お悩みホットライン・トップ

髪・髪型の悩み解決ならお悩みホットライン

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!
EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

お悩みホットライン カテゴリ一覧

検討フォルダ内の美容室
あなたが最近みた美容室

パーマについて

ふんわりエーライン
2010.10.07 - 女性
顎上・顎あたりでふんわり広がって内巻きに少しだけおさまるようなAラインの髪型にしたいのですが
大分梳かれていて、パーマなしにはふんわりしないので
耳下毛先あたりにパーマをかけようと思うのですが
どんな風にかけたら良いでしょうか?
現状は、ちょっとレイヤーがはいっていて、何もしないでいると柔らかい◇みたいな形です。

それをAラインにしつつ、艶や滑らかさをのこせるようなパーマのかたち、教えてください
-
cleep
2010.10.10
こんにちは。原宿のcleepです。
ご希望のヘアスタイルですが、ふんわりAラインのスタイルが目標であれば、まずは毛先の厚みが必要です。
少し伸ばしてから、毛先に厚みを残すようにカットをして、レイヤーの段を少なくしてから毛先ワンカールの柔らかいパーマをかけることをオススメします♪
毛先が軽く梳かれている状態だと、柔らかいワンカールのパーマをかけてもふんわりAラインのボリューム感を出すのは難しいです。
パーマをかける前の土台(カットスタイル)をまず整えることが、理想のスタイルになるための一番の方法だと思います♪
あくまで文章上で今の髪の状態を想像しての意見なので、必ずしもそうとは言い切れませんが、
目標のふんわりAラインになるために、まずはちょっとだけガマンして伸ばしてみてはいかがでしょうか♪

cleep WADA
-
AFAN Riche
2010.10.07
初めまして
AFAN Riche三好と申します。よろしくお願いします。

まずはどのくらいレイヤーが入っているかによると思います。
ひし形になるようでしたらそれなりに段が入っていると思われますので表面の毛先などにパーマをかけてしまうと余計にボリュームが出てしまいます。
現状では下の毛先だけパーマをかけるか、一番いいのはトップの毛が伸びてきてからのパーマがベストだと思います。
-
gally
2010.10.07
こんにちは
毛先の厚みがないとパーマをかけてもしっかりブローしないと内にはいりません

まずは毛先にどのくらい厚みがあるのかですね

ない場合は少し伸ばして厚みがでましたらレイヤーはいれずにグラデーションにカットしかけるといいですね

スカスカの髪にパーマをかけてもいいことはありません

参考にしてください
-
Atelier ash祖師谷大蔵
2010.10.20
ご質問ありがとうございます。Aラインにしたいのであれば段は少ない方がいいですね。パーマのかけ方も色々あるので一概には言えませんが平巻きでだしたい所まで巻くのが良いのではないでしょうか。回転数は二回転巻かないくらいです。
-
-
2010.10.12
毛先が薄い状態でしたら、下にボリュームを出す為にも長さは切った方がいいと思います!厚みを作ると内巻きワンカールもしやすいですよっ!
-
-
2010.10.11
毛先にしっかりカールをつければAラインに近づくのではないでしょうか。すでにひし形なので余り高い位置にパーマがかかると膨らみすぎると思いますよ^^
-
UNBRAS
2010.10.11
ボブスタイルに 1カールパーマにしてみてはいかがでしょうか?
-
-
2010.10.11
Aラインでのパーマはカットで決まるものなので・・・
一度見てみないとどの美容師さんもなかなかこたえれないかもです・・・・
avenueではAラインを得意としてますので是非☆
-
-
2010.10.10
こんにちわ。東京都渋谷SAVOIAです。
もしかしたら、もう少し伸ばさないと難しいかも知れません。トップの髪を伸ばせばAラインになります。
ただ確認してみないと確かなことが言えません。
ご了承ください。

HAIR SALON SAVOIA  03-3780-7020
-
-
2010.10.08
こんにちは☆

まさにおっしゃる通りです!耳下の毛先のみ、出来ればCカールのみ
艶感残すのならそれ以上はしないほうが良いかと思います

でもあくまでも理想は段を減らしてパーマなしでもウェイトの低い状態に、パーマで内巻きカールをプラスすることです

ご自身の髪の毛をしっかり把握出来ていると思うので、そのまま希望を伝えてみてください☆
1 2

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

icon-barcharticon-people