乾燥肌のフケ、あなたは大丈夫?

カサカサしたフケやかゆみが出る乾性フケは、空気の乾燥など外部環境の影響によるものと、乾燥肌など地肌が抱えるトラブルによるもの、そしてその複合タイプがあります。頭皮の乾燥の原因を理解して症状に合った対策をしましょう。

1年中欠かせない乾燥肌のフケ対策

外気だけでなく、暖房などで室内の空気まで乾燥する冬は、特に地肌が乾燥しやすくなります。頭皮の新陳代謝(ターンオーバー)が早まり、荒れ気味となってカサカサしたフケができる「乾性フケ」の症状が強まる人が増加します。

一方、紫外線のダメージを受けやすく、汗や皮脂分泌が盛んになり、ムレやにおいも気になるためにシャワーやシャンプーの回数が増える夏も、頭皮の皮脂が減って乾性フケの症状が出やすくなる時期です。プールの水に含まれる塩素による頭皮トラブルも起こりがちです。

さらに、季節の変わり目には体調を崩したり、ストレスを感じで肌が敏感になる人も多く、1年を通じて乾燥肌のフケ対策とセルフケアが必要になっています。

乾燥地肌が悲鳴をあげている「乾性フケ」

乾性フケの要因として、本来健康な地肌を保つために必要な皮脂が取り去られることによる頭皮の環境バランスの乱れがあげられます。

髪や地肌を頻繁に洗うと、一時的にはその時気になる皮脂やフケを洗い流せますが、かえって地肌に必要なうるおいや皮脂を取り除き過ぎて、乾燥による地肌トラブルを引き起こします。

そのため、洗い過ぎは禁物。乾燥した頭皮は、新陳代謝のリズムが早まることで未熟な細胞がはがれ落ちやすくなり、カサカサしたフケが目立つようになります。地肌も荒れ、ヒリヒリするかゆみや赤みが起こることもあります。

特に頭皮だけでなく、もともと顔や体も乾燥しやすい敏感肌の人は、シャンプー選びと洗髪方法に注意が必要です。

乾性フケを改善するシャンプー選びのポイント

乾性フケは頭皮を乾燥させないことがポイントです。洗髪しても必要な皮脂を残し、頭皮にうるおいを与えるシャンプーを選びましょう。主流の石油系、高級アルコール系をなるべく避け、低刺激で洗い心地がやさしいアミノ酸系や弱酸性の石けんシャンプー、地肌ケアに特化したシャンプーがおすすめです。

天然素材の椿油やオリーブ油、馬油配合のシャンプーも保湿効果が高く、乾燥から地肌を守る効果があります。

また、もともとアトピーやアレルギーなどの症状がある人は、 皮膚科などの専門医の診察を受けたうえで、頭皮を刺激しない低刺激のシャンプーや薬効成分入りの薬用シャンプー、保湿力のあるヘアトニックなどを紹介してもらうと安心です。

乾燥フケにさよならできる洗髪とお手入れ法

乾性フケがひどい場合は、シャンプーなし、あるいは洗髪そのものの回数を減らして様子をみるのも一案です。必要な皮脂を落とさないよう、ぬるめのシャワーで、3から5分程度かけて優しく頭皮の汚れのみを落としましょう。

熱すぎるお湯は皮脂を取り去り、乾燥させるので要注意です。シャンプーを使ったら、4、5分かけてしっかり洗い流します。さらに、シャンプー後しっかり乾かすのも大切です。ワックスやジェルなどの使用も、フケの症状が落ち着くまで控えましょう。

乾性のフケは、とにかく頭皮をいたわるケアが大切。頭皮の保湿機能が回復すると、フケも自然と減っていきます。