意外とにおってるかも?頭皮のにおい、原因と対処法

自分ではなかなか気付きにくい頭皮のニオイ。毎日シャンプーしていても実はにおっていることがあります。今回は、頭皮のにおいの原因とその対処方法についてご紹介します。

えっ?雑菌が繁殖している?

毎日シャンプーしていても、頭皮のにおいが気になる人は多いのではないでしょうか?頭皮のにおいの原因は、ずばり雑菌の繁殖です。頭皮の環境バランスが崩れると、雑菌が繁殖しやすくなり、においを招いてしまいます。

頭皮は身体の中でもっとも皮脂腺が多い場所。毎日シャンプーをしても髪の毛だけ洗って頭皮を十分洗わないでいると、皮脂が残り、頭皮のにおいに繋がります。また、皮脂だけでなく、汗やフケ、スタイリング剤の残りなどが酸化してこびりつき、毛穴を詰まらせることもにおいの原因になります。

さらに、睡眠不足や過度のストレス、偏った食生活も皮脂量の過剰分泌や体臭をまねく要因になるため、生活習慣や食生活の見直しも大切です。

シャンプー前後のケアも注目

シャンプー前にブラッシングをして、髪のもつれをほどくだけでなく、頭皮や髪についた皮脂や汚れ、フケを浮かび上がらせましょう。ブラシは、目の詰まっていない豚や猪といった天然毛製や清潔さを保ちやすいナイロン製がおすすめです。

また、シャンプーをして頭皮の皮脂を洗い流しても、面倒だからと、髪を乾かさないで長時間放置すると雑菌の繁殖を招きます。シャンプーした後は、ドライヤーを使ってしっかり地肌を乾かすことが大切です。

シャンプー剤を変えてみよう

頭皮を清潔に保つ基本はシャンプーです。使うシャンプー剤は、毛穴に詰まった皮脂を取り除くことが目的で作られたスカルプ系の製品がおすすめですが、洗浄力が高く刺激が強いこともあるため使用量や洗い残しに注意しましょう。

洗浄効果が適度にあり、頭皮や髪にやさしいシャンプー剤が好ましいのであれば、アミノ酸系シャンプーもおすすめです。肌と同じ弱酸性のため、刺激が少なく、保湿性も高いため髪の毛がぱさつきません。

また、コンディショナーやトリートメントは頭皮に付けず、毛先だけに使用して髪や頭皮に残らないよう、しっかりすすぐのがにおいを防ぐポイントです。

毛髪ににおいを移さない

頭皮の環境の改善も大切ですが、毛髪のケアも忘れずに。ブラッシングのしすぎや、パーマやヘアカラーの多用は毛髪のキューティクルを傷つけ、タバコや煙といった外部からのにおいを吸着しやすくしてしまいます。

定期的にトリートメントやヘアケア剤などでキューティクルの損傷を防ぎ、においを引き寄せないようにしましょう。

髪のにおいは生活習慣やシャンプーテクで改善することができます。今日から実践できることばかりなので、さっそく実践してみてはいかがでしょうか?