頭皮の臭い消しに!自分で作れるナチュラルスプレー

朝の出勤前にシャンプーやスプレーをしても、午後には頭皮から嫌なにおいがしているかもしれない……そんなことが気になり始めると仕事も手につかなくなります。そこで活用していただきたいのが、いつでもどこでも取り出して使える消臭スプレーです。その作り方をご紹介しましょう。

材料はミネラルウォーターを使用しましょう

頭皮のにおいは皮脂が酸化しているのが原因であり、消臭スプレーを使ったところで簡単に消えるものではありません。

ただ、ここでご説明するミネラルウォーターをもとにしたナチュラルスプレーには一定の効果があります。においの分子には極性がありますが、ミネラルウォーターの逆の極性によってそのにおいを中和させることができることが知られています。

より高い作用を期待するなら、ミネラルウォーターの中でも硬度の高いものを選びましょう。

ミネラルスプレーの作り方をご紹介!

硬度の高いもの、いわゆる硬水を購入したら、まずは冷蔵庫で数日保管します。その理由はミネラルウォーターの中に含まれているミネラルをボトルの底部分に沈殿させるためです。この沈殿しているミネラルこそが、頭皮のにおい分子を中和する作用を持っているのです。

ミネラルをしっかりと沈殿するためには、ボトルを横にせずに立てたまま保存します。下に白いものが沈殿しているのが見えたら、そっとそれを取り出し、上のミネラルが含まれていない水を処分します。

これを100円ショップなどで売っている携帯用のスプレーボトルに入れれば、ミネラルスプレーのでき上がりです。

ミョウバンを入れれば効果が倍増

ミョウバンの名前はなんとなく聞いたことがあっても、実際のところ、どんなものかイメージがわきにくいかもしれません。

ミョウバンはカリウム、アンモニウム、アルミニウムなどの金属が結晶化したもので、古代より制汗剤や消臭剤に使われてきました。現在は食品添加物としてスーパーにも売っています。

ミョウバンは焼きミョウバンと生ミョウバンがありますが、どちらでも大丈夫です。それを水に溶かし、一日ほど置いておけば完成します。割合は水150:ミョウバン1が目安です。水は水道水でも構いませんが、上記でご紹介したミネラルが含まれている水であれば効果は倍増します。

にがりを入れるのも消臭効果アップ

にがりにもにおい分子を中和させ、消臭する作用を持つマグネシウムなどが含まれています。水100ccに対してにがりを最大で50ccくらい溶かして、やはりスプレーボトルに入れておけば、いつでもどこでも使用できます。

頭皮のにおいはちょっとした工夫で解決することができます。まったくにおいをなくすことは難しいとしても、上記にご紹介したスプレーを自分で作って試してみるのはよいでしょう。