お悩みホットライン・トップ

髪・髪型の悩み解決ならお悩みホットライン

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!
EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

お悩みホットライン カテゴリ一覧

お気に入り内の美容室
あなたが最近みた美容室

カラーについて

ホームカラー
2010.09.30 - 女性
ホームカラーって結構痛むものなんですか?美容室で染めてもらうのとの違いが知りたいです。
-
atelier Chako
2010.10.01
ホームカラーのメリットは自宅で安く染められるということですが、デメリットといえば時間を置きすぎたり、毛髪の健康状態がわからず染めてしまうとダメージにつながってしまうということですが、美容室でそめるというメリットは毛髪の健康状態のカウンセリングと毛髪状態の処置を美容師に任せられという点があります
-
keep hair design
2010.09.30
ホームカラーの場合、どんなお客様でも染まるように、アルカリ剤がかなり大量に入っている可能性があります。他にもジアミン色素といってカラーの色味の部分ですが、こちらも多すぎるときしみやダメージの原因になります。
後は塗り方も個人差があるとはありますがかなり影響していきます。根元の新生毛のみを染めるお薬なのに、毛先についてしまった場合など、かなりその部分はパサつきの原因になります。
ヘアーサロンはその辺は塗り方も、お薬事態もしっかり毛髪によって的確に分けて行いますので、繰り返しの施術の時に大きな違いが出てくると思います。http://www.keep-j.com/
-
gally
2010.09.30
こんにちは
市販品のカラー剤は、カラーをしていない髪を元につくられています
トリートメント配合など記載がありますが強い薬剤となります

一度カラーを行った髪は脱色されますので
市販品で施術すると傷みますし、思ったカラーには仕上がらないケースがあります

あとはカラーの色味、製品の特徴をよく理解してから行ってください

宜しくお願いいたします
-
-
2010.10.17
ホームカラーだと痛むというより塗り方によって表面に付きやすかったり縫ってる間に時間を起きすぎていたりするので家庭でやる方が痛みが多くなりやすいと思います。
成分自体は極端な差はないと思います。
-
Baton HAIR
2010.10.08
はじめまして、バトンヘアーです。

ホームカラーと美容室の染めた時の違いはまず、薬の強さが違います。ホームカラー用は強く、サロン用は強弱をお客様の状態を見て調整します。
後は前、中、後処理のトリートメントを込みでしてもらえるサロンなら、カラー後の色持ちや質感、ダメージ具合などが大きく変わってくるので、サロンでのカラーをおススメしますよ。

ご参考にしてみて下さい。

-
-
2010.10.05
ホームカラ―が悪いと思いませんが1つの薬で根元から毛先まで染めることは美容室ではあまりしません。髪のダメージの状態で薬を変えたり時間を調整したりします。ホームカラ―では同じようにできないとおまいます。
-
beauty&relief URBANE
2010.10.04
健康毛(カラーやパーマをしていない髪)にホームカラーだとまだましです。
ただ痛んだ髪にカラーするのでしたら美容室では栄養分を入れたりお薬の強さを調節できるのですが、ホームカラーは調節できず健康な髪でもしっかり染まるように強めなので、すごく負担がかかります。。
一度痛んでしまうと元にわもどりませんので美容室が安心だと思います。
             アーベイン  アリミツ
-
-
2010.10.04
美容室では、髪質やダメージに合わせて薬剤を作りますので、カラーでのダメージは最小限に抑える事がます。ホームカラーは思い通りの色にならなかったり、色ムラができてしまうので、美容室でして頂いた方がいいと思います。
-
Cut Salon BEAR
2010.10.03
色とアルカリの強さは一緒ですが、トリートメントが配合されてるのと、退色におおきな違いがあります。
-
-
2010.10.03
ホームカラーと美容室のとではまず、薬剤自体がちがいます。
毛髪に入る色の分量や入り方など違いがあり、ダメージ度も違いがあります。
1 2 3

スタイリストさんに直接聞きづらい疑問や不安もスッキリ解決!EPARKビューティーの会員ならいつでもどこでも髪の専門家に相談できちゃいます♪

icon-barcharticon-people