気になる頭皮のフケを防ぐシャンプーの選び方

頭皮のフケが気になるときに、真っ先に見直したいのが毎日使っているシャンプー。女性はつい、香りや泡立ちでシャンプーを選んでしまいがちですが、フケの改善には、シャンプーを見直すことがとても大切です。今回は、気になる頭皮のフケを防ぐシャンプーの選び方についてご紹介します。

シャンプーは頭皮に合ったものを選ぶことが大切

シャンプーには、さまざまな種類がありますが、洗浄成分によって大きく以下の3種類に分けられます。

1.アミノ酸系シャンプー

アミノ酸系洗浄成分が配合された弱酸性で低刺激のシャンプー。洗浄力がマイルドなので、乾燥肌の人でも安心。

2.石けんシャンプー

カリ石けん素地などの洗浄成分が配合されており、肌に優しいと言われています。洗浄力はしっかりあるものの、髪がアルカリ性に傾きやすいため、クエン酸などが配合された専用のリンスとセットで使うのがおすすめ。

3.高級アルコール系シャンプー

市販のシャンプーで最も多いのが、ラウレス硫酸Naなどの石油系の合成界面活性剤が配合されている高級アルコール系シャンプー。安価で泡立ちも良く、ドラッグストアなどにもよく置いてありますが、洗浄力が強く、刺激もやや強いので、肌の弱い人にはあまり向いていません。

この3種類のほか、医薬部外品製品で有効成分が配合された薬用シャンプーがあります。シャンプーを選ぶときには、自分の肌質や髪のダメージ具合などを見極めて選ぶことが必要です。

頭皮のフケを防ぐためのシャンプー選びのポイント

細かい粉状のフケが出たり、頭皮にかゆみを感じるときには、脱脂力の強いシャンプーを使いすぎて、頭皮の乾燥を引き起こしている可能性があります。頭皮のフケが気になるときには、以下の点に注意して、シャンプーを選ぶようにしましょう。

1.洗浄力がマイルドなシャンプーを

頭皮の乾燥によるフケを防ぐためには、洗浄力がマイルドなシャンプーを選ぶ必要があります。基本的に、ヘアケア製品には全ての配合成分が記載されていますので、シャンプーを選ぶ際には、成分表をしっかりと確認してから購入するようにしましょう。

「水」の次に記載されているのが洗浄成分なので、「ラウロイルメチルアラニンNa」や「ココイルグルタミン酸Na」などのアミノ酸系洗浄成分が配合されているアミノ酸系シャンプーを選ぶと良いでしょう。

2.薬用シャンプーを試してみても

頭皮のフケが気になるときには、有効成分が配合された医薬部外品の薬用シャンプーを選ぶのも手。ただし、有効成分が刺激となる場合もあるので、慎重に使っていきましょう。医薬部外品の場合は、全成分を記載することが法律で義務づけられていないため、肌の弱い人は注意が必要です。

かゆみや炎症を伴うフケには薬用シャンプーを使うのも良いでしょう。例えばジンクピリチオンや二硫化セレンと言った成分は抗菌、抗炎症作用があり、かゆみや炎症を伴うフケ対策には効果があります。それでも治らない場合はシャンプーに含まれる成分にアレルギーがある可能性があるので、敏感肌用や、アトピー向けの添加物をなるだけ含まない低刺激シャンプーを試してみましょう。

シャンプーは実際に使ってみて判断を

フケを防ぐためには、洗浄成分に注意してシャンプーを選ぶことが最も大切ですが、実際に使ってみないと自分の頭皮に合うかどうかは判断できません。初めてのシャンプーを使うときには、小さいボトルで試し、シャンプー後に頭皮が乾燥していないか、オイリーになっていないかなどをしっかりと確認するようにしましょう。

自分の頭皮に合ったシャンプーで、上手にフケを防いでいきたいですね。