【自然オイルでヘアケア】アボカドオイルがヘアケアにいいところって!?

アボカドオイルは日本ではまだあまりなじみがありませんが、栄養が豊富で保湿力にすぐれ、アンチエイジング効果も期待できるオイルです。美しい髪のために、ぜひヘアケアにも取り入れてみましょう。

アボカドオイルの特徴は?

アボカドオイルは古くから熱帯地方で化粧用として使われてきたオイル。アボカドオイルにはオレイン酸が70%、リノール酸が10%、その他に人の皮脂にも含まれるパルミトオレイン酸やレシチン、ビタミンA、E、B、Dなどが豊富に含まれ、肌だけでなく髪にもおすすめです。

豊富に含まれる美容成分によるアンチエイジング効果や美肌効果が期待でき、保湿力が高く浸透しやすいので肌の緊急時のお手入れにも使えます。酸化しにくいので長期保存も可能。ドロッとしてやや油っぽいオイルなので、他のオイルとブレンドして使うとよいでしょう。

オイルヘアパックで頭皮ケアに

栄養豊富なアボカドオイルを使ったオイルヘアパックは、血行が促進され薄毛や白髪予防にも効果的。まずシャンプー前の乾いた髪と頭皮にアボカドオイルをたっぷりとなじませ、指の腹で地肌をよくマッサージしましょう。

保湿効果の高いオイルでのマッサージはフケの予防にもなります。マッサージすることで毛穴に詰まった汚れもすっきり。地肌を健康に保つことができます。マッサージの後は蒸しタオルで髪を包み、そのまま10~20分置きましょう。その後シャンプーをします。リンスやトリートメントの必要はありません。

ヘアオイルとして使えばしっとりヘアに

しっとりつややかな髪を手に入れたければ、リッチな使用感のアボカドオイルをヘアオイルとして使うとよいでしょう。洗い流さないアウトバストリートメントとして使えます。

シャンプーの後アボカドオイルを少量手のひらに取り、タオルドライした髪の毛先を中心になじませます。かなりしっとり感の強いオイルなので、つけすぎには注意。オイルをつけた後ドライヤーで髪を乾かしましょう。しっとりまとまりやすい髪になるはずです。

髪につやが欲しいときに髪の表面だけ少量のオイルをつけるのもおすすめです。

髪の紫外線対策や抜け毛予防に

アボカドオイルには日焼けを予防する効果もあります。紫外線を浴びた髪はメラニンが分解され、キューティクルがはがれて髪内部のケラチン線維も切れてしまうため、切れ毛が増えてパサパサに。さらに、紫外線により頭皮がダメージを受けると毛根が弱り、抜け毛が増えてしまいます。

アボカドオイルは毛根を強くする働きがあるので抜け毛予防にも効果的。紫外線によるダメージを受けた髪や頭皮におすすめです。

アボカドオイルは重めの使用感で、髪をしっとりさせたいときに向いています。ヘアパックと一緒にフェイシャルケアに使ったり、かかとなど角質が固くなった部分に使ったりするのもおすすめです。