大人気!ヘッドスパで得られる5つの効果

今やヘアサロンの定番メニューとなりつつあるヘッドスパ。「スパ」という言葉の由来はヨーロッパの温泉地にある美容や健康のための療養地のことで、ヘッドスパとは頭皮と髪を集中的にトリートメントすることをいいます。内容は各ヘアサロンによって違いますが、マッサージやディープクレンジングを組み合わせて、自分ではできないような贅沢なヘアケアを体験することができるという点では共通しています。

これだけでも、ヘッドスパの気持ちよさは十分想像していただけたのではないかと思いますが、具体的にはどのような効果が得られるのでしょうか。ここでは、ヘッドスパで得られる効果を5つピックアップしてご紹介します。

ディープなリラックスで肩や首のコリも解消

ヘアサロンで美容師さんにしてもらうシャンプーが嫌いな方はきっといないと思います。あのリラックス効果をさらに高めたのがヘッドスパ。ゆったり施術を受けているだけでも気持ちいいですが、頭をしっかりマッサージしてもらうことで、首や肩のこり、目の疲れもすっきり。ストレスで重くなった頭がリフレッシュされて、また明日からがんばろうと思える活力をもらえるはずです。

地肌に蓄積した汚れをすっきりクレンジング

「毎日シャンプーしているのに、まだ汚れが残っているなんてことがあるの?」と思われる方もいるかもしれません。けれども、毎日顔を洗っていても、毛穴に汚れがたまってしまうことがあるように、頭皮の毛穴にも汚れはどうしても蓄積してしまいます。だったらもっと洗浄力の強いシャンプーを使えばいいのではと思われるかもしれませんが、そうなると今度は「洗いすぎ」で頭皮と髪がダメージを受けてしまうことになります。

ヘッドスパでは洗浄剤の強さに頼るのではなく、機械による水流の調整や、ヘッドブラシ、シャンプーのテクニックなどによって、地肌に残っていた汚れもすっきり取り除いてもらえます。

髪を強く太く美しく

とはいえ、トリートメントとコンディショナーについて、例えば「油分何%以上がトリートメント」というように法律で決まっているわけではありません。ですから、トリートメントとつけるか、コンディショナーとつけるかはメーカーの考え1つということになります。コンディショナーとなっていてもトリートメント兼用だったり、トリートメントとなっていても比較的使い心地はライトだったりすることもあるわけです。

ヘアケア製品を選ぶ時には、名前だけで判断するのではなく、成分を確認してから購入するとよいでしょう。

髪の状態によって使い分けを

髪は、毛根の毛母細胞が活発に分裂を繰り返すことによって成長します。細胞が活動するために必要なものはもちろん栄養。栄養を毛根に届けるのは血液です。

ヘッドスパは必ずしも栄養を補給する「トリートメント」がメニューに含まれているとは限りません。ヘッドスパが目指しているのは、一時的な栄養補給ではなく、もっと根本的な髪の土壌作り。ハンドマッサージや水流、炭酸などの力を使って頭皮の血行をよくすることによって、健康な美しい髪が生えてくる環境を整えてくれるのです。

抜け毛を予防する

毛穴のクレンジングと血行促進は、そのまま育毛にもつながります。育毛といっても、忙しい毎日では、なかなか手が回らないとい方も少なくないのではないでしょうか。育毛剤をつけるのもいいのですが、頭皮環境が悪いところに育毛剤をいくらプラスしても、浸透しにくいという落とし穴もあります。ヘッドスパで頭皮をしっかりケアした上で使うと良いでしょう。

顔のしわやたるみのケアにも

最後にこちら。意外に気づいていない方が多いのですが、顔と頭皮はひとつづきです。ですから、いくらフェイスケアに力をいれていても、頭皮のエイジングが進んでしまえば、一緒に顔の皮膚も老化してしまう可能性が。特にしわとたるみは、頭皮をしっかりケアすることで、5年後、10年後に差がつくといわれています。アンチエイジングの一貫としても、ヘッドスパを有効活用してみてください。