意外と気付かない頭皮の日焼けがフケの原因に!その対処法

きちんとヘアケアをしているのにフケに困っている。そんな悩みがある人は頭皮の日焼け対策もしましょう。

フケの予防にも頭皮の日焼け対策を!

顔の紫外線対策をしている方でも髪や頭皮の日焼け対策は十分でない方が多くいます。頭皮は最も紫外線を浴びる場所でもありますので、しっかりUVケアをしましょう。

頭皮も日焼けをすると、乾燥してフケが出やすくなります。薄毛の人は特に頭皮に当たる紫外線量が多くなるので、帽子やUVスプレーを使用して対策するのがオススメです。最近では男性も日傘を使用するようになりましたので、頭皮が日焼けをしない対策がしやすくなりました。

日焼けしてしまった頭皮もアフターケアが必要!?

頭皮の日焼け対策をしていても、100%ダメージを出さないのは難しいです。なかなかフケが改善されないときは、肌と同じくアフターサンのケアも併用しましょう。

日焼けした頭皮にもクールダウンが必要です。シャンプー後で構いませんので、冷水をサッとかけるようにして下さい。

また、日焼けでヒリヒリしている頭皮はシャンプーの摩擦で傷みやすくなります。汚れを落としたくても、ゆっくりと優しく洗うように心がけましょう。

1年中必要な頭皮の日焼け対策を3つのポイントでご紹介

ご紹介した様にフケに悩む人は頭皮の日焼け対策が必要です。ここからは3つのポイントに絞ってケア方法をご紹介しましょう。

1.日焼けした頭皮のシャンプー方法

日差しの強いときは頭皮もヒリヒリするダメージが出ますので、洗浄力が抑えめのシャンプーで洗いましょう。強く擦る必要はないので、じっくり洗うことを心がけます。UVスプレ-を使用したときは、髪を軽く揉み洗いします。

2.日焼けした頭皮をクールダウン

シャンプーをすすいだら仕上げに冷水で頭皮を冷やして下さい。熱を持っていることもあるので、水をかけることでクールダウンできます。日焼けは火傷と同じ状態なので、このプロセスが必要です。冷たいタオルを巻くだけでも効果があります。

3.シャンプー後に頭皮の保湿も欠かせない

肌の日焼けでも同じですが、頭皮でも日焼けによって乾燥します。これがフケの原因にもなっています。育毛剤などを使用して肌の潤いを保つようにしましょう。ドライヤーの熱風が苦手なら冷風で素早く乾かし、自然乾燥にしないのもポイントです。

以上の様に日焼けした頭皮をケアするとフケの改善が出来るのでオススメです。