【自然オイルでヘアケア】セサミオイルがヘアケアにいいところって?!

日常のヘルシーな食生活に欠かせない、セサミオイル(ごま油)。セサミオイルの主成分は、オレイン酸とリノレン酸という不飽和脂肪酸です。食事に利用するだけでなく、セサミオイルはヘアケアにも使えるのをご存じでしょうか?トリートメントや育毛効果についてもご紹介します。

ビタミンEたっぷりのセサミオイルでヘアケアを

セサミオイル(ごま油)はミネラルとビタミンが豊富に含まれており、特にビタミンEは血行と新陳代謝を促す効果が期待できます。またセサミオイルの「ゴマリグナン」(別名セサミン)には、アンチエイジング効果と強い抗酸化作用があります。

これらの成分が地肌を柔らかく整え、抜け毛や薄毛の改善を図ることができます。セサミオイルで頭皮マッサージをすることで、シャンプーだけではなかなか取れない毛穴の汚れや老廃物の排出を促進することができます。

皮脂を取りすぎず適度な潤いを地肌に与えてくれるので、地肌が乾燥する方にもおすすめです。コストパフォーマンスも高いので、セサミオイルは日々のヘアケアに利用可能ですね。

ヘアケアに適したセサミオイルの種類は「白ごま油」

ヘアケアに適したセサミオイルは、においが強くなくサラリとした感触の「白ごま油」です。食品として口に入れられるものなので、安心してヘアケアにも使用できると言えますね。

白ごま油の中でも「太白ごま油」は100%純粋で、食用品としてスーパーやネット通販で手頃な価格で購入することができます。「太白」とは中国で「金星」のことを指し、生絞りのごま油は他よりも優れている、という意味合いで名づけられています。

ごまを煎らずに生絞りしているため、一般的な茶色のごま油と違って、色と香りがないのが特徴です。ケーキをつくるときにバターの代わりに使えるほど万能なので、ヘアケアの使用にもおすすめできます。

手作りセサミオイルシャンプーでヘアケアしよう

自宅で作ることができるセサミオイルシャンプーをご紹介します。アミノ酸系シャンプー「10」、白ごま油を「1」となる割合で混ぜます(白ごま油はスプーン大さじ1で約12mlになります)。

1度試してみたい、という方は今お使いのシャンプーを適量手に取り、白ごま油を垂らして混ぜて使ってみましょう。セサミオイルシャンプーは髪質をしっとりと改善したり育毛効果も期待できます。セサミオイルシャンプーによって髪がコーティングされるので、リンスは不要です。

白ごま油は抗酸化性が高いため酸化の心配がなく、シャンプーと混ぜた後も長期保存は可能です。衛生状態のいい場所で保管し、できるだけ早く使い切るのがおすすめです。

セサミオイルで頭皮と髪をトリートメント

セサミオイルシャンプーに慣れてきたら、セサミオイルで地肌と髪をトリートメントしてみましょう。手にたっぷりの白ごま油を取って地肌と髪に塗り、もむようにマッサージ。頭をタオルで巻いて10分~30分程度置いてから、シャンプーで洗いながします。

時間のない時は、風呂上りの濡れた髪に白ごま油を2,3滴つけて洗い流さずにトリートメントしてみましょう。頭皮をアッサージするように白ごま油を塗ると、地肌を守りフケを抑えたり、皮脂の過剰分泌を防ぐこともできますよ。

髪が濡れた状態でセサミオイルをつけると、水分の蒸発を防いでくれ、髪のまとまりもよくしてくれます。

コスパがよく、地肌にやさしいセサミオイル!

セサミオイルシャンプーに慣れてきたら、セサミオイルで地肌と髪をトリートメントしてみましょう。手にたっぷりの白ごま油を取って地肌と髪に塗り、もむようにマッサージ。頭をタオルで巻いて10分~30分程度置いてから、シャンプーで洗いながします。

時間のない時は、風呂上りの濡れた髪に白ごま油を2,3滴つけて洗い流さずにトリートメントしてみましょう。

頭皮をアッサージするように白ごま油を塗ると、地肌を守りフケを抑えたり、皮脂の過剰分泌を防ぐこともできますよ。髪が濡れた状態でセサミオイルをつけると、水分の蒸発を防ぎ、髪のまとまりもよくしてくれます。ご家庭にある白ごま油を使って、一度チャレンジしてくださいね。