【自然オイルでヘアケア】ゆず油がヘアケアにいいところって!?

「ゆず」は皮に含まれる独特のいい香りと薬効で、昔から生活の中で使用されてきました。ヘアケアにも「ゆず油」が有効なのをご存じでしょうか。美容にいい成分が含まれている「ゆず」を身体の内側にも、外側にも取り入れたいですね。

ゆず油はベタつき感がない軽いオイル!

エアコンによる乾燥や、髪のパサつきが気になって、しっとり系の天然由来オイルを使用したことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。メジャーなオリーブオイルや椿油を使ってみたけど、天然由来の独特のにおいやベタつきが気になった方もおられると思います。

そんな方におすすめしたい「ゆず油」は香りがよく、ベタつき感をあまり感じない軽いオイルです。気持ちよく使える天然由来オイルなので、毎日のヘアケアも続けられますね。美しく健康な艶髪を維持するためには、頭皮のケアも大切です。

ヘアケアの度にゆずの香りに包まれるのをイメージしてみてください!爽快感がありながらさまざまなヘアケアに使用できるのが、ゆず油です。

血行がよくなる!ゆず油で頭皮マッサージ

ゆずは果実なので、果皮油と、種子油があります。ゆずの果皮油には、毛細血管を強化する作用が期待できる「ヘスペリジン」(ビタミンP)が含まれています。ヘスペリジンは血液の循環を促す効果が期待できます。血行がよくなり、頭皮を育毛が可能な環境に整えてくれます。

ゆずの種子油は、約6割はオレイン酸とリノール酸で構成されています。これらは美容オイルとして、アロママッサージなどで欠かせないキャリアオイルとして使われています。

頭皮のマッサージには、まず髪を湿らせて蒸しタオルで頭を包み、毛穴が広がるように温めます。スプーン2~3杯のゆず油を少しずつ頭皮に塗りこみながら、ゆっくり頭皮全体をマッサージしましょう。

リノール酸とオレイン酸が効く!ゆず油のオイルパック

頭皮の乾燥に悩んでいる方におすすめなのが、ゆず油の頭皮マッサージです。ゆず油を使用して夜に頭皮マッサージをすると、翌朝気持ちよい潤いが感じられます。ゆず油には頭皮環境を整えるのに有効なオレイン酸とリノール酸が含まれているからです。

オレイン酸は肌や髪になじみやすく、育毛が期待できる成分で、皮脂中にもっとも多く含まれています。リノール酸は不飽和脂肪酸で、潤い効果と共に抗炎症作用があります。地肌が乾燥する方は、ゆず油でオイルパックをしてみましょう。

5分ほど頭皮マッサージをした後に、再び蒸しタオルで頭を包み10~15分ほど温めて、洗い流します。ゆず油の効果があるので、リンスなしシャンプーのみでOKです。

ゆず油で頭皮と髪の毛を両方ケア!

ヘアケア用のゆず油は、化粧品メーカーのウテナから発売されています。国産のゆず油と植物が原料で、無添加のヘアオイルになっています。頭皮マッサージはもちろん、手に取って髪の毛に馴染ませることもできますよ。ゆず油1本で頭皮マッサージも髪の保湿の両方が可能です。

無着色、無鉱物油、ノンシリコンで、パラペンも使用していません。美しい髪には頭皮のケアが欠かせませんが、忙しい朝には髪を整えるオイルミストを活用しましょう。髪に艶もプラスしてくれるウテナ「ゆず油無添加オイルミスト」の使用が効果的です。

ゆず油にゆずの果実水とセラミドを配合しているので、髪全体にスプレーして馴染ませると、髪の表面をコートしてくれます。

使い方いろいろ、ゆず油がおすすめ(まとめを含みます)

ベタつき感がない軽いゆず油は、使いやすい天然由来のオイルとして注目されています。半乾きの髪の毛をスタイリングするときには、1、2滴を手のひらに伸ばして髪全体に馴染ませた後に、ドライヤーで髪を乾かします。

スタイリング、頭皮マッサージやオイルパックなど、その時々の髪や地肌の状態にあわせて使用できる「ゆず油」。爽やかな強すぎない香りも、ゆず油が使いやすい理由です。使ったことがない方は、ゆず油を試してみてくださいね。