お風呂に入りながらできちゃう♪♪セルフヘッドスパのやり方

「ヘッドスパ」をするには、美容院で高いお金を払わなければいけないと思っていませんか? 実は入浴中に簡単にできてしまいます。今回はお風呂で簡単にできるヘッドスパの方法をご紹介します。

ヘッドスパとは?

髪の毛をカットしに美容室へ行ったときに、美容師さんからヘッドスパを勧められた経験はありませんか? 美容師やエステティシャンが行うイメージがあるかもしれませんが、自宅でも簡単にできる方法もあります。

ヘッドスパを行うと、頭をほぐして血行をよくするため、頭皮の環境がよくなることで頭皮を健康に保つことができ、美しいツヤ髪を期待できます。

さらに、頭をマッサージすることでリフレッシュもでき、皮ふを引き上げるマッサージを行うと表情のリフトアップも夢ではありません。ヘッドスパは、頭皮はもちろん髪の毛や顔、心にもいい効果が期待できると言えます。

ヘッドスパはいつ行うのが効果的か

先述の通り、ヘッドスパは血行をよくすることで頭皮によい影響があると考えられます。したがって、家庭で行う場合は、血行がよくなりやすい入浴時にとり入れると無理なく行うことができるでしょう。もっと効果的に行いたいなら、入浴前にストレッチをしたり、運動後にお風呂に入ると効果的です。

また、シャンプー時にも言えることですが、ブラシで軽くブラッシングをしておくと、髪の毛が絡まりにくくなるとともに余分な皮脂を浮かせることができ、血行を促します。

入浴時にヘッドスパを行う方法その1

それではヘッドスパの方法をご紹介します。事前にブラッシングし、タオル、ヘアキャップ、頭皮用のクレンジング、頭皮用オイルを用意します。

1 頭皮用クレンジングを塗布する

乾いた頭皮に頭皮用クレンジングを塗布します。その時、頭皮全体に液が行き渡るように指でなじませます。

2 マッサージする

両方の指を使います。手を適度に広げ、おでこの生え際から頭頂部に向かって、指の腹でジグザグとクレンジングを摺りこみます。「痛気持ちいい」程度の力を指にこめるとよいでしょう。

続けて、同じように手を広げて、両方の側頭部から頭頂部へ向かってジグザグとマッサージしていきます。その後、えり足から頭頂部へ向かってマッサージをします。

入浴時にヘッドスパを行う方法その2

3 蒸す

マッサージができたら蒸しタオルで2~3分頭を包みます。この間に湯船に浸かってもかまいません。

4 シャンプー、トリートメントを行う

蒸しタオルを外し、いつも通りにシャンプーを行います。トリートメント時は再び蒸しタオルで約5分間、頭を包みましょう。

5 頭皮用オイルで仕上げ

手のひらに1、2滴程度のオイルを少量広げ、手のひらを合わせて温めてからマッサージするように地肌になじませていきます。

入浴時に行えば待っている時間に身体を洗ったりお風呂に浸かったりできるため、無駄がありません。マッサージは爪を立てないように、指の腹を使って行いましょう。