頭皮がかゆくなる原因と予防策

誰でも頭皮のかゆみで悩んだことはあるのではないでしょうか?かゆみの原因を探り、対処方法を実践することでかゆみを解消または軽減することできます。今回は、頭皮のかゆみの原因と予防策をご紹介します。

つらい頭皮のかゆみ、その原因とは?

頭皮がかゆいとき、考えられる原因は複数あります。

1. 頭皮に皮脂や汚れがたまっている

頭皮は皮脂腺がもっとも多い部分。過剰に分泌された皮脂や汗が原因でかゆくなることがあります。

2. シャンプー剤が合っていない

洗浄効果の高いシャンプー剤の多用は、頭皮の乾燥をまねきフケが発生しやすくなります。

3. シャンプーのしすぎ

朝晩2回シャンプーや、一度のシャンプーでシャンプー剤を2回以上使用すると頭皮が傷つきやすくなり、乾燥やかゆみの原因になることがあります。

4. ストレス

過度のストレスは皮脂の過剰分泌や汗を大量にかく原因に。

5. ヘアケア製品による刺激

ヘアケア製品やスタイリング剤は頭皮に残りやすく、かゆみの原因になることも。

基本は清潔さをキープすること

頭皮は身体の中でもっとも皮脂腺量が多い場所。その密度はTゾーンの3倍ともいわれており、日々のシャンプーで清潔さを保つのがかゆみを抑える基本です。

シャンプーは、朝シャンよりも、その日の最後に皮脂と汚れをすっきり落としたほうが、就寝中のかゆみの元となる雑菌の繁殖を抑えられます。

なお、面倒くさいからと、濡れた髪のまま寝てしまうと臭いやかゆみの原因になることがあります。シャンプーのあとは、地肌をドライヤーでしっかり乾かして清潔さをキープしましょう。

シャンプー剤とシャンプー方法を変えてみよう

かゆみが気になるときは今使っているシャンプー剤を見直してみましょう。洗浄成分が強すぎるシャンプー剤は、洗い上がり直後はすっきりしますが余分な皮脂まで取り除き、乾燥をさらに招いてしまうことがあります。

適度な洗浄効果のあるアミノ酸系の低刺激製品や、真菌の繁殖をおさえるタイプなど、自身の髪質やかゆみの状態に合わせて使用するといいでしょう。

また、シャンプーは髪の洗浄よりも頭皮の洗浄を心がけます。かゆみのある場所はついゴシゴシ洗いがちですが、指の腹を使ってやさしくマッサージするように洗って、頭皮を傷つけないようにするのがポイントです。

すすぎ残しのないようにします

シャンプーで忘れてならないのが、シャンプー剤やトリートメント剤を頭皮や髪に残さないことです。特に手が届きにくい耳の後ろや後頭部は意識して洗い流すようにしましょう。

また、ヘアスタイリング剤やワックスといった整髪料が残っていると皮膚の炎症を起こしかねません。整髪料はできるだけ毛髪だけに使用し、シャンプーの際は優しく揉み洗いをしてしっかりお湯で流すと跡に残りません。

頭皮がかゆいからと過度のブラッシングやシャンプーは地肌や髪を傷めるだけでなく、乾燥を招いてかゆみが増長させることもあります。かゆみの原因となる生活習慣を見直し、シャンプー剤やヘアケア製品を替えて、かゆみトラブルを回避しましょう。