乾燥肌ののフケ対策!オススメシャンプー3選

乾燥性のフケは、ストレスや偏った食生活、睡眠不足など生活習慣の乱れのほか、合わないシャンプーを使うことが大きな原因となっています。では、フケ対策に役立つシャンプーとはどんなものなのでしょう。

乾燥によるフケ対策はシャンプーの見直しから

スーパーなどで安価に市販されているシャンプーの多くには、石油系界面活性剤が使われています。

これらのシャンプーは泡立ちがよく洗浄力が高いものの、洗う力が強すぎて落としたい汚れだけでなく、必要な皮脂や水分、髪の栄養となるタンパク質までをも洗い流してしまいます。結果、頭皮が乾燥しフケの原因となってしまうのです。

頭皮と髪をやさしく洗えるシャンプーを選ぶことが、フケが出ているときのポイントです。また、フケ用のシャンプーも売られています。

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸系シャンプーは、洗浄成分にアミノ酸を使用しているシャンプーです。髪を構成する成分はタンパク質からできています。アミノ酸はタンパク質を構成する成分ですので、アミノ酸系シャンプーは髪と頭皮に近い成分で洗うことができます。

使用時の注意点としては、一般的な石油系シャンプーに比べ泡立ちが弱いため、シャンプー前の予洗いでしっかり汚れを落としておくこと、手のひらで泡立ててから使うことがあります。髪と頭皮に与えるダメージが少ないため、フケのもととなる乾燥や炎症を起こしにくい特徴があります。

選ぶならノンシリコンシャンプー

シリコンは洗浄成分による髪のきしみを軽減し、指どおりをよくする成分です。髪に付着してコーティングするため、上手く洗い流せずに頭皮や毛穴に残ってしまうとトラブルの原因にもなります。

フケが出ている人は、もともと頭皮にトラブルが起きているため、できるだけシリコン入りのシャンプーは避けた方がいいでしょう。トリートメントやコンディショナーにもノンシリコンタイプのものがあります。

ノンシリコンシャンプーであっても、シャンプーが残らないようしっかりすすぐことが必要です。

フケ用のシャンプーとは?

フケが出る人に多い原因に、頭皮で真菌(カビの一種)が以上に繁殖したためにおこるものがあります。この菌はもともと皮膚に存在している菌ですが、皮脂が多すぎたり、不衛生な状態で放置したり、頭皮を湿ったままにしておくと、異常繁殖して頭皮の環境を悪化させます。

フケ用シャンプーとは、この真菌の繁殖を抑える成分を配合したシャンプーです。ただし、真菌が原因となっているかは自分で判断がつかないため、まずは受診することが早く治す近道です。

フケの原因はいくつもあります。それぞれにあわせたシャンプーを使いましょう。とにかく頭皮に負担をかけずやさしく洗うことが大切。フケ改善にシャンプー選びを見直してみてください。