髪の毛を明るくしたい!でもブリーチは嫌!わがままな願いはこう答える

就職活動の時や学校の試験の時などに、黒髪に染め直すという人も多いはずです。しかしながら、就職活動が終われば再び明るい色にしたくなる人もいるのではないでしょうか。就職したら黒髪でなければいけない、という人ならなおさらですよね。

しかし黒髪に染めた髪の毛を明るくするためには、ブリーチをしなければいけないのでは?と不安に思うケースもあるのではないでしょうか。髪の毛を傷めるブリーチ、これをしないで髪の毛の色を明るくするにはどうしたら良いのでしょうか?そしてそれは可能なのでしょうか?

今回のお悩み「ブリーチせずに髪の毛の色を明るくしたい!」

就職活動のために昨年の11月~今年の4月までで、3回は黒染めをしました。就職活動も終わり、今年の8月に最近よく行く美容院で髪を明るくしようとしたら、担当の方にブリーチを2回はしないと明るくできないと言われました。

金髪やキレイな色に染め上げるのではなく、茶髪にしたいです。ほのかにでもいいので!ブリーチをしないで、上手く染める方法はないでしょうか?(21歳 女性)

多くの美容師が勧める「脱染剤」

「ブリーチではなく、脱染剤で黒染の染料をとることはできますよ。ブリーチよりは傷まないし、明るくできますよー!美容室でしかできませんが、ホーユーのレセ という商品ですよ。」(東京都 FUSS美容室)

「脱染剤で黒い染料を壊して外す方法があります。ブリーチと似ていますが傷みは少ないと言えます。1回で抜けた色に合わせて根元の新生毛を染めます。一度黒染めをした髪は少しくすんだ色になりますが、アッシュ系が好みの方でしたら悪くはありません。ご卒業までの冒険ですね。」(東京都 ヘアメーク シージャ)

「3回染めている」ということならブリーチを、という声も

「黒染めをすると髪の毛が染まりにくくなってしまいますが、ほんのり茶髪にするだけならハイトーンカラーでできる可能性があります。しかしブラックという色が髪に入りすぎている場合は何度ブリーチをしても全く明るくならないカラー剤もあるので、何で黒染めをしたのかも重要なポイントです。髪の毛を担当している美容師がブリーチ2回という判断なら、相当頑固に黒が入っているという診断をしていると思います。難しい技術ですので慎重に検討されたほうが良いと思います。」(東京都イマジン・アミティ)

「全体的に3度黒染めをされているのでしたら、やはり黒染めをされた部分の髪の毛は、ブリーチをしないと難しいでしょうね。ただ、さらに傷んでしまうと思います。ほのかにでもいいのでしたら、ハイライトを入れてみてはいかがですか。見え方は、大分変わりますよ。」(兵庫 シュリュッセル)

脱染剤って結局何のこと?

脱染剤とブリーチというのは、似ているけれども違うものです。というのも、脱染剤というのは「ヘアカラーなどのように、人工的にカラーリングした色を抜くことのできるもの」であり、ブリーチというのは「髪の毛本来の色素を抜くもの」だからです。

一般的に脱染剤のほうが脱色剤に比べると髪の毛は傷みにくいと言われているものの、もちろんこれも髪の毛には少なからずダメージを与えるものではあります。また3回も黒を入れているなら、やはりブリーチが必要になる可能性が高い、という声も。

「どれだけ明るくしたいか」ということも考えて、慎重に選ぶ必要がありそうですね。

ブリーチなしならアッシュがおすすめ

脱染剤やブリーチは嫌。ほんのり茶色になればOK!という方は、アッシュカラーに挑戦してみるのはいかがでしょうか。黒髪がベースになるためそれほど明るくはなりませんが、黒髪に特有の重さが軽減され、軽やかな印象になります。

アッシュカラーは日本人の黒髪と相性がいいと言われています。日本人の髪に多い赤味や黄味を抑えて、透明感のある髪色に仕上がるのです。ブリーチをした明るい髪の方がアッシュカラーの良さは出るものの、ダークトーンでも十分にキレイな色になります。カラーを2回すると色味が出やすいです。

ただし、黒染めは本来の髪の色素とは異なるため、地毛にアッシュカラーを入れたとき以上に色味が出づらい場合もあります。色素の状態によっては、どうしてもブリーチや脱染剤が必要な場合もありますので、よく検討してみてください。

■このお悩みホットライン
ブリーチせずに髪を明るくしたい