実はシンプルだった!?フケ・かゆみを改善するための方法3選

フケやかゆみにお悩みの方は少なくありません。実は改善方法は意外とシンプルです。3つのポイントに分けてご紹介します。

病院を受診し、適切な薬を処方してもらいましょう

フケやかゆみが生じたら、まずは皮膚科を受診しましょう。フケは頭皮になんらかの問題があって生じるものですから、皮膚科の診療科目となります。炎症や湿疹が原因で出るフケの場合は、皮膚科での治療が有効ですので、専門治療を要するフケなのかどうかをまず診断してもらいます。

また、かゆくて掻いてしまうことが原因で患部の炎症がひどくなっている場合があります。このような場合は掻かないことが重要ですから、ステロイドなどを処方してもらい、きちんと使って短期間に治していきます。

生活習慣もフケの原因に

頭皮は生活習慣からも大きく影響を受けます。偏食傾向があったり、睡眠不足が続いている、喫煙や過度の飲酒が習慣になっているといったことが頭皮に悪影響を与えてしまいます。たとえば、睡眠不足になるとホルモンバランスが崩れるので皮脂が過剰に分泌されてしまいフケの原因に。

頭皮も皮膚ですから新陳代謝が重要で、これには質のよい睡眠が欠かせません。特に夜の10時から午前2時のいわゆるゴールデンタイムに眠ることが大事です。健康な頭皮は健康な生活から生まれます。

洗髪方法にもひと工夫が必要

フケの原因として、シャンプーのしすぎによる乾燥もあげられます。シャンプーは洗浄力の強すぎないものを選びましょう。そして、髪を洗ったらすすぎを念入りにすることが大切です。シャンプーやコンディショナーは頭皮にとっては異物ですから、しっかり洗い流しましょう。

また、しっかり乾かすこともポイントです。髪が濡れたまま寝てしまうのはよくありません。頭皮を清潔に保つことは重要ですが、洗いすぎれば頭皮が乾いたフケとなってどんどんはがれてしまいます。適度な保湿を常に心がけましょう。

こんな病院がおすすめです

自分のフケがどんなタイプのフケなのか、きちんと調べてもらうことで対処方法も明確になります。受診するのは一般皮膚科でよいのですが、治療経験が豊富なところを選ぶとなおよいでしょう。「フケ症 皮膚科」で検索すると専門的にフケを診てくれるクリニックが探せます。

クリニックによってはフケ専門シャンプーを扱っているところもあります。このような市販されていない専門ケア製品が手に入るのも、皮膚科を受診するメリットのひとつです。

フケはきちんとした診断に基づいて対処すれば改善できます。ひとりで悩まず、皮膚科に相談しましょう。