メンズにこそヘッドスパが必要な深いワケ

「ヘッドスパは女性のためのもの」というイメージは、広く浸透しているように思います。エステのようなイメージがあるからかもしれません。しかし実は、ヘッドスパは男性にこそ必要なケアなのです。

そもそもヘッドスパとは、頭皮の洗浄やマッサージを意味します。大雑把に言えば「ヘッドスパ=頭皮ケア」とも言えます。では、頭皮にトラブルがあるのが女性だけかというと、もちろんそんなことはありません。むしろ、男性の方が頭皮に悩みを抱える人が多いのです。具体的には、フケ、かゆみ、匂い、ベタつき、薄毛などが挙げられます。

男性の頭皮環境はこんなにも過酷!

ではなぜ、男性の方が頭皮トラブルが多いのでしょうか?それは、女性に比べて男性の頭皮環境が過酷だからです。具体的に見てみましょう。

1.毛根の寿命が短い

毛根の寿命は女性が平均5~6年なのに対し、男性は3~4年と言われます。また、毛根は成長期と休止期を繰り返しますが、男性はそのサイクルが乱れやすく、若いうちから薄毛につながってしまうことも多いのです。

2.皮脂量が多く、毛穴が詰まりやすい

頭皮も肌の一部です。一般的に男性は女性よりも肌の皮脂量が多いため、毛穴に脂が詰まりやすく、これがベタつきや匂い、かゆみなどの原因になります。

3.血行が悪くなりやすい

多くの女性はブラッシングを毎日行いますが、髪の短い男性は手ぐしでスタイルを整えることが多く、あまりブラシを使いません。頭皮を刺激しないので血行が悪くなりやすく、乾燥によるフケや、皮脂の過剰分泌につながってしまいます。

男性ならではの生活習慣にも原因が

このように、もともとトラブルが起きやすい環境にある男性の頭皮。それに加えて、男性がやりがちな生活習慣が、さらに頭皮環境を悪化させてしまいます。こんなことをしていませんか?

1.ラーメンや揚げ物など、脂質の多い食べ物をよく食べる

頭皮が脂っぽくなる一番の原因は、脂質の摂りすぎにあります。

2.飲んで帰って、シャワーを浴びずに寝てしまう

頭皮に溜まった皮脂が酸化して、毛穴に詰まってしまいます。毛穴のつまりは炎症の原因にもなり、地肌に吹き出物ができることも。

3.仕事や人間関係など、ストレスが多い

ストレスは肌の大敵と言われますが、頭皮にとっても同じです。頭皮ももちろん皮膚ですので、お肌同様日常のケアをしてあげなくてはいけません。

「サロンは敷居が高い」という人は、自宅でケア

最近では、男性向けのヘッドスパメニューを用意しているサロンも多くあります。プロによる施術は、頭皮環境を整えてくれるのはもちろん、リラックス効果も抜群でおすすめです。しかし、サロンに足を運ぶのは抵抗があったり、時間がないという方も多いと思います。そんな時は、自宅でヘッドスパを行いましょう。ポイントは以下の5つです。

1.指の腹で優しく洗う

頭皮への適度な刺激が、皮脂量を正常に保ちます。ゴシゴシこすると乾燥の原因になるので、指の腹でマッサージするように洗います。ヘッドスパ用シャンプーを使うのも効果的です。

2.頭頂部を重点的に洗う

頭頂部が最も皮脂量が多いので、念入りに洗います。この時も強く洗う必要はありません。丁寧に小刻みに洗いましょう

3.すすぎ残しに注意する

シャンプーやコンディショナーのすすぎ残しは、雑菌の繁殖につながるので、丁寧にすすぎます。すすぎ残しが多いのは耳の周辺です。

4.ドライヤーでしっかり乾かす

自然乾燥は雑菌の繁殖につながり、匂いの原因となります。

5.ブラシでツボ押しする

ブラシを頭皮に対して垂直に当てることで、ツボ押しマッサージの効果があります。ブラシの先が球体になっているものがおすすめです。

少しの心がけで頭皮環境は大きく改善します。「ヘッドスパなんて関係ない」と言わずに、今日からケアしてみてください。