種類多すぎ!頭皮トラブルを防ぐシャンプーの選び方って?

シャンプーには、洗浄成分としてさまざまな界面活性剤が含まれています。原料によって特性はそれぞれ異なるため、どのようなトラブルが生じる可能性があるのかを知っておくことが大切です。ここでは、代表的な3種類のシャンプーについて、頭皮トラブルとの関係をご紹介します。

覚えておきたい!シャンプーの3つの種類

市販されているシャンプーには、大きく分けて「高級アルコール系・石けん系・アミノ酸系」の3種類があります。3種類のうち、もっとも広く普及しているのは高級アルコール系です。泡立ちや洗浄力、洗い心地のバランスはよいですが、その反面で頭皮や髪への刺激が強い傾向にあります。

石けん系については洗浄力が高い点、アミノ酸系については刺激の低さが特徴としてあげられます。これらの3種類のシャンプーには、それぞれ起こりやすいトラブルの傾向があります。

肌の弱い人は避けたい「高級アルコール系」シャンプー

原料の高級アルコールは、天然の脂肪や油脂、または石油から合成された、炭素数の高いアルコールです。炭素数が高いことから泡立ちがよく、指通りや使い心地がよいといった特徴を持っています。

高級アルコール系シャンプーの主成分となっているのは、「ラウレス硫酸Na」です。ヤシ油などに含まれるラウリン酸を原料にした界面活性剤であり、水に溶けやすく洗浄力が高い反面、肌への刺激が強い傾向にあります。

洗髪に時間をかけすぎたり、すすぎが不十分であったりすると、頭皮や髪に残留してかゆみやかぶれ、赤み、抜け毛などのトラブルを引き起こすことがあります。肌が弱い人や、抜け毛が気になる場合には避けることが望ましいでしょう。

アルカリ性の特質を理解して使いたい「石けん系」シャンプー

天然の牛脂やヤシ油、パーム油などを原料とした石けん系シャンプーは、肌への刺激が少なく、油汚れを落としやすい特徴を持っています。

しかし、乾燥肌の人などが使用すると、必要な油分や常在菌まで除去してしまうことがあり、フケや皮脂の過剰分泌といったトラブルを引き起こす恐れがあります。

また、石けんカスが残りやすく、雑菌が繁殖してにおいの原因になることがあるため、十分なすすぎが必要になります。洗い上がりは爽快ですが、石けん系のシャンプーは使用を続けると、アルカリ化によって毛髪がパサついてしまうことがあります。

そのため、洗髪後にはリンスで中和させるとよいでしょう。

アレルギーに注意が必要な「アミノ酸系」シャンプー

アミノ酸系シャンプーは全体的に洗浄力が弱いため、場合によっては皮脂残りによる炎症や、においなどのトラブルにつながります。そのため、洗髪時には丁寧に洗うことが大切なポイントになります。

特に注意が必要になるのは、アレルギーによる頭皮トラブルです。天然アミノ酸だけでも約500種類があり、アミノ酸系シャンプーの原料はさまざまです。成分表示で判断することは難しいため、アレルギー体質の人は、美容院などに相談する方法が賢明です。

シャンプーの種類を覚え、それぞれの頭皮トラブルの可能性を知っておくことで、自分に合ったシャンプーを選べるようになります。ぜひ、参考にしてみましょう。