お葬式での子供の年齢別服装マナー

故人を偲ぶための場であるお葬式に子供を連れて行く際、気を付けたいのが服装マナー。小さなお子さんの場合は、喪服なども一般的ではありませんし、制服がない場合には何を着せたら良いのか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

今回は故人やご遺族に失礼とならない服装や気を付けるべきマナーについて、子供の年齢別に紹介します。

乳幼児

原則的に、親族など近しい関係でない場合、乳幼児の参列は遠慮するのがマナーです。参列する際には、泣き出してしまった場合などにすぐ席を立てるよう、席にも気を付けるようにしましょう。

乳幼児の服装で黒を探すのは難しいものなので、白やグレーなどのモノトーンか、どうしても手に入らなければ水色やオーガニックコットン系のベージュなど、目立たない自然な色合いを心掛けます。赤や黄色など、派手な色が入った服装はスタイも含めて避けるようにしましょう。

白のおくるみで覆ってしまうのもひとつの手ではありますが、やはりスタイや中に着せる服も柄物や派手な色合いのものは避けたほうが無難です。

未就学児童~小学生

幼稚園や小学校などの制服がある場合は、制服を着用させます。制服がない場合は、男の子の場合は白のシャツに黒・紺・グレーのブレザーとズボンを合わせ、白無地または黒無地の靴下を履かせます。

服や靴下はワンポイント程度なら入っていても構いませんが、柄物は避けるようにしましょう。

女の子の場合は白のシャツまたは、ブラウスに黒・紺・グレーのブレザーとスカート、またはワンピースを着せて、白無地または黒無地の靴下を履かせます。冬場の参列であれば、黒無地のタイツなどでも構いません。

男女ともに、裸足は夏場であってもNGです。靴は黒のものを。スニーカーでも構いませんが、派手な差し色の入ったものは避けるようにしましょう。どうしても黒い靴がなければ白や紺のスニーカーでも可。この場合も、派手な差し色の入ったものは避けるようにします。

サンダルやミュールなどのかかとのない靴やブーツは黒無地だったとしても履かせてはいけません。また、音のなる靴などはふさわしくないので避けるようにします。

あくまでも正式な服装ではありませんが、小さな子供の場合、夏の暑い時期に関しては無地の白、黒などのポロシャツに黒、グレーの無地のズボンまたはスカートでも良いとされています。

ただし、極力肌の露出は控え、裸足ではなく靴下は必ず履かせるようにしましょう。デニムやパーカー、Tシャツなど、あまりにもカジュアルな服装はNGです。

中学生・高校生

制服がある場合は、制服を着用させます。制服の場合は、赤など派手な色が入っていても失礼にはあたりません。ただし、学校指定のジャージなどはNGです。制服がない場合は未就学児童~小学生と同様です。

成長がある程度落ち着いている年齢であれば、大人と同様ブラックフォーマルなどを日頃から準備しておくと良いかもしれません。腕時計やアクセサリなどは外させましょう。また、髪を染めている場合には洗って落とせる洗髪剤などでも構わないので、黒に染め直します。

髪型については大人と同様、男の子の場合は目や耳にかからないようにカットして、ワックスや大量のスプレーを使った髪型は避けてシンプルに、女の子の場合は黒のピンやゴムなどでお辞儀やご焼香の邪魔にならないようにまとめます。

冬場のお葬式の際は、大人と同様、ファーや毛皮、革などのコートや防寒具は避けるようにし、会場の入口で脱がせるようにしましょう。