頭皮のかゆみ、フケには皮膚疾患が隠れているかも…!

ジメジメと蒸し暑い季節になると、皮膚病気が多く発生します。大したことないと思いがちですが、放置すると悪化して肌に跡が残ったり、長期間かゆみに悩まされたりする恐れがあります。

その中でも、特に頭皮に症状が出やすく、慢性化しやすい脂漏性皮膚炎の症状や原因、予防法などをご紹介します。

かゆみやフケの原因となる脂漏性皮膚炎

脂漏性皮膚炎は頭皮や顔など、皮脂の分泌が多い部分に起こりやすい病気です。皮膚が炎症をおこして激しいかゆみをともない、乾燥して細かくはがれ落ちてきます。頭皮に発症するとフケが増え、症状が進むと洗髪後もすぐにフケが出てくることがあります。

アトピー性皮膚炎や尋常性乾癬の症状と似ていますが、脂漏性皮膚炎は脂漏部位の紅斑の境界がはっきりしている点が特徴です。また、左右対称に症状が出ることから他の病気と区別します。

生後3か月までの赤ちゃんと思春期以降の成人、老人に発症することが多く、くりかえす赤らみ・かゆみ・皮膚のカサつきなどの症状が出ます。重症化して初めて病院へ行き、治療が長引くケースも珍しくありません。

カビが原因で慢性化する恐れもあります

脂漏性皮膚炎の原因は、マラセチアというカビの一種と特定されています。マラセチアは皮膚にいる常駐菌の一種であり、皮脂や汗が大量に分泌されると、それらをエサとして大量発生します。

代謝物が肌に炎症を引き起こす原因となるため、根本となるカビを退治しないと何度でも症状が再発して慢性化してしまいます。

脂漏性皮膚炎は男性に多い病気ですが、ホルモンバランスの乱れによって女性でも発症する場合があります。特にストレスやビタミンB不足、シャンプーのすすぎ不足、洗い過ぎなどの条件に当てはまる人は発症リスクが高くなります。

抗真菌薬でカビの原因菌を撃退しましょう

脂漏性皮膚炎の治療には抗真菌薬が使われており、これにはマラセチアの繁殖を抑える効果があります。また、皮膚の炎症を抑えるためにステロイド薬も処方され、かゆみが強い場合は抗ヒスタミン剤やビタミン剤を内服します。

頭皮に発症した場合は、抗真菌剤を配合したシャンプーを週に数回使用するとよいでしょう。抗真菌剤を配合したシャンプーは、医薬部外品扱いでドラッグストアで購入することができます。

抗真菌薬を使用すると2週間程度で症状が回復しますが、数か月後に再発する恐れがあります。少なくとも2か月は治療を続け、自己判断で中断しないようにしましょう。

バランスのよい食事と清潔で予防しましょう

脂漏性皮膚炎は脂っこい食品、唐辛子やワサビなどの刺激性の食品を好む人ほど発症率が高まります。ビタミンB2・B6不足の人も発症率が高くなるため、バランスのよい食生活を心がけることが大切です。

低刺激のシャンプーを使用し、指の腹で優しく撫でるように洗う予防法も効果的です。特に寝る前の洗髪は必ず行い、ワックスやジェルなどの整髪料はキレイに洗い流しましょう。食事と睡眠で皮膚の代謝を高め、付着した汚れはその日のうちに落とし切ることが予防のポイントです。

アトピー性皮膚炎や尋常性乾癬は体質が大きく影響しますが、脂漏性皮膚炎は適切な治療をすれば完治するとされています。たかがかゆみと侮らず、症状と向き合いましょう。