーの施術の時にもトリートメントをしながらのほうがいいと思います。
-
CAROL・21
2009.02.19
実質、内部補修が本当にできるトリートメントであれば効果は出ると思います。ところが現在使われている一般的なトリートメントではシリコンで外側を覆い、内部はスカスカというのが大半です。当店で施術しておりますM3Dトリートメントであれば内部補修を促して髪にツヤとコシを与えてくれます。是非考えてみてください。
-
ヘアメイク アース 中野店
2009.02.19
確かに内部補修のトリートメントがおすすめです。失ったタンパク質を補充することで髪はよみがえります。しかし自然乾燥をすることであっという間にトリートメントは落ちます!ご自身でもトリートメントをしていただき、乾かす前には洗い流さないトリートメントもつけて乾かしてください!
-
St. LAMP
2009.02.18
同日に施術するよりは日にちを開けていただいたほうがダメージは少ないです。しかし、日にちを開けても施術を繰り返すと髪の劣化は起こります。
特に縮毛矯正は熱処理を行うため髪のたんぱく質が変性します。通常のトリートメントは主にシリコンを使ったコーティング系のトリートメントです。手触りを良くするのにはいいですが、内部補修には向きません。
内部補修のトリートメントを薦められたのはそういったところからです。ただどんなに高価で高性能なトリートメントでもイオン吸着という性質上1ヶ月が持続期限だと思って下さい。
カラーと矯正を繰りお返しされているのであれば、コラーゲンやケラチン、NMF、ヒアルロン酸、セラミドなどの内部補修のトリートメントとコーティング系のトリートメントの併用をおススメします。
1 2 3 4

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

icon-barcharticon-people